第19回日本臨床腫瘍学会学術集会(JSMO2022)

EnglishEN

会長挨拶

大江 裕一郎
第19回日本臨床腫瘍学会学術集会会長
大江 裕一郎
国立がん研究センター中央病院
副院長/呼吸器内科長

第19回日本臨床腫瘍学会学術集会を2022年2月17日(木)、18日(金)、19日(土)の3日間、国立京都国際会館およびザ・プリンス 京都宝ヶ池において開催させていただきます。2021年2月の第18回日本臨床腫瘍学会学術集会は新型コロナウイルス感染の影響で完全web方式での開催となりました。新型コロナウイルス感染が今後どのように推移するかは予測できませんが、第19回日本臨床腫瘍学会学術集会は現地開催とweb参加のハイブリッド形式での開催を目指しています。感染防止には万全の対策を取って開催させていただきます。

日本臨床腫瘍学会は米国のASCO、欧州のESMOと肩を並べるアジアのMedical Oncologyの中核学会となることを目指しています。第17回まで7月に開催していた学術集会を、第18回より2月開催とすることにより世界的規模の臨床試験の初回発表誘致に繋がればと期待しています。今回の学術集会のテーマは、アジアのMedical Oncologyの中核学会を目指したAsian Collaborationとともに若手の育成にも力を入れ、「Inspiring Asian Collaboration and the Next Generation in Oncology」とさせていただきました。アジア圏の演者および若手を積極的に登用したいと考えています。トラベルアワードの充実などにより例年にも増して海外からの一般演題が集まるようにしたいと思います。

海外からの招聘演者については可能なかぎり京都にお越しいただきたいですが、新型コロナウイルス感染状況により来日が難しい場合には、webでの講演をお願いできればと考えています。そのために海外との時差を考慮して朝のセッションは北米とアジア・日本の演者を、夕方のセッションは欧州とアジア・日本の演者を中心にプログラムを組んでいます。学術集会のプログラムは臓器別プログラムに加え臓器・職種横断的なプログラムも多数企画して日本臨床腫瘍学会に相応しい学術集会にしたいと思います。例年通り主なセッションは英語での発表・討論となりますが、メディカルスタッフを中心としたセッションや教育講演は日本語で行います。また、必要に応じで同時通訳も活用する予定です。

Withコロナ時代の新しい開催形式での学術集会になりますが、多くの皆様と2022年2月に京都でお会いすることを楽しみにしています。

Copyright ©
2022 the Japanese Society of Medical Oncology Annual Meeting.
All Rights Reserved.

ページの先頭へ