運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒604-8162
京都市中京区烏丸通六角下る
七観音町634
TEL:075-231-6357
FAX:075-231-6354
E-mail:ncopn26@c-linkage.co.jp

日程表

  • 日程表

プログラム

講演集の閲覧について

第26回日本産業衛生学会全国協議会の講演集は以下から閲覧できます。

※ 事前参加登録、または当日参加登録を行っていただいた方のみ閲覧可能です

講演集ダウンロード

※ Macの「プレビュー」でPDFを閲覧している方は、PDF閲覧専用ソフトの「Adobe Reader」を下記からダウンロードして、閲覧してください。

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目

メインシンポジウム

9月9日(金) 10:00~11:30

変革期を迎えての産業保健の協働
会場:
第1会場(テルサホール)
座長:
久保田昌詞(独立行政法人労働者健康安全機構 大阪労災病院
治療就労両立支援センター)
中西 一郎(東レ株式会社滋賀事業場健康管理センター)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1.5
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
日本歯科医師会生涯研修事業 :3
MS-1
「変革期を迎えての産業保健の協働
~産業医の果たすべき役割と、将来の方向性~」
斉藤 政彦(大同特殊鋼株式会社)
MS-2
「それぞれの専門性をいかしたチームによる産業保健
~産業保健看護職の立場から~」
五十嵐千代(東京工科大医療保健学部)
MS-3
「産業歯科保健の課題とこれから」
加藤  元(日本アイ・ビー・エム健康保険組合 予防歯科)
MS-4
「変革期を迎えての産業保健の協働 -産業衛生技術部会の役割-」
加藤 隆康(豊田労働基準協会豊田衛生管理者研究会)

シンポジウム

シンポジウム1(公募)

9月9日(金) 14:30~16:25

ストレスチェック制度~活用の先進事例~
会場:
第1会場(テルサホール)
座長:
難波 克行(中外製薬株式会社)
森山 和郎(パナソニック株式会社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 守口 健康管理室)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門2
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
S1-1
「ストレスチェック実施者の役割と課題 ~保健師の立場より~」
益江 淑子(株式会社 健康管理室)
S1-2
「ストレスチェック制度における医師面接:
産業医と産業看護職による協働実施」
北村 栄作(株式会社 クボタ 人事部 健康管理室)
S1-3
「ストレスチェック制度における職場環境改善の工夫に関する検討」
吉川  徹(労働安全衛生総合研究所(JNIOSH)
過労死等調査研究センター)
S1-4
「ストレスチェック制度における集団分析結果の作成と説明」
土肥 誠太郎(三井化学株式会社本社健康管理室)
S1-5
「メンタルヘルスファーストエイドプログラム導入 第2報
~管理監督者の支援スキルの向上と職場改善で安心を社員に~」
平島美也子(TOTO株式会社 小倉第三工場 総務グループ 
健康管理室)

シンポジウム2

9月9日(金) 13:30~15:00

防ごう転倒災害~産業保健スタッフに何ができるか~
会場:
第2会場(1-3セミナー室)
座長:
北原 照代(滋賀医科大学 社会医学講座・衛生学部門)
中村 千賀(大阪大学大学院 保健学専攻 医学系研究科)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1.5
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
S2-1
「転倒災害の発生状況とその特徴」
大西 明宏(労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター)
S2-2
「転倒に関わる労働者の体力」
守田 祐作(新日鐵住金株式会社名古屋製鐵所)
S2-3
「職場における転倒労働災害のリスク要因に関する調査研究」
塚田 月美(名古屋大学大学院 医学系研究科 博士課程 
看護学専攻)

