第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会

公募シンポジウム

合同年会開催にあたり、両学会員の皆様からシンポジウムを公募いたします。

今回の学会開催の趣旨に添った方向だけでなく、幅広い視点からの魅力的なご提案をいただけますと幸いです。


  • セッション時間は120分を予定しております。
  • 本合同年会は2018年9月6日(木)~8日(土)に神戸国際会議場にて開催いたしますが、同月7日(金)~9日(日)に神戸商工会議所を中心に「WFSBP 2018 KOBE(アジア太平洋地域生物学的精神医学会国際会議)」が開催されます。それに伴い、WFSBPと連携したセッションについても歓迎いたします。
  • 公募はお一人1企画までとさせていただきます。
  • 募集締切後、プログラム委員会にて採否を検討いたします。複数案を結合するなど、ご提案内容が必ずしも全採用とならない可能性もございますのでご了承ください。
  • シンポジストについて、日本生物学的精神医学会、日本神経化学会のいずれにも所属していない非会員や海外演者を選定いただくことも可能ですが、いずれかの学会員も必ず含めるようにしてください。
  • 非会員の学会参加費は無料の予定ですが、謝金・旅費・懇親会費等の提供は無い予定ですので、予めご了承ください。
  • 座長、シンポジストについては本申込時点で内諾をいただいていることが望ましいですが、希望内容全てが採択されない場合もございますのでご承知おき願います。

募集期間

2017年10月25日(水)~11月30日(木)

募集を締め切りました。多数のご応募をいただきありがとうございました。

言語

  • 応募フォームにて、当日の進行における言語希望を記載ください。海外演者が含まれる場合には、セッションの進行は英語でお願いいたします。
  • セッションテーマ、演題名、座長および演者情報は日英併記、抄録は英語でご登録いただきます。登録方法については、シンポジウム採択後にご連絡いたします。

現在の予定シンポジウム

  • 日本生物学的精神医学会/WFSBPジョイントシンポジウム
  • 日本神経学会/日本神経化学会ジョイントシンポジウム
  • 国際神経化学会(ISN)/日本神経化学会ジョイントシンポジウム
    「Neurochemistry of Neuron-Glia interaction」
  • アジア太平洋神経化学会(APSN)/日本神経化学会ジョイントシンポジウム
    「"Vascular-signpost" in the nervous system guides its development and disease -from basic science to applied science -(仮題)」
  • 日本神経化学会理事会企画シンポジウム
    「オートファジー 分子から神経疾患治療まで」
  • 日本神経化学会臨床連携委員会企画シンポジウム
    「パーキンソン病:臨床から研究へのトランスレーショナル」
  • 日本神経化学会優秀賞受賞者企画シンポジウム
/ajax.googl