ご挨拶

第23回日本Advanced Heart & Vascular Surgery/ OPCAB研究会
会長 山中 一朗
(天理よろづ相談所病院心臓血管外科)

 このたび平成30年(2018年)7月14日、和歌山県民文化会館におきまして、第23回日本Advanced Heart & Vascular Surgery/OPCAB研究会を開催させていただくことになりました。

 今年は、前身である日本OFF-PUMP CABG研究会が始まってから丁度20年の節目の年に当たります。長きにわたって、この研究会が愛され継続されて来たのは、手術手技に特化したpresentationをさっくばらんにdiscussionできたところにあると考えます。それはOPCAB研究会からAHVS/OPCAB研究会と名前が変わってからも継承されています。

 今回は、「とことん大動脈弁手術:基本手術のコツから複雑病変の治療選択まで」をテーマにしました。大動脈弁疾患は高齢化社会となって増加の一途をたどっていますし、若手からベテランまでみんなが手術する部位でもあります。手術術式も標準的な弁置換術から、形成術、基部手術、TAVI,MICS,自己心膜弁など多岐にわたります。また、多くの企業の参入によって技術革新の著しい領域でもあり、最もホットなテーマと考えました。熟練した術者が熱く語れる環境は言うまでもなく、若手医師が参加し、発言しやすい環境づくりをめざしており、来てよかったと言っていただけるような魅力ある企画にする所存です。真夏の開催ですので、軽装で参加していただき、夏に負けない熱い研究会にしようではありませんか。

謹白
平成30年1月吉日