第42回日本血栓止血学会学術集会/臨床研究からのメッセージ

ご挨拶

  • 冨山 佳昭
    第42回日本血栓止血学会学術集会

    会長 冨山 佳昭

    大阪大学医学部附属病院 輸血部 病院教授

第42回日本血栓止血学会学術集会の開催にあたり一言ご挨拶申し上げます。

本学会の学術集会は長年に渡ってわが国での血栓止血学に関する学術発表と最新の情報発信の場として重要な役割を担ってきました。病的血栓のみならず止血異常症など広範囲にわたり血栓止血異常に関して臨床研究者のみならず、多くの基礎研究者も参加し活発でかつ有意義な議論を行うことを最大の特徴にしています。この伝統ある学会を主催させていただくことは非常に光栄なことと存じます。大阪での本学術集会の開催は、第31回の松尾 理先生、第36回の宮田敏行先生が記憶にありますが、大阪大学が主催したのは、古く第4回(昭和56年)の神前五郎先生以来39年ぶりとなります。奇しくも昭和56年は小生が医師になった年であり、また第42回を開催する2020年は56年ぶりの東京オリンピック開催年でもあります。令和に元号が変わり、あらたな時代の胎動を身近に感じております。

近年の医学の成果は目覚ましく、血栓止血学においてもTranslational Researchの成果により多くの分子標的薬が開発されすぐれた臨床成績が得られていますが、まだまだ多くの解決すべき課題が山積しています。この医学の発展には、ヒトを対象とした基礎および臨床研究が必要不可欠です。第42回学術集会では、これまでの学会のプログラムを踏襲しながら、「臨床研究からのメッセージ」をテーマとして会長シンポジウムを企画しました。さらに、今まで以上に一般演題を充実させ本学会の伝統でありますdiscussionをしっかりできるような学会にしたいと考えています。海外からの特別講演者としては、血小板研究の第一人者であるProf. Bernhard NieswandtとProf. Karin Hoffmeisterをお招きします。学会会場は日本血栓止血学会では初めての大阪国際会議場で行います。この地で、血栓止血学会の会員の皆様が集まって、大いに議論し情報交換ができるような楽しい学会にしたいと考えております。

オリンピックイヤーでありかつ令和という新たな時代のいぶきを感じながら、大阪の地を堪能いただければ幸いです。多数の会員の皆様の参加を御願い申し上げます。

CONTENTS MENU