会長挨拶

第62回日本小児血液・がん学会学術集会
会長 菊田 敦
(福島県立医科大学附属病院 小児腫瘍内科)

菊田 敦

 2020年11月20日(金)~22日(日)に第62回日本小児血液・がん学会学術集会を福島の地で開催させて頂きます。

 本学術集会のテーマは「かなえよう みんなの夢、Building Everyone's Dream」です。標準治療が導入され、多くの小児血液、がん患者が治る時代になりましたが、それでも再発し、難治性となる患者や、治癒しても多くの合併症を抱えながら生活していかなければならない患者がいることも事実です。このような患者、家族、治療に携わる医療者の夢や思いが少しでも形にできるよう、国内外の新しい取り組みと成果を発表して頂き、共に議論し、考える機会となり、福島の復興にも繋がることを期待しております。

 特に、ゲノム医療、免疫療法の次の展開、福島に於ける放射線問題、小児・AYA(思春期若年成人)世代のがん患者の長期フォローアップ体制、妊孕性温存、高校生を含む学習支援など医療だけでなく、患者・家族支援に立った学術集会を目指しております。

 皆様の意見交換の場、発表の場として実りある学術集会となるよう鋭意準備しております。11月は秋の紅葉が美しくなり、少し足を延ばせば磐梯山、猪苗代湖、五色沼や会津若松などの観光名所が数多く点在しております。学会の合間には、ぜひ足を延ばして福島の観光もお楽しみ頂ければ幸いです。

 多くの皆様の学術集会参加を心よりお待ちしております。



第18回日本小児がん看護学会学術集会
会長 古橋 知子
(福島県立医科大学 看護学部)

古橋 知子

 このたび、第18回日本小児がん看護学会学術集会を、日本小児血液・がん学会およびがんの子どもを守る会とともに、福島県郡山市の「ビッグパレットふくしま」にて、2020年11月20(金)から22日(日)にかけて開催させていただくことになりました。

 集学的治療の進歩などによって、小児がんの生存率は目覚ましく改善しました。それは、これまでにがんと闘った多くの子どもたちからの「知」の蓄積と活用あってこその成果であります。長期的な視点を持ちながらQuality of Life;QOLへ配慮する必要性が増す今、日々の看護実践を的確に評価し、また内省を通じて自らの学びを促し,すぐさま実践へと活かしていくことが求められます。

 本学術集会のテーマは「受け継ぐ命 紡ぐ明日」といたしました。ケア提供者とケアの受け手とが一堂に会するこの貴重な機会に、率直に意見を交わし、それらを真摯に受け止め、学びとしてわかち合える場となるように、現在プログラムを検討し、準備を進めております。

 福島と言えば、赤べこ。1611年 東北地方を襲った慶長三陸地震が起き、会津の柳津虚空蔵尊圓蔵寺が倒壊した際に、木材を運搬し再建を手伝った赤毛の牛、それが赤べことの言い伝えがあります。また、身体の赤は魔除けの効果、黒い斑点は痘を表し、赤べこの人形を持つ子どもは病気から守られたとの伝説もあります。 奇しくも400年後の2011年に東日本大震災、そして原発事故が起きました。それ以降、福島の子どもたちは「いのち」や「がん」という言葉と向き合い、考えながら、力強く歩を進め、未来を切り拓いています。

 この機会に、多くの皆様にふくしまに来て、ふくしまを知り、感じていただけることを心から願っております。そして、子どもたちが病気から守られるように共に願うたくさんの仲間との出逢い、繋がりが生まれることを期待します。



第25回公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウム
理事長 山下公輔
(公益財団法人 がんの子どもを守る会)

山下公輔

 第25回公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムの開催にあたって

 長年に亘り、「日本小児血液・がん学会学術集会」並びに「日本小児がん看護学会学術集会」と共に開催させていただいております、公益財団法人 がんの子どもを守る会公開シンポジウムも第25回となり、本年は2020年11月22日(日)に福島県郡山市のビッグパレットふくしま(福島県産業交流館)にて開催致します。

 当会は1968年の設立以来、医療界の方々と手を携えて小児がん患児・家族支援をはじめとした諸活動に邁進して参りました。中でも本公開シンポジウムを含めた学術集会の場での催しは、医療界と患児・家族との協働の象徴とも位置づけられるものであり、当会の重要な事業の一つとなっております。

 現時点では詳細は未だ決まっておりませんが、小児がんの患児・家族にとって身近な問題を取り上げるという基本的な方針に則り、本年の公開シンポジウムは、造血細胞移植に係る問題をテーマに取り上げたいと考え、現在鋭意その詳細を検討しております。

 公開シンポジウムの他にも、例年学術集会の期間中に開催しております、絵画展、チャリティーイベントその他の催し物も、両学会のご支援をいただきながら開催させていただきたいと考えております。

 当会が、こうして学会の場で公開シンポジウムはじめとしたプログラムを継続的に開催することができますのも、ひとえに両学会をはじめ多くご支援者の皆さまの長年のご指導・ご鞭撻の賜物と考えております。この場をお借りして御礼を申し上げると共に、公開シンポジウム、他のプログラムへのご参加を心よりお待ちしております。


ページのトップへ戻る