第34回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会

スキルアップセミナー

第8回スキルアップセミナー

日時

2017年7月21日(金) 12:30~18:40(受付開始11:30~)

会場

ピアザ淡海 滋賀県立県民交流センター 第2会場 (3F 大会議室)
http://www.piazza-omi.jp/

主催

日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会

対象

小児アレルギーエデュケーター(PAE)と、今回は特別に、小児アレルギーエデュケーター以外の喘息等アレルギー疾患児の健康管理や指導に携われている方(看護師、准看護師、保健師、薬剤師、教職員、養護教諭、幼稚園教諭、保育士等)も受講できます。

定員

200名(事前申込制)

受講料

PAE、会員 12,960円(税込)
非会員 18,360円(税込)

付与単位

小児アレルギーエデュケーターには認定更新のための単位が付与されます。
(単位数:8単位)

  • 受付時に「小児アレルギーエデュケータースキルアップセミナー参加証明引換券」を配布いたします。必要事項をご記入の上、セミナー終了後「参加証」を受け取ってください。
  • 「参加証」は小児アレルギーエデュケーター認定更新申請の際必要になりますので、大切に保管してください。
  • スキルアップセミナーは原則全講座を受講した場合のみ、8単位が付与されます。各講座10分以上の遅刻、早退をされると単位付与しかねますのでご注意ください。

申込期間

2017年5月17日(水)正午から6月21日(水)正午まで

① 5月17日(水)正午~6月7日(水)正午・・PAEのみお申し込み頂けます。

② 6月7日(水)正午~6月21日(水)正午・・PAEに限らずお申し込み頂けます。

  • ただし、定員になり次第締め切らせていただきます。

プログラム概要

12:30~14:30

  • 成人のアレルギー 小児期からの移行と成人発症
    福冨 友馬(国立病院機構相模原病院臨床研究センター)

14:30~16:30

  • 室内ダニアレルゲンを中心にした環境整備対策
    中臣 昌広(文京区文京保健所生活衛生課)

16:30~18:30

  • 目からウロコの免疫学
    下条 直樹(千葉大学大学院医学研究院小児病態学)

18:30~18:40

  • まとめのことば

プログラム概略

  • 成人のアレルギー 小児期からの移行と成人発症
    福冨 友馬(国立病院機構相模原病院臨床研究センター)

    小児期のアレルギー疾患に比べて、成人のアレルギーの最大の特徴は、その臨床像が多様性を示すようになってくることである。喘息であれば、小児に比べ成人では、非アレルギー性(アトピー素因の関与のない)の患者、肥満関連喘息の頻度が高くなってくる。食物アレルギーであれば、果物野菜アレルギーや小麦のFDEIA、アニサキスアレルギー、化粧品や職業関連のアレルギーなどが多くなってくる。
  • 室内ダニアレルゲンを中心にした環境整備対策
    中臣 昌広(文京区文京保健所生活衛生課)

    私たちの住まいは、従来のわら床の畳からフローリングを中心にした構造へ変化しています。現在、ダニアレルゲン量が比較的多い場所は、寝具やカーペットなどです。今回は、室内ダニアレルゲン量の簡易測定、ダニアレルゲン量を減らすための手法を中心に、室内の環境整備対策をご説明します。
  • 目からウロコの免疫学
    下条 直樹(千葉大学大学院医学研究院小児病態学)

    一般的にアレルギー反応は、本来無害な外来抗原に対する過剰な免疫応答とされている。その診療には免疫学の知識が重要であることは論を待たないが、医師のみならず、多くのコメディカルも免疫学は難しいと感じている。免疫学の領域は日進月歩であり、アレルギーに関連する細胞や分子が近年になってもまだ発見されている。これらの新しい知識も含めて演者なりの整理を試みたい。本講演では後半を会場からの質問時間にあてて、PAEの疑問と理解を共有したいと考えている。

申込について

以下のボタンよりお申込みをお願いいたします。

日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会 
第8回小児アレルギーエデュケータースキルアップセミナー申込は終了しました。

申込完了通知

申込完了の通知(メール)やセミナーの詳細につきましては、受講決定後、申込の際に登録していただいたアドレス宛にメールでご案内をお送りいたします。
@bunken.co.jpを受信できるようにお願いいたします。

お問い合わせ先

申込完了の通知(メール)が届かない場合や申し込みwebサイトに関する問い合わせは、下記ヘルプデスクまでお願いいたします。

日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会ヘルプデスク
E-mail:jspca-desk(at)bunken.co.jp
※(at)を半角@に変えて送信してください。

PAGE TOP