第32回 日本エイズ学会学術集会
第32回 日本エイズ学会学術集会

「POSITIVE TALK 2018」HIV陽性者スピーカーの募集

第32回日本エイズ学会学術集会・総会では、今を生きるHIV陽性者によるスピーチプログラム「POSITIVE TALK」の開催を予定しています。HIV陽性者としての経験や思いを直接語っていただくことで、学会に参加される方々に新たな気づきを促す場にしたいと考えています。 学会での発表に関心のあるHIV陽性の方は、以下をよくお読みの上、応募フォームよりご応募ください。

POSITIVE TALKの日程・会場(予定)

2018年12月2日(日)14:00~15:30 第5会場

スピーチ内容

学会参加者の前にご登壇いただき、以下のいずれか1つを含む経験談や思いを語っていただきます。発表時間は7~10分です。時間厳守でのスピーチをお願いします。なお、スライドは使用できません。

  • ・HIV検査

  • ・治療(服薬、入院、HIVに関連する疾患など)

  • ・医療従事者に知ってほしいこと

  • ・恋愛やセックス、カミングアウト、結婚や挙児希望・子育て

  • ・こころの健康

  • ・仕事や家庭など日常生活とHIVの関わり

募集人数

5名程度

公募期間

2018年6月1日(金)~8月20日(月)

選考および結果発表

主催者による選考の上、2018年8月末日頃までに、ご応募いただいた方へお知らせ致します。

謝礼等

第32回日本エイズ学会学術集会・総会の参加証(10,000円相当)を提供致します。

プライバシーについて

  • ・ 仮名での発表が可能です。ただし、学会参加証の郵送のために本名および住所をお伺いします。ご提供いただいた個人情報は、本プログラムを実施する目的でのみ使用させていただきます。

  • ・ 本プログラムの参加者は、日本エイズ学会の参加者のみ対象となります。

  • ・ 会場内での録音および写真撮影は禁止とします。ただし、メディアによる取材が入る場合がございます。この場合、スピーチをする方に個別に取材の可否について確認させていただきます。

  • ・ プライバシーの保護について主催側にて上記の配慮を致しますが、プログラムの性質上、これを完全に保障することはできません。発表に伴うご自身の情報開示については、十分にご検討の上、ご応募ください。

本プログラムに関するお問い合わせ先

本プログラムは、特定非営利活動法人日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラスの協力のもと実施しております。お問い合わせは下記までお願い致します。

特定非営利活動法人日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス
担当:高久
TEL:03-5937-4040(不在の場合はメールにてご連絡ください)
E-mail:info@janpplus.jp

応募フォームはこちら