シンポジウム3

9月9日(金) 15:10~16:40

夜勤・交代勤務による健康障害を抑止する
会場:
第2会場(1-3セミナー室)
座長:
岩根 幹能(新日鐵住金和歌山製鐵所/
NSメディカル・ヘルスケアサービス)
堤  梨恵(三井化学株式会社)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1.5
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
S3-1
「夜勤・交代勤務の3つのリスクとその対策」
佐々木 司(公益財団法人 大原記念労働科学研究所 研究部)
S3-2
「夜勤・交代勤務者の健診結果を活用した活動紹介」
中田ゆかり(参天製薬株式会社 健康支援室)
S3-3
「夜勤・交代勤務職場へのアプローチ」
田﨑祐一郎(新日鐵住金株式会社 大分製鐵所 安全環境防災部 
安全健康室)

シンポジウム4

9月10日(土) 9:00~10:30

女性の職業生活におけるサポートについて考える ~ 女性が元気に働くために ~
会場:
第1会場(テルサホール)
座長:
永田 秀敏(ヘルスケアKST株式会社)
平田真以子(みずほフィナンシャルグループ 大阪健康開発センター)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1.5
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
S4-1
「キャリアプランに必要な女性特有のヘルシー・エイジング」
長井 聡里(株式会社JUMOKU)
S4-2
「企業価値を高める、女性の活躍推進」
山内 千鶴(日本生命保険相互会社)
S4-3
「-女性が元気に働くために- P&Gの取り組み」
大西 裕美(元プロクター・アンド・ギャンプル・ジャパン株式会社
ヒューマンリソーシズ 健康管理室)

シンポジウム5(公募)

9月10日(土) 10:40~12:10

ダイエット~効果的な保健指導の実践事例~
あなたの事業所では、効果的な保健指導が実践できていますか
会場:
第1会場(テルサホール)
座長:
雑賀佳世子(ワールド健康保険組合)
土肥誠太郎(三井化学株式会社 本社健康管理室)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1.5
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
S5-1
「生活習慣病予防における効果的な保健指導のあり方」
野口  緑(尼崎市市民協働局)
S5-2
「若年層への健康づくり支援~効果的なTHP健康測定を目指して~」
浜谷 久里(パナソニック システムネットワークス株式会社
佐江戸健康管理室)
S5-3
「特定保健指導積極的支援2年連続終了者の効果分析」
南  智恵(公益財団法人 兵庫県健康財団 保健検診センター)
S5-4
「業態にみえる生活習慣の特徴と
メタボリックシンドロームとの関連について」
朴沢 広子(慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科)

シンポジウム6

9月10日(土) 14:10~15:40

就労に制約がある労働者に対する支援
会場:
第1会場(テルサホール)
座長:
河津雄一郎(株式会社平和堂)
中井  栄(パナソニック健康保険組合 健康開発センター)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1.5
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
S6-1
「障がい者を受け入れている会社の現状と合理的配慮への取組み」
中島 義晴(パナソニック交野 株式会社)
S6-2
「難病患者の就労継続支援における産業保健職の役割」
樋口 善之(福岡教育大学 教育学部 保健体育額講座)
S6-3
「見えない見えにくい労働者に対する支援
~産業保健職に期待されること~」
村上 美紀(産業医科大学 眼科学教室)

シンポジウム7

9月10日(土) 15:50~17:20

【近畿医部会協賛企画 】
がんと就労支援~医療現場と職場・どうつなげるか~
会場:
第1会場(テルサホール)
座長:
富永なおみ(大阪ガス株式会社 人事部 安全健康推進チーム 
大阪ガスグループ 健康開発センター)
橋口 克頼(パナソニック健康保険組合 健康管理センター)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1.5
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
S7-1
「~患者・医療施設・事業者における情報の過不足ない共有から協働へ~『がん患者の就労支援について 患者や患者団体にできること、すべきこと』」
濱本 満紀(NPO法人がんと共に生きる会
NPO法人大阪がんええナビ制作委員会)
S7-2
「中小企業におけるがん患者の就労支援の現状について」
益江  毅 (株式会社健康管理室 統括産業医)
S7-3
「がん治療と仕事の両立支援について」
中辻 史記(リード総合法律会計事務所)
S7-4
「がんと就労支援~医療現場と職場・どうつなげるか~
医療現場の立場から」
松本 晴美(パナソニック健康保険組合 松下記念病院)

