第1回日本腫瘍循環器学会学術集会

日程表・プログラム・会場マップ PDF 2018/10/22時点

プログラム日程表 プログラム(11/3) プログラム(11/4) 会場マップ

*本学術集会は、日本臨床腫瘍薬学会が認定する「外来がん治療認定薬剤師のための講習会(研修会)」として認定されています。(取得単位:2単位/日、2日間参加で4単位) 詳細はこちら

プログラム 2018/10/15時点

理事長講演11月3日(土)13:10-13:30 第1会場(5階メインホール)

「日本腫瘍循環器学会の設立にあたって」

座長:
髙久 史麿 (公益社団法人 地域医療振興協会)
演者:
小室 一成(東京大学大学院医学系研究科 循環器内科学)

会長講演11月3日(土) 13:30-13:50 第1会場(5階メインホール)

「腫瘍専門医と循環器専門医のチームワークを作ろう!」

座長:
髙久 史麿 (公益社団法人 地域医療振興協会)
演者:
畠 清彦 (国際医療福祉大学三田病院 悪性リンパ腫、血液腫瘍センター長)

特別講演111月3日(土)14:00-14:50 第1会場(5階メインホール)

"The Intersection of Cardiovascular Function and Cancer Treatment in 2018"

座長:
小室 一成 (東京大学大学院医学系研究科 循環器内科学)
Speaker:
Ana Barac Ana Barac (Associate Professor of Medicine/Director, Cardio-oncology Program,
Cardiology, MedStar Heart and Vascular Institute,
Georgetown University, Washington DC, USA)

特別講演211月4日(日)11:10-12:00 第1会場(5階メインホール)

「がん幹細胞を標的とするプレシジョンメディシンと腫瘍循環器学」

座長:
畠 清彦 (国際医療福祉大学医学部血液内科学 教授/公益財団法人がん研究会がん化学療法センター臨床部)
演者:
赤司 浩一赤司 浩一 (九州大学病態修復内科 教授)

シンポジウム111月3日(土)10:10-11:40 第1会場(5階メインホール)

「腫瘍専門医から循環器専門医への情報:循環器に影響の高い抗がん剤治療」

座長:
石岡 千加史(東北大学加齢医学研究所)
室原 豊明(名古屋大学大学院医学系研究科 循環器内科学)
演者:
清水千佳子(国立国際医療研究センター 乳腺腫瘍内科)
公平 誠(公平病院)
酒井 洋(埼玉県立がんセンター 呼吸器内科)

シンポジウム211月4日(日)15:50-17:20 第1会場(5階メインホール)

「循環器専門医から腫瘍専門医への情報:循環器内科にコンサルトするには?」

座長:
堀 正二(大阪国際がんセンター(名誉総長))
中釜 斉(国立研究開発法人 国立がん研究センター)
演者:
岡 亨(大阪国際がんセンター検診部成人病ドック科)
田村 雄一(国際医療福祉大学医学部 循環器内科/国際医療福祉大学三田病院 肺高血圧症センター)
福本 義弘(久留米大学医学部内科学講座 心臓・血管内科部門)
今井 靖(自治医科大学薬理学講座臨床薬理学部門・内科学講座循環器内科学部門)

パネルディスカッション11月4日(日)14:10‐15:40 第1会場(5階メインホール)

「腫瘍専門医と循環器専門医」

座長:
南 博信(神戸大学大学院医学研究科 腫瘍・血液内科)
筒井 裕之(九州大学大学院医学研究院 循環器内科学)
演者:
南 博信(神戸大学大学院医学研究科 腫瘍・血液内科)
小栗 知世(東京都済生会中央病院呼吸器内科)
菅野 仁士(医薬品医療機器総合機構 新薬審査第五部)
角南 春樹(国立研究開発法人日本医療研究開発機構 創薬戦略部 医薬品研究課)

共催プログラム

スポンサードシンポジウム111月3日(土)15:00⁻16:30 第2会場(5階大ホールA)

共催:
グラクソ・スミスクライン株式会社
座長:
竹石 恭知(福島県立医科大学 医学部 循環器内科学講座 主任教授)
石坂 信和(大阪医科大学 内科学Ⅲ教室・循環器内科 教授)

病態生理からみた肺高血圧症の診断と治療

演者:
中村 一文(岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 循環器内科学 准教授)

抗がん剤による薬剤性PAHと三田病院における腫瘍循環器外来の診療体制

演者:
田村 雄一(国際医療福祉大学医学部 循環器内科/国際医療福祉大学三田病院 肺高血圧症センター)

