連絡先

【主催事務局】

一般社団法人 宮崎県薬剤師会

〒880-0813 宮崎県宮崎市丸島町2-5
TEL:0985-26-7755
FAX:0985-25-8069

【運営事務局】

株式会社 コンベンションリンケージ

〒812-0016
福岡市博多区博多駅南1-3-6
第三博多偕成ビル
TEL:092-437-4188
FAX:092-437-4182
E-mail:
kyuyama-miyazaki78@c-linkage.co.jp

プログラム詳細

特別講演

  特別講演Ⅰ

9月17日(日)11:00~12:00
第1会場(シーガイアコンベンションセンター 4F 天瑞)

「自超力」

演  者
松田 丈志(元競泳日本代表・オリンピアン)

  特別講演Ⅱ

9月17日(日)13:20~14:20
第1会場(シーガイアコンベンションセンター 4F 天瑞)

座  長
池田 龍二(宮崎大学医学部附属病院 薬剤部 教授)

「地域包括ケア時代における専門職連携とその地域展開」

演  者
吉村 学(宮崎大学医学部 地域医療・総合診療医学講座 教授)

シンポジウム

  シンポジウム1「医療制度改革」

9月17日(日)14:30~17:30
第1会場(シーガイアコンベンションセンター 4F 天瑞)

座  長
西島 徹(公益社団法人 鹿児島県薬剤師会 副会長)
黒木 武(一般社団法人 宮崎県薬剤師会 常務理事)
基調講演

30年度調剤報酬改定と薬価制度改革に向けて

中山 智紀(厚生労働省保険局医療課 薬剤管理官)
演  者

1. かかりつけ薬剤師制度について

茅島 美彩(一般社団法人 宮崎県薬剤師会)

2. 在宅業務におけるかかりつけ薬剤師・薬局機能

中芝 高彦(公益社団法人 大分県薬剤師会 理事)

3. 医療制度改革におけるICT化の推進について

森山 憲治(公益社団法人 熊本県薬剤師会 常務理事)

4. 国民、薬剤師の意識の変化

川畑 信浩(公益社団法人 鹿児島県薬剤師会 常務理事)

  シンポジウム2
「医療安全管理における薬剤師の職責と可能性 ~リスクマネジメントの先駆的職種として~」

9月17日(日)14:30~17:30
第3会場(シーガイアコンベンションセンター 4F 天葉)

座  長
増田 智先(福岡県病院薬剤師会 会長)
伊東 健一(宮崎県病院薬剤師会 理事、JCHO宮崎江南病院 薬剤科長)
基調講演

医療安全管理における薬剤師の職責と可能性

川上 純一(浜松医科大学 医学部附属病院 薬剤部 教授・薬剤部長)
演  者

1. 特定機能病院の医療安全における薬剤師の役割

高砂 美和子(山口大学医学部附属病院 薬剤部 医療安全推進部)

2. 当院における病棟薬剤業務と医療安全

菅田 哲治(医療法人慈恵会 西田病院 薬剤部長)

3. 在宅の現場から見えてくる薬剤師の在り方

岡元 俊雄(有限会社岡元薬局 取締役、有限会社はまゆう調剤薬局 取締役)

4. 災害救援活動における医療安全(熊本地震を経験して)

中村 繁良(公益社団法人 熊本県薬剤師会 常務理事)

  シンポジウム3
「多職種連携による在宅医療サービスの推進
 ~地域包括ケアシステムにおける薬剤師の役割について考える~」

9月17日(日)14:30~17:30
第6会場(シーガイアコンベンションセンター 2F ファウンテンルーム)

座  長
酒井 浩一(公益社団法人 大分県薬剤師会)
簑原 哲也(一般社団法人 宮崎県薬剤師会 理事)
基調講演

多職種連携による在宅医療サービスの推進

吉田 力久(公益社団法人 日本薬剤師会 常務理事)
演  者

1. 多職種連携による在宅医療サービスの推進
 ~訪問看護師の立場から多職種連携の在り方を考える~

堤 育子(訪問看護ステーション ぱりおん 訪問看護認定看護師)

2. こねっと活動の報告

古川 拓矢(宮崎市赤江地区地域包括支援センター 管理者)

3. 地域ケア会議から生まれた別府市における多職種連携

大隈 亮典(公益社団法人 大分県薬剤師会 理事)

4. 介護支援専門員協議会と行ったお薬手帳整理
 相談バッグ事業の有用性について

辻 智幸(一般社団法人 佐賀県薬剤師会 在宅医療委員会 委員長)

  シンポジウム4「薬剤師の専門性の今後 ~病院薬剤師から薬局薬剤師への展望~」

9月17日(日)14:30~17:30
第7会場(シーガイアコンベンションセンター 2F オーチャードルーム)