シンポジウム8(公募)

9月10日(土) 9:00~10:30

あなたの事業所では、非正規雇用労働者の健康管理はどうなっていますか?
会場:
第2会場(1-3セミナー室)
座長:
田口 要人(株式会社ゼンリン)
村田 理絵(一般財団法人京都工場保健会 壬生保健センター
産業保健推進部 保健指導課)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1.5
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
S8-1
「中小企業における非正規雇用労働者の健康管理」
益江  毅(株式会社健康管理室 統括産業医)
S8-2
「スーパーマーケットにおける健康管理の状況について」
志摩  梓(平和堂健康管理室)
S8-3
指定発言
玉泉 孝次(近畿労務安全衛生研究所所長)

シンポジウム9

9月10日(土) 10:40~12:10

それでもタバコを吸わせますか
会場:
第2会場(1-3セミナー室)
座長:
上田 晴三(上田歯科医院)
服部 一秀(日本生命保険相互会社 健康管理室本店健康管理所)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1.5
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
日本歯科医師会生涯研修事業 :3
S9-1
「受動喫煙対策:海外の現状と日本の課題、最近の労働衛生の動向」
望月友美子(国立がん研究センター)
S9-2
「能動喫煙、受動喫煙が口腔に及ぼす影響
─歯科から推進するタバコ対策─」
小島 美樹(梅花女子大学 看護保健学部 口腔保健学科)
S9-3
「禁煙支援や受動喫煙防止の取り組み実践例」
倉田  秀(三井住友銀行大阪健康サポートセンター歯科診療所)

シンポジウム10(公募)

9月10日(土) 14:10~15:40

データヘルス~効率的な保健事業やコラボヘルスの実態~
会場:
第2会場(1-3セミナー室)
座長:
林  朝茂(大阪市立大学大学院 医学研究科 産業医学)
益江 淑子(北大阪地域産業保健センター/株式会社健康管理室)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1.5
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
S10-1
「企業と健康保険組合とのコラボヘルスを推進するための取組み」
永田 智久(産業医科大学 産業生態科学研究所 
産業保健経営学研究室)
S10-2
「レセプトデータを活用した定期健康診断事後措置の展開
~データヘルス計画における重症化予防対策の推進~」
堤田  敬(パナソニック健康保険組合 健康管理センター 
健康管理支援部)
S10-3
「健康保険組合におけるデータヘルス計画の実態」
大橋 建也(セキスイ健康保険組合)

シンポジウム11

9月10日(土) 15:50~17:20

2020年の健康経営を考える
会場:
第2会場(1-3セミナー室)
座長:
萩原  聡(萩原労働衛生コンサルタント事務所)
岡田 邦夫(プール学院大学)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1.5
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
S11-1
「超高齢化社会への対応 -健康経営の実現に向けて-」
江崎 禎英(経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課)
S11-2
「健康経営の評価指標」
森  晃爾(産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健経営学)
S11-3
「2020年の健康経営を考える『産業医の立場から』」
濱田 千雅(大阪ガス株式会社 人事部 安全健康推進チーム 
健康開発センター)
S11-4
「企業と健康経営」
長谷川貴彦(株式会社ワコール)

教育講演

教育講演1

9月9日(金) 13:30~14:30

科学的根拠に基づくメンタルヘルス不調の1次予防
会場:
第1会場(テルサホール)
座長:
木村  隆(一般財団法人近畿健康管理センター)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
K1
「科学的根拠に基づくメンタルヘルス不調の一次予防」
川上 憲人(東京大学大学院医学系研究科 精神保健学分野)