ChemoTherapy-Related Vascular Disease (CTRVD):
血管新生阻害性抗がん剤の光と影

演者:
坂東 泰子(名古屋大学医学部附属病院 循環器内科 講師)

スポンサードシンポジウム2
がん関連血栓症(CAT)を考える

11月3日(土)16:30-18:00 第1会場(5階メインホール)

共催:
バイエル薬品株式会社
座長:
中村 真潮(陽だまりの丘なかむら内科 院長)
赤澤 宏(東京大学大学院医学系研究科 循環器内科学 講師)

CATのリスク因子と発生機序

演者:
窓岩 清治(東京都済生会中央病院 臨床検査医学科 部長)

CATに対するDOACの有用性

演者:
池田 正孝(兵庫医科大学 外科学講座 下部消化管外科 教授)

腫瘍循環器外来の開設と他科との連携

演者:
木田 圭亮(聖マリアンナ医科大学 循環器内科 講師)

Onco-Cardiology時代のがん専門施設と総合病院の連携

演者:
庄司 正昭(国立がん研究センター中央病院 総合内科循環器内科 医長)

スポンサードシンポジウム311月4日(日)9:00‐10:30 第1会場(5階メインホール)

共催:
ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社/ファイザー株式会社
座長:
小室 一成(東京大学大学院医学系研究科 循環器内科学 教授)
佐瀬 一洋(順天堂大学大学院医学研究科 臨床薬理学 教授)

Perspective of Onco-Cardiology

演者:
向井 幹夫 (大阪国際がんセンター 成人病ドック科 主任部長)

がん医療における心血管病のnew epidemic: 総論から各論へ

演者:
大倉 裕二(新潟県立がんセンター新潟病院 腫瘍循環器科 部長)

心毒性の画像診断による早期診断

演者:
根岸 一明(タスマニア大学 メンシーズ研究所 上席講師/王立ホバート病院 循環器内科)

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー1
TKI治療における心血管リスクとマネジメントを考える

11月3日(土)12:00-13:00 第1会場(5階メインホール)

共催:
ヤンセンファーマ株式会社メディカルアフェアーズ本部
座長:
照井 康仁(がん研有明病院 血液腫瘍科 部長)

Part I: 血液腫瘍内科の立場から ~B細胞性腫瘍を例に~

演者:
小島 研介(佐賀大学医学部附属病院 血液・呼吸器・腫瘍内科 准教授)

Part II: 循環器内科医の立場から

演者:
古川 哲史(東京医科歯科大学 難治疾患研究所 生体情報薬理学 教授)

ランチョンセミナー2
血液がんの最善の医療を目指して
~腫瘍専門医と循環器専門医の連携を考える~

11月3日(土)12:00-13:00 第2会場(5階大ホールA)

共催:
大塚製薬株式会社
座長:
木村 晋也(佐賀大学医学部 内科学講座 血液・呼吸器・腫瘍内科)

がん治療関連心血管合併症の診療~早期診断・早期治療から長期的管理まで~

演者:
石田 純一(東京大学医学部附属病院 循環器内科)

慢性骨髄性白血病の治療戦略

演者:
髙久 智生(順天堂大学大学院医学研究科 血液内科学)

ランチョンセミナー3
がんと循環器を考える11月4日(日)12:10-13:10 第1会場(5階メインホール)

共催:
第一三共 株式会社
座長:
佐藤 豊実(筑波大学医学医療系 産科婦人科学 教授)

がん治療関連性心血管障害 ~がん研腫瘍循環器の現場から~

演者:
志賀 太郎(がん研究会有明病院 腫瘍循環器・循環器内科 部長)

がん関連血栓症(Cancer-associated Thrombosis)

演者:
向井 幹夫 (大阪国際がんセンター 成人病ドック科 主任部長)

ランチョンセミナー4
多発性骨髄腫治療における心血管イベントとその対策

11月4日(日)12:10-13:10 第2会場(5階大ホールA)

共催:
小野薬品工業株式会社
座長:
鈴木 憲史 (日本赤十字社医療センター 骨髄腫アミロイドーシスセンター 骨髄腫アミロイドーシスセンター長/薬剤部長/輸血部長)

多発性骨髄腫治療における心血管イベントとその対策

演者:
尾崎 修治(徳島県立中央病院 血液内科 医療局次長)

モーニングセミナー

モーニングセミナー11月4日(日)8:10-9:00 第2会場(5階大ホールA)

共催:
日本新薬株式会社
座長:
平田 健一(神戸大学大学院医学研究科 内科学講座・循環器内科学分野 教授)

肺循環とOnco Cardiology

演者:
波多野 将(東京大学大学院医学系研究科 重症心不全治療開発講座 特任准教授)