第53回 日本臨床腎移植学会[The 53rd Annual Meeting of Japanese Society for Clinical Renal Transplantation]

公募・一般演題登録

公募・一般演題申込方法

シンポジウム(一部公募)、ワークショップ(一部公募)、パネルディスカッション(一部公募)、一般演題(口演)、一般演題(ポスター)を募集します。

演題の申込はインターネットによる募集のみとします。

下記の演題募集要項をお読みいただき、本ページ下部の演題登録ボタンをクリックして応募画面にお進みください。

公募・一般演題募集期間

シンポジウム公募:演題登録を締め切りました。
多数ご応募いただきありがとうございました。

 一 般 演 題 :演題登録を締め切りました。
多数ご応募いただきありがとうございました。

公募・一般演題採否

発表演題の採否および発表時間は、2019年11月中旬頃に決定し、ご登録いただいたe-mailアドレス宛に送信します。

なお、最終的な発表形態は主催に一任させていだだきます。応募した講演形態と異なる場合がございますが、予めご了承ください。

文字数制限

項目 文字数
演題名 全角30文字
抄録本文 全角600文字
総文字数(著者名・所属・演題名・抄録本文の合計) 全角630文字
登録可能な最大著者数(筆頭著者+共著者) 20名
登録可能な最大所属施設数 10施設

文字数は、項目間にスペースが含まれるものとして計算しております。スペースの計算方法は以下のとおりです。

日本語の場合は、所属機関名や著者の項目間に、それぞれ全角1文字分のスペースがあるものとして計算しております。

例)1.所属機関名:●●大学(全角4文字)
  2.所属機関名:●●大学医学部附属病院(全角11文字) 合計:4+11+1=全角16文字

著者著者1:山田 太郎(全角5文字) ※(姓)(スペース)(名)の形式
  著者2:鈴木 次郎(全角5文字) 合計:5+5+1=全角11文字

尚、最後の項目の後にはスペースはないものとして計算いたします。

募集カテゴリー

シンポジウム(一部公募)

保険収載となった抗HLA抗体検査をどのように診療に生かすか。各施設での実施の現状、結果の評価、対応等をご報告いただき、今後の活用法について討論いただきます。
抗体関連型、T細胞性、ボーダーラインなど様々な拒絶反応に対する治療の現状をご報告いただき、病理診断等に基づく至適な治療戦略について展望いただきます。
マージナルドナーの術前評価と適応、腎予後に関して症例提示を含めた演題発表を通じ、今後の指針を示していただきます。
高齢者、糖尿病、心疾患、尿路奇形、FSGSなど特殊な原疾患、併発症を有するハイリスク症例における腎移植の現状と今後の取り組みについて討論いただきます。ハイリスクのテーマを絞り、ご応募ください。
mTOR阻害薬(エベロリムス)が保険適応となり、8年が経過した。様々な方法で使用され、その使用成績が纏められてきている。各施設での経験と成績をお示しいただき、長期生着を見据えた使用意義について検討いただきます。
鏡視下生体腎ドナー手術が普及し、約20年が経過している。定型化した各施設の手術手技を供覧いただくとともに、今後の展開を討論いただきます。
腎移植後感染症の発症頻度は低下したが感染症は依然、予後を左右する重要な合併症である。細菌感染、ウイルス感染(CMV、BKV、EBV)、真菌感染、ニューモチスシス感染を取り上げ、改めてこれらの現状、治療、予防についてご討論いただきます。1~2の感染症にテーマを定め、ご応募ください。
腎移植後のQOL向上、アドヒアランス向上のためには多職種によるメンタルサポートの役割が大きい。また生体腎ドナーにおいては腎提供前後の精神面、心理面での介入が必須である。本シンポジウムでは腎移植に係わるメンタルサポートの現状と課題を討論いただきます。施設での実践、取り組みについてご発表ください。
フレイル、サルコペニアを予防し、長期の生着とQOL向上を維持するための栄養、運動療法の意義、役割、また具体的なマニュアルについてお示しいただき、ご討論いただきます。

特別企画シンポジウム(一部公募)

近年、在日、来日外国人が増加する日本において、医療通訳は重要な役割を担う。翻訳機の普及も見られるが、英語を母国語としない多言語外国人患者の対応、コミニュケーション能力が求められる。腎移植等の高度な医療においては特に対面通訳の存在は重要であり、今後の医療通訳認定制度や外国人に関わった症例などを提示いただき検討します。

コーディネーター部門 ワークショップ(一部公募)

意思を拾い上げるシステム作りから、症例発生時の多職種との協働、職員啓発、院内コーディネーターの支援など、安全に提供が行える体制構築について論じていただきます。

コーディネーター パネルディスカッション(一部公募)

移植の臨床におけるコーディネーターの「技」の実際をご紹介いただき、実践知の獲得と熟達化について議論します。「コーディネートはこうでないと」を共に考える場にしたいと思います。

一般演題(口演、ポスター)

一般演題(医師部門) 口演
一般演題(医師部門) ポスター
一般演題(看護部門) 口演
一般演題(看護部門) ポスター
一般演題(コーディネーター部門) 口演
一般演題(コーディネーター部門) ポスター
一般演題(移植者生体ドナー他部門) 口演
一般演題(移植者生体ドナー他部門) ポスター
一般演題(その他部門) 口演
一般演題(その他部門) ポスター

