WEB学術集会
オンライン会場

視聴する

領収書は、視聴サイトにログイン後、左上の「My page」よりダウンロ―ドお願いいたします。

 会員の皆様に於きましては新型コロナウイルス感染禍の中,ご苦労の多い日々をお過ごしのことと存じます.
 第62 回日本小児血液・がん学会学術集会は先日ご案内申し上げました通り,皆さまの安全を第一に考え,全てWEB 開催とさせて頂きます.ご要望のありました演題は一部ライブ配信し,その後編集録画のうえ,オンデマンド配信と致します.それ以外の演題は全てオンデマンド配信となります.会期中はいつでも何度でも視聴可能であり,チャット機能を用いた質疑応答も可能となっております.現地開催はなくなりましたが,小児血液・がん医療における最新の知見発表と患者・家族の立場に立った学術集会を目指すことには変わりはありません.従来と発表方法が異なりますので,学術集会ホームページの講演データ作成マニュアルを参照の上,アップロードをお願い致します.
 プログラムは,2 つの特別講演,4 つの海外招聘講演,日韓合同ジョイントセッション,10 のシンポジウム,2 つのワークショップ,甲状腺手術に関するキーノートレクチャー,看護学会との二学会合同シンポジウム,さらには患者家族を交えた三団体合同公開シンポジウム(市民公開講座)を中心に構成され,小児・AYA がん患者・経験者・ご家族支援者プログラムも充実した内容になっております.
 また,共催頂きました多くの企業の皆様には大変ご迷惑をおかけしましたが,今後も引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます.

2020年10月12日
第62回 日本小児血液・がん学会学術集会
    会長  菊田  敦(福島県立医科大学 小児腫瘍内科)
第18回 日本小児がん看護学会学術集会
    会長  古橋 知子(福島県立医科大学 看護学部)
第25回公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウム
    理事長 山下 公輔(公益財団法人 がんの子どもを守る会)

新着情報

2020-11-18
「居住地から離れて治療を受けるという経験をおもちの方およびご家族」からのご意見を募集いたします。是非ご意見をお寄せください。詳しくは、こちらをご覧ください。
2020-11-18
日本小児血液・がん学会の研修単位取得について」ページを公開いたしました。
2020-11-13
WEB学術集会オンライン会場」ページを公開いたしました。
2020-11-13
プログラム」ページを更新いたしました。
2020-11-13
関連会合案内」ページを公開いたしました。
2020-11-11
Program」ページを公開いたしました。
2020-10-22
小児がん看護師個別相談コーナー」ページを公開いたしました。
2020-10-15
座長・演者の方へ」ページを公開いたしました。
2020-10-12
オンライン学術集会の詳細を改めてお知らせいたします。
第62回日本小児血液・がん学会学術集会のお知らせ(第2報)
2020-10-01
参加者へのご案内」、「小児(AYA)がん患者・経験者・ご家族・支援者プログラム」ページを公開いたしました。
2020-09-28
English Site」を公開いたしました。
2020-09-24
三団体合同公開シンポジウム(市民公開講座)」ページを公開いたしました。
2020-09-18
プログラム」ページを公開いたしました。
2020-08-05
オンライン学術集会の開催が決定いたしました。
詳しくは、以下ページをご覧下さい。
第62回日本小児血液・がん学会学術集会のお知らせ(改訂 2020-08-05)
2020-06-18
演題募集を締め切りました。多数のご応募をいただき有難うございました。
2020-06-15
オンライン学術集会の開催に関しても検討を始めました。
演題募集を6月18日(木)正午まで受付けておりますので、この機会に、ご応募をお願い申し上げます。
詳しくは、以下ページをご覧下さい。
第62回日本小児血液・がん学会学術集会のお知らせ(第1報)
2020-06-12
演題募集期間」を延長しました。
6月18日(木)正午 が最終の締切り日です。
皆様のご登録をお待ちしておりますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
2020-05-28
演題募集期間」を延長しました。
6月12日(金)正午 の締切までまだまだ時間がございます。
皆様のご登録をお待ちしておりますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
2020-04-23
演題募集」を開始いたしました。
2020-03-10
演題募集は、2020年4月23日(木)~5月28日(木)正午までを予定しております。
例年より2週間ほど締切が早くなっております。
2019-12-27
ホームページを公開いたしました。
ページのトップへ戻る