教育講演2

9月9日(金) 14:40~15:40

化学物質による健康障害~症例、疫学、動物実験から~
会場:
第3会場(A-C会議室)
座長:
上原新一郎(大阪市立大学大学院 医学研究科 産業医学)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
K2
「産業中毒の原因解明と予防のための症例・疫学・実験研究-
科学の本質の一つである予見性を産業医学でどのように獲得するか」
市原  学(東京理科大学 薬学部 薬学科)

教育講演3

9月9日(金) 15:50~16:50

遺伝子検査
会場:
第3会場(A-C会議室)
座長:
竹下 達也(和歌山県立医科大学 医学部 公衆衛生学教室)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
K3
「遺伝子検査」
小杉 眞司(京都大学大学院 医学研究科 医療倫理学・遺伝医療学)

教育講演4

9月10日(土) 11:10~12:10

受動から能動のメンタルヘルスへ:
e-learningを用いた自習型認知行動療法(CBT)の現状と産業応用
会場:
第3会場(A-C会議室)
座長:
河津雄一郎(株式会社平和堂)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
K4
「受動から能動のメンタルヘルスへ:
e-learningを用いた自習型認知行動療法(CBT)の現状と産業応用」
宗  未来(慶應義塾大学 医学部精神神経科)

教育講演5

9月10日(土) 14:10~15:10

グローバル化時代の感染症とその対策
会場:
第3会場(A-C会議室)
座長:
古西  満(奈良県立医科大学健康管理センター)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
K5
「グローバル化時代の感染症とその対策」
大石 和徳(国立感染症研究所感染症疫学センター)

教育講演6

9月10日(土) 15:20~16:20

メンタルヘルス不調のup-to-date
会場:
第3会場(A-C会議室)
座長:
清原 達也(伊藤忠商事株式会社)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
K6
「メンタルヘルス不調のup-to-date」
岸  信之(京都桂病院 精神科)

教育講演7

9月10日(土) 16:30~17:30

安全衛生行政の課題について
会場:
第3会場(A-C会議室)
座長:
森口 次郎(一般財団法人京都工場保健会診療所)
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :更新1
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
K7
「安全衛生行政の課題」
荒川  修(京都労働局 労働基準部 健康安全課)

実地研修

※ 実地研修(事業所研修、会場内研修)には事前参加登録が必要です。
事前参加登録の際に一緒にお申し込みください。
すでにお申込は終了しております。

事業所研修

9月8日(木) 13:00~17:30(予定)

詳細は申込者にお知らせいたします。
5つの研修は同時間帯に開催します。どれか1つにお申し込みください。

<単位> 日本医師会認定産業医制度 :実地2
日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :実地研修2
事業所研修1【株式会社美十】
会社紹介コメント:旧社名 株式会社おたべ。平成27年4月に現社名へ変更。
事業内容は菓子製造。事業所は京都本社工場、東京工場、若狭工場の3拠点。
主な製品は京銘菓つぶあん入り生八つ橋おたべ、京ばあむを始めとして京都みやげのほか、大阪、東京みやげの製造やテーマパークのOEM事業等も行う。
洋菓子ブランド「洋菓子ぎをんさかい」、「パティスリータント・マリー」、「菓子工房エピナール」、「東京往来館」等を展開する。
事業所研修2【トーシ・プリンティングサービス株式会社 】
会社紹介コメント:当社は、朝日新聞社の受託会社であり、2004年7月より京都市伏見区にて新聞を印刷しております。
当工場では実際に新聞をする様子などが見学でき、読者ホールでは朝日新聞社の歩みや、発達の流れ、環境保全への取り組みなどをパネルやDVDを使って説明させて頂きます。
事業所研修3【積水化学工業株式会社 京都研究所】
会社紹介コメント:当研究所は1992年に竣工し、今年で25年目を迎えておりますが、現在、2つのカンパニーの研究開発部門や関係会社などから成る複合事業所として300名を超える従業員が在籍しております。
また、当研究所は社内の技術交流のみならず、大学や他企業との共同研究、学会や講演会などの場として広く利用されています。
さらに、併設されている講堂や研修施設などは、方針説明会や入社式をはじめとする全社行事の拠点として全国からグループ事業員が集い、積水化学グループの総合力を象徴とする事業所となっています。
事業所研修4【京都機械工具株式会社】
会社紹介コメント:KTCは日本を代表するハンドツールメーカーとして「軽くて強くて使いよい」を基本に高品質、独創的な技術力で市場をリード。12000アイテムの多彩な製品を開発し、アイテム数、生産量ともに国内NO.1の実績と信頼を得ています。
事業所研修5【社会福祉法人 びわこ学園 びわこ学園医療福祉センター草津】
会社紹介コメント:社会福祉法人びわこ学園医療福祉センター草津は入所・在宅を問わず重度・重症の障害をもっている方の安心安全な暮らしを支え設立から53年となります。病床数は116床あり、職員数は200名を超えます。開園以来、職員の腰痛や頸肩腕障害の問題を抱えてきましたが、近年では介護リフターなどの介護機器や用具を積極的に取り入れ、「抱き上げない看護や介護」を目指して、日々職員の身体的負担の軽減に努めています。