シンポジウム/ワークショップ/パネルディスカッションに応募される方は、ご略歴の登録をお願いします。

また、シンポジウム/ワークショップ/パネルディスカッションから一般演題、一般演題からシンポジウム/ワークショップ/パネルディスカッションへ変更していただくことがあります。

一般演題 カテゴリー(必須)

1 原疾患 32 栄養管理
2 急性腎不全 33 貧血
3 慢性腎不全 34 高血圧
4 小児腎不全 35 脳血管・心血管障害
5 小児の透析医療 36 消化器障害
6 腹膜透析 37 妊娠・出産
7 維持血液透析 38 医療経済
8 ブラッドアクセスとシャントトラブル 39 地域医療
9 移植後透析導入 40 心身医療
10 腎代替療法選択 41 移植医療とIT化
11 献腎ドナー 42 組織移植・角膜移植
12 生体腎ドナー 43 HLA検査
13 マージナルドナー 44 de novo DSA
14 レシピエント 45 病理
15 腎保存 46 ドナー看護
16 手術手技 47 レシピエント看護
17 免疫抑制剤 48 看護研究
18 拒絶反応 49 一般啓発・普及啓発
19 ABO不適合 50 臓器提供
20 既存抗体陽性移植 51 他臓器の移植(膵臓以外)
21 膵・腎移植 52 提供家族ケア
22 膵島移植 53 レシピエントコーディネーター
23 プレエンプティブ腎移植 54 ドナーコーディネーター
24 小児腎移植 55 チーム医療・多種職医療
25 高齢者腎移植 56 社会システム
26 再発性腎炎 57 Translational research
27 長期生着症例 58 異種移植
28 内科合併症 59 再生医療
29 外科合併症 60 生命倫理・臨床倫理
30 悪性腫瘍 61 死生観
31 代謝障害 (糖尿病・肥満) 62 その他

日本臨床腎移植学会 メディカルスタッフ研究優秀賞について

臨床腎移植の発展・普及に寄与する、メディカルスタッフを対象とした臨床研究を奨励することを目的として創設されました。

対 象
メディカルスタッフ(看護師、移植コーディネーター、薬剤師、栄養士、検査技師、その他)
応募資格
(筆頭演者)
-日本臨床腎移植学会正会員または施設会員に所属するメディカルスタッフ
-今までに本賞を受賞したことのない方
-所属長、または当該施設の評議員の推薦を受けた者
応募方法
オンラインでの演題登録の際に、「メディカルスタッフ研究優秀賞」に応募するチェックボックスにチェックをつけてお申込みください。
なお、同様の内容で他の助成と重複して応募することはできません。
審 査
選考委員による書類審査と学会でのプレゼンテーションを審査し、総得点の多いものから3~5題を受賞対象として選定します。
表彰および発表
2月20日に開催の懇親会においてメディカルスタッフ研究優秀賞を授与します。
助成は1件につき年額10万円以下とします。
多数の応募をお待ちしています。

UMIN演題登録システムについての諸注意

演題登録番号とパスワード

演題登録時に発行される「演題登録番号」および各自で設定・入力した「パスワード」を必ず控えておいてください。

一度登録された内容に修正を加える際は、この「演題登録番号」および「パスワード」が必要となります。

運営事務局およびUMIN事務局では、「演題登録番号」および「パスワード」に関する問い合わせにはお答えできません。ご注意ください。

演題の受領通知

演題登録後に演題の受領通知が入力したe-mailアドレス宛に送信されます。

演題の受領通知のメールが入力したe-mailアドレスに届かない場合は、e-mailアドレスの入力に誤りがあったか、演題登録が完了していない可能性があります。e-mailアドレスを確認してその入力間違いがあった場合は、再度ログインして登録e-mailアドレスの変更を行ってください。

演題登録が完了していない場合は、再度登録をお願いします。

登録内容の修正

演題募集の期間中は「演題登録番号」および「パスワード」を入力することにより、何度でも演題登録画面にログインして修正することができます。

修正回数に制限はありません。登録内容を修正する度に登録内容がメールで通知されますので、確認してください。

演題の取り消し

既に登録した演題を取り消したい場合は、演題登録画面にログインして「演題取消」を選択して演題を取り消してください。

演題の取り消し後に演題の取り消しを知らせるメールが入力したe-mailアドレス宛に送信されます。

その他

UMIN演題登録システムに関する質問は、FAQページを参照してください。

個人情報の取り扱いについて

ご登録いただいた個人情報は、第53回日本臨床腎移植学会 運営準備の目的以外での使用はいたしません。

また、ご入力いただいた個人情報は、必要なセキュリティ対策を講じ、厳重に管理いたします。

公募・一般演題登録

暗号通信(推奨)

新規登録画面 確認・修正画面

平文通信

新規登録画面 確認・修正画面

お問い合わせ

第53回日本臨床腎移植学会 運営事務局
株式会社 コンベンションリンケージ内(月~金 9:30~17:00、土日祝日を除く)
〒102-0075 東京都千代田区三番町2 TEL: 03-3263-8688 / FAX: 03-3263-8693
Mail: 53jscrt@c-linkage.co.jp