ご挨拶
日本神経心理学会学術集会 会長 池田学

 第40回日本神経心理学会学術集会を平成28年9月15日(木)より16日(金)までの2日間の日程で、熊本県熊本市において開催させていただくこととなりました。私にとっては、大学院時代から参加している研究の原点となる学会を熊本で開催させていただけることになり、たいへん光栄に存じます。
 日本神経心理学会は、脳損傷によりどのような症状が生じるのかという臨床的視点から、脳と心の関連を探求し続けてきたと思います。脳科学や脳画像などの関連領域の急速な発展によって、神経心理学の研究手法や研究領域は、これまで以上に多面的、学際的なものになりつつあると思います。しかし今回は、このような最新の研究領域を大切にしながら、40回という節目の学術集会にあたり、原点に立ち返って「症候学から迫る神経心理学」を主題と致しました。森悦朗新理事長のもとでの最初の学術集会として、特別講演にはJohn Hodges先生を迎えて、みな様とこのテーマをじっくり掘り下げてみたいと思います。
 初秋の熊本で開催される本会が、会員のみな様の研鑽と交流の場となることを願っています。会場は熊本城にもっとも近いホテルですし、九州の秋の味覚や温泉も楽しんでいただけると思います。みな様のご参加を心よりお待ちしています。

 このたびの熊本地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
また、国内外からの温かいご支援ありがとうございました。
皆様に来熊していただき、ご参加・ご発表を賜ることが熊本の復興につながるものと信じて、予定通り熊本で開催させていただきます。何卒宜しくお願いいたします。

平成28年5月吉日

▲ページトップへ戻る