The 13th Congress of the Movement Disorder Society of Japan 第13回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(東京場所)

第11回PDナース研修会のご案内

超高齢社会を迎えた我が国では、今後益々加齢がリスク因子であるパーキンソン病の患者数が一途に増加することが予想されています。現在パーキンソン病は単にドパミン神経細胞脱落による運動症状の疾患として捉えるより、非運動症状を含む全身疾患として捉えることが主流になっています。それに伴い症状も多岐に渡っており、治療薬もここ数年新規治療薬の上市により治療の匙加減が重要になってきていると言わざるを得ません。またこれまでの医師と患者という2極の関係でなく患者を中心としたチーム医療こそ今後の医療スタンスと考えられており、事実デュオドパなど機器装着治療におけるナースの役割は大きくなっています。このように時代の変遷と共にPDナースの役割は増しており、パーキンソン病ケアの専門家であるPDナースの育成が喫緊の課題と言えます。Multidisciplinary teamによる患者ケアこそ今後不可欠になることは言うまでもありません。本研修会は、チーム医療の重要性について理学療法からPDナースの役割までを学んで頂きたいと思います。グループディスカッションでは、デュオドーパ治療の現状とPDナースにおける課題、衝動抑制障害の理解と援助をテーマとして取り上げました。充実した内容になっておりますので多数の関係者の参加をお待ちしております。

第11回PDナース研修会

オーガナイザー 服部 信孝

(順天堂大学医学部神経学講座 教授)

参加予約について

事前参加登録は締め切っておりますが、PDナース研修会の当日参加のご予約を承ります。

ご予約を希望の方は運営事務局まで、件名「PDナース研修会申込」・氏名・所属・TEL・FAX・メールアドレスを明記のうえ、メールにてお申込みください。(mdsj13@c-linkage.co.jp

ご予約はメールの返信をもちまして完了となります。参加費は当日、受付にてお支払いください。

申込み締切 7月19日(金)18:00まで

会期 7月27日(土) 12:15~16:30
会場 浜松町コンベンションホール6F 講演会場B(大会議室B)
募集人員 先着 100名
参加費 3,000円
日本難病看護学会の認定資格更新ポイントが取得できます。
申込方法 こちら参加登録画面よりお申込みください。
後援 日本看護協会

プログラム

第11回PDナース研修会プログラムPDF