会場内研修

※「A1、A2」、「B1、B2」、「C1、C2」はそれぞれ同じ内容です。
※6つのうちどれか一つにお申し込みください。
※事業所研修と会場内研修の両方を受講することは可能です。

会場内研修A
  • A1:9月10日(土) 9:00~10:00
  • A2:9月10日(土) 14:00~15:00
労働安全衛生保護具を学ぶ
講師:
田中 茂(十文字学園女子大学大学院)
産業医として知っておいて頂きたい労働衛生保護具とともに労働安全保護具について実習を中心に解説する。
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1
会場内研修B
  • B1:9月10日(土) 10:10~11:10
  • B2:9月10日(土) 15:10~16:10
化学物質のリスクアセスメントとしてのコントロールバンディングの応用
講師:
河合 俊夫(公益社団法人 関西労働衛生技術センター)
当該物質の有害性をGHS分類から評価し、取り扱い量、揮発性などから管理区分を決定し、管理体策を行う。
実習方法:産業医各人が有害性の評価を行い、事業所の取り扱い量、揮発性から管理区分を決定し、全体で討論する。
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1
会場内研修C
  • C1:9月10日(土) 11:20~12:20
  • C2:9月10日(土) 16:20~17:20
作業環境測定評価と簡易測定機器の応用
講師:
河合 俊夫(公益社団法人 関西労働衛生技術センター)
産業医が作業環境測定結果を見るポイントを学び、職場巡視で、問題点を簡易測定機器を用いて確認する。
実習方法:作業環境測定結果の問題点を討論する。
簡易測定機器を用いて実際にモデル濃度を測定する。またそこで得られたデータの変動を討論し、総合的に作業環境について考える。
<単位> 日本医師会認定産業医制度 :専門1

※会場内研修DとEは両方の講演を受講可能です。

会場内研修D
  • 9月9日(金) 13:30~15:30
知りたい!作業環境測定から評価の仕方と改善まで
講師:
河合 俊夫(公益社団法人 関西労働衛生技術センター)
<単位> 日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
 実地研修1
会場内研修E
  • 9月10日(土) 9:00~11:00
知りたい!職場巡視のポイント ~人間工学的視点から~
講師:
赤築 秀一郎(ダイキン工業(株) 滋賀製作所)
<単位> 日本産業衛生学会 産業看護専門家制度 :専門研修1
 実地研修1

懇親会

日 時:
9月9日(金)18:30~20:30
場 所:
京都テルサ 西館1F テルサホール
当日参加費:
7,000円

祇園囃子の演奏の他、京都らしいおもてなしでお迎えいたします。
奮ってご参加ください。

※ご入場の際は必ず「参加証」をご着用ください。

※当日の参加登録も可能です。

ページトップ