English >

ジンマーバイオメット
X

会長挨拶

大会長 尾池 雄一

第24回日本抗加齢医学会総会
大会長 尾池 雄一
熊本大学大学院生命科学研究部 分子遺伝学講座 教授
熊本大学 医学部長/大学院生命科学研究部長

我々はこれまで、加齢に伴い身体機能が低下することや、高齢者に多い疾患に罹患することは、ごく当たり前のこととして何の疑いもなく受け入れていました。しかし、近年のテクノロジー、サイエンスの目覚ましい発展により、老化の本体やメカニズムの解明が加速度的に進み、抗うこともできることがわかってきました。特に、生体の加齢性変化は、暦年齢ではなく生物学的年齢に依存し、心身の不調や疾病の発症リスクを高めますので、老若男女の区別なく各個人の加齢性変化を早期に捉え、迅速に対応することの重要性が注目されております。本総会では、個々の加齢性変化の状況に応じ、いつからでも、またどのような状態からでも各々の達成目標に向かう実践型抗加齢医学のイノベーションとして“実学創造 〜老化制御の一新紀元〜”をテーマに、最新のアンチエイジングサイエンス/メディンスンの実践、成果を披露し議論する場としたいと考えております。

2024年は新日本銀行券発行の年です。千円札紙幣の顔となる北里柴三郎博士の生誕の地「熊本」から、博士のモットー『「実学の精神」をもって社会に貢献』に倣い、抗加齢医学の実学を強く意識し、“実学創造 〜老化制御の一新紀元〜”をテーマに、初の地方都市開催の総会にしたいと存じます。
熊本市内の水道水は、阿蘇に降った雨を源流とする地下水で100%賄われており、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ケイ素などバランス良く含む天然のミネラルウォーターです。海、山、湧水、温泉など自然に囲まれ、そのお陰で海の幸、山の幸、果樹・農作物、何れも美味しく頂けます。五感の刺激は、いずれもアンチエイジングにとって重要な要素です。是非とも水の都、森の都、火の国熊本で開催の本総会にご参加頂き、五感を刺激し浩然之気を養い、一人一人に最適な幸せな健康長寿法の社会実装に向けた一歩となる総会をご堪能いただけます様お願い致します。