第34回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会

座長・演者の皆様へ

利益相反の開示について

第34回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会では、学術集会演題発表に際し、演者全員について、発表する研究内容に関連する利益相反の開示が必要です。

  1. 産学連携活動に係る受け入れ額が、1企業あたり年間100万円以上(所属機関からの間接経費が差し引かれる前の金額)の場合
  2. コンサルタント、指導、講演、執筆、給与としての個人利益が、1企業あたり年間100万円以上(税金や源泉徴収額を引く前の金額)の場合
  3. 産学連携活動に係る個人収益(公開・非公開を問わず、当該企業の株式等の出資・取得・保有及び売却・譲渡、ストックオプションの権利授受、もしくは、役員報酬、特許権使用料等)が1企業あたり年間100万円以上あった場合(但し、投資信託、もしくは、当該個人によって管理・制御できない多角的なファンドにおいて資金運用される場合を除く)
  4. 上記1~3のいずれかに該当する企業に一親等の親族が現在勤務している場合
    • 個人収益の場合は、過去3年の1月1日から12月31日まで、ただし、寄付金や企業からの受託等、産学連携活動に係る研究の場合は、過去3年の4月1日から3月31日までの期間でも可。
       なお利益相反に関する質問につきましては、日本小児科難治喘息・アレルギー疾患学会事務(info@jspca.jp)までお問い合わせください。
  5. 利益相反開示例
    口頭発表の場合は、すべての筆頭演者、共同演者の利益相反をスライドの2枚目(タイトルスライドの後)に、開示してください。
    ポスター発表の場合は、タイトルの下に、開示をしてください。
    ひな型は、以下をご参考ください。
  • 口演用COI(PowerPoint)
  • ポスターCOI(Word)

座長の皆様へ

  1. 座長の皆様は、ご担当セッション開始予定時刻の30分前までに各会場右手前方の「次座長席」にご着席ください。
  2. ご担当いただくセッション全体の時間配分については、学会スケジュールがタイトな為、セッション制限時間を厳守した進行をお願いいたします。

演者の皆様へ

  1. 演者の皆様は、ご担当セッション開始予定時刻の20分前までに各会場左手前方の「次演者席」にご着席ください。
  2. 学会スケジュールがタイトな為、制限時間を厳守した発表をお願いいたします。
  3. 各セッションの発表時間は以下の通りです。
    指定演題:座長の先生の指示に従ってください。
    一般演題:発表時間7分、質疑応答3分、計10分です。
  4. PC受付は発表開始時刻の30分前までにお済ませください。
    PC受付開設時間(2F 第1会場 ピアザホール ホワイエ)
    7月22日(土)8:30 ~ 18:00
    7月23日(日)8:00 ~ 15:00

データをメディアにて持ち込まれる方へ

  1. 発表開始時刻の30分前までに、2F 第1会場 ピアザホール ホワイエ PC受付へお越しください。
  2. お持ち込みいただけるメディアは以下の通りです。
    USB フラッシュメモリー
    (メディアにウイルスが感染してないことを確認の上お持ち込みください)
  3. データの容量は最大で1GB程度にしてください。
  4. OSとアプリケーションは以下のものをご用意いたします。
    • OS Windows10
    • アプリケーションWindows版 PowerPoint2007/2010/2013/2016
      Macintoshで作成された方はMac本体をお持ちください。
  5. フォントはOS(Windows10)標準のもののみご用意いたします。
  6. 発表に使用するPCは全てXGA(1024×768)に統一していますので、ご使用のPCの解像度をXGAに合わせてからレイアウトを確認してください。
  7. 動画や音声をご使用になる場合は、受付の際に必ずお知らせください。
  8. 動画などの参照ファイルがある場合は、全てのデータを同じフォルダに入れてください。尚、PowerPoint2010以降は動画ファイルをスライドデータに埋め込む機能がありますが、下位バージョンで編集されますと、その機能が失われる事があります。
    • ※動画ファイルの注意点
      Windowsの場合10(OS)及びWindows MediaPlayer12の初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください。
      動画ファイルはWMV又はMP4形式を推奨します。
  9. 発表データ作成後、作成したPC以外のPCで正常に動作することを確認してください。
  10. 発表時には、演台上のマウスとキーパッドで操作をお願いします。発表者ツールは使用できません。
  11. 発表データは、「PC受付」のサーバーと会場のPCに一時保存いたしますが、それらのデータは本学会終了後、責任を持って廃棄します。

ご自分のPCをご使用になる方へ

  1. 発表開始時刻の30分前までに、2F 第1会場 ピアザホール ホワイエ PC受付へお越しください。
  2. PC受付の試写用モニターに正しく映像が出力されることを確認してください。
  3. PC受付ではD-sub15ピン(ミニ)のケーブルをご用意いたします。
    一部のノートPCでは本体附属(別売り)のコネクターが必要な場合がありますので、必ずお持ちください。
    注意:HDMIやMini DisplayPort などD-Sub15ピン以外の接続はお受けできません。
  4. 発表データのショートカット(エイリアス)を「セッション番号_演者名」(例:シンポジウム1_発表太郎)として作成し、デスクトップ上の分かりやすい場所に保存してください。
  5. 画面の解像度はXGA(1024 × 768)推奨です。このサイズより大きいまたは小さい場合、画質の劣化につながります。
  6. 動画や音声をご使用になる場合は、受付の際に必ずお知らせください。
  7. 予めスクリーンセーバーや省電力設定を(Macintoshの場合はホットコーナーも)解除してください。
  8. 起動時にパスワードを設定している場合は、予め解除してください。
  9. ACアダプターは必ずお持ちください。発表時間の20分前までに会場内のPCデスクまでお越しの上、スタッフにPCをお渡しください。スタッフがケーブルを接続し、外部出力の確認を行います。
  10. 発表時には演台にセットされているTFTモニター、キーパッド、マウスをご使用ください。ご自身のパソコンは演台上には上げられません。(発表者ツールのご使用もできませんのでご了承ください)
  11. 念のため、バックアップデータを必ずお持ちください。
  12. 講演終了後、出来るだけ速やかにPCのお引き取りをお願いします。

PAGE TOP