head_img_slim
HOME> 日程表・プログラム
Top

第32回 日本整形外科超音波学会
開催延期のお知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染により亡くなられた方々、またご遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げますとともに、現在も闘病中の患者様はじめ、ご関係のすべての皆様に心よりお見舞い申し上げます。
世界的な感染拡大が懸念され、まだ先の見えない状況の中、会員の皆様には医療活動ならびに感染拡大の抑制に専念していただくため、2020年6月6日(土)〜7日(日)に開催を予定しておりました第32回日本整形外科超音波学会を1年延期し、2021年7月17日(土)〜18日(日)に開催することとなりました。
参加者の皆様の安全と感染拡大防止を考慮して、学術集会開催直前の苦渋の判断となりましたことを深くお詫び申し上げます。
また、諸事情をご推察の上、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

プログラム

※随時更新いたします。

特別企画

「言葉の定義 エコーガイド下インターベンションの手技」

「ライブパフォーマンス エコーできれいな絵が出せないあなたに手とり足とり教えます」

「技術者が語る超音波機器の最先端」

 

特別講演

「超音波診断法の創始と発展 −和賀井敏夫というヒト−」

金子 和夫(順天堂大学医学部 整形外科学講座)

 

教育研修講演

「Fasciaとエコーガイド下ハイドロリリースの歴史・基礎・臨床(仮)」

小林 只(弘前大学医学部附属病院 総合診療部)


「難治性疼痛を末梢神経エコーで攻める(仮)」

宮武 和馬(横浜市立大学附属病院 整形外科)


「スポーツ障害としての肉離れ診断におけるMRIとUSの役割(仮)」

奥脇 透(国立スポーツ科学センター)

和田 誠(わだ整形外科クリニック)


「韓国と米国における超音波診療(仮)」

Hak Jun Kim(Korea University)

Kentaro Onishi(University of Pittsburgh)


「AIを用いた3Dエコーの開発」

中原 龍一(岡山大学 整形外科学)


「筋肉抽出のコツと臨床症例との接点(仮)」

林 典雄(運動器機能解剖学研究所)


「皮膚テーピング」

福井 勉(文京学院大学 保健医療科学研究科)

 

シンポジウム・パネルディスカッション・主題

「USを用いたアスリートサポート ①メディカルチェック(一部演者指定)

「USを用いたアスリートサポート ②スポーツ現場でのエコーの活用(一部演者指定)

「USを用いたアスリートサポート ③診断・治療への応用(一部演者指定)

「エコーを活用した運動療法ならびに徒手的筋膜リリース」

「神経障害に対するハイドロリリース」

「外来で行えるエコーガイド下注射」

「超音波を用いた関節周囲脂肪組織の評価(一部演者指定)

「足の靱帯の外傷・傷害に対する超音波診断(一部演者指定)

「筋肉・筋膜由来の腰痛・肩こり対する包括的アプローチ」

「超音波を用いた動態解析」

「小児診療への超音波の貢献」

「リウマチ診療におけるUS up to date」