第20回日本抗加齢医学会総会 会長:南野 徹(新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科学)、事務局長:尾﨑 和幸(新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科学)

会長挨拶

  • 第20回日本抗加齢医学会総会
  • 会長南野 徹
  • (新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科学)
会長:南野 徹 写真

この度、第20回日本抗加齢医学会総会会長を拝命いたしました新潟大学循環器内科の南野 徹です。本学会も20年目を迎え、単にアンチエイジングを議論・実践するに留まらず、新たな局面へと向かいつつあります。そこで今回の総会では、本学会が「サイエンスに基づいた抗加齢医学の発展を目指す」ことを「新潟宣言」として宣誓したいと考えています。

その糸口として本総会では、カロリー制限など基礎的エビデンスのある食事療法に関する臨床的エビデンスやサプリ・食品などの有効性に関する科学的エビデンスなどについて、「Healthy Agingのための学会ステートメント(ガイドライン)作成」を目指す企画を計画しています。また、「科学的根拠に基づくアンチエイジング治療開発のロードマップ」について、パネルディスカッションを行うことで、さらなるイノベーションに繋げていきたいと考えています。

また、「Beyond 人生100年時代」に向けてどの様な抗加齢医学の展開が期待されるのか議論できる様な企画も計画しています。特別講演には、細胞老化研究分野で世界的な研究者であるManuel Serrano博士やBack to the Futureでエメット・ブラウン博士(通称ドク)のモデルとなった Michio Kaku博士の招聘を計画しています。今後本学会をさらに国際的な学会とすることを目指すため、国際老年協会(IAGG)の重要メンバーなども招聘する予定です。

会員懇親会(金曜日)では「ミニ酒の陣」を企画しており、新潟県内全ての酒蔵のお酒が堪能できる様に準備いたします。会長特別企画(土曜日)では、旧市街地である「古町」の8番町から9番町の飲食店(〜100店舗)を貸し切りますので、心ゆくまで新潟の食とお酒をお楽しみください。

写真は30年ほど前の私のものですが、この辺りまでは若返りができないかと、現在、老化細胞除去治療(Senolysis)の研究も行なっておりますので、本総会においてその成果についてもご紹介したいと思います。

是非、新潟での総会へのご参加をお待ちしております!