座  長
山本 晃之(一般社団法人 山口県薬剤師会 専務理事)
岩切 智美(宮崎大学医学部附属病院 副薬剤部長、宮崎県病院薬剤師会 常任理事)
基調講演

薬剤師の専門性の今後 〜病院薬剤師から薬局薬剤師への展望〜

井上 章治(公益社団法人 福岡県薬剤師会)
演  者

1. がん領域における薬剤師の専門性

千阪 智美(宮崎大学医学部附属病院 薬剤部)

2. 必要とされる患者の為のリーダー薬剤師を目指そう!
〜学会認定・専門薬剤師への試みを通して〜

有吉 俊二(公益社団法人 福岡県薬剤師会 理事)

3. 薬剤師の専門性を考える ~医療現場で求められる役割~

伊東 弘樹(公益社団法人 大分県薬剤師会 常務理事、
 大分大学医学部付属病院 副病院長 薬剤部教授・薬剤部長)

4. 病院での専門性獲得経緯から考える在宅医療チーム参画への展望

藤井 憲一郎(公益社団法人 熊本県薬剤師会 副会長)

5. 吸入支援からみえる今後の薬剤師像

田中 孝明(公益社団法人 鹿児島県薬剤師会 薬局機能委員会 委員、
 のぞみ薬局 公立病院前店 薬局長)

  シンポジウム5
「臨床検査値を活かした処方鑑査と服薬指導 〜新たなる薬薬連携と薬剤師職能の拡大へ〜」

9月18日(月・祝)9:00~12:00
第1会場(シーガイアコンベンションセンター 4F 天瑞)

座  長
松永 尚(一般社団法人 佐賀県薬剤師会 理事、佐賀県病院薬剤師会 会長)
児玉 裕文(一般社団法人 宮崎県薬剤師会)
基調講演

臨床検査値を活かした処方鑑査と服薬指導

石井 伊都子(千葉大学医学部附属病院薬剤部 薬剤部長)
演  者

1. 院外処方せんへの検査値開示について

西川 裕(一般社団法人 沖縄県薬剤師会 医薬分業対策理事)

2. シームレスな薬薬連携を目指して

関屋 裕史(宮崎大学医学部付属病院薬剤部)

3. 好生館における院外処方せんを用いた情報共有への取り組み

宮原 強(佐賀県医療センター好生館薬剤部 主任薬剤師、佐賀県病院薬剤師会)

4. 長崎県薬剤師会の取り組みと実績をあじさいネットに繋げる

天本 耕一郎(一般社団法人 長崎県薬剤師会疾病対策委員会委員)

  シンポジウム6「調剤報酬をとりまく環境」

9月18日(月・祝)9:00~12:00
第2会場(シーガイアコンベンションセンター 4F 天樹)

座  長
仲真 良重(一般社団法人 沖縄県薬剤師会 医療保険委員会 委員長)
青木 浩朗(一般社団法人 宮崎県薬剤師会 常務理事)
基調講演

調剤報酬をとりまく環境
-見られていますよ!(こんな人たち・その行動が制度を崩壊(変更)させる、かもしれない)-

長谷川 浩一(前社会保険診療報酬支払基金 薬剤専門役
 (医薬品医療機器総合機構 国際業務調整役))
演  者

1. お薬整理そうだんバッグを活用した残薬確認事業

野中 健一郎(一般社団法人 宮崎県薬剤師会 医療保険委員会 委員長)

2. 薬剤師会が発信する薬剤師職能の立証
 ~節薬バッグ運動による薬剤師の見える化事業~

木原 太郎(一般社団法人 福岡市薬剤師会 副会長)

3. レセプトデータを利用した、薬剤師による『多量服薬者訪問相談モデル事業』の結果と今後の展望

木﨑 健五(一般社団法人 長崎県薬剤師会 常務理事)

4. Evidenceから標準医療を知り、医療費削減を考える

木戸 宏幸(Chemist and Pharmacist 代表)

  シンポジウム7「災害時の医療体制における薬剤師の役割 〜災害医療に求められる薬剤師像〜」

9月18日(月・祝)9:00~12:00
第3会場(シーガイアコンベンションセンター 4F 天葉)

座  長
神田 晴生(公益社団法人 熊本県薬剤師会 専務理事)
江藤 憲治(一般社団法人 宮崎県薬剤師会 常務理事)
基調講演

災害医療における多職種連携

落合 秀信(宮崎大学医学部病態解析医学講座 救急・災害医学分野、
 同付属病院 救命救急センター センター長)
演  者

1. 熊本地震における被災地での薬剤師活動

小林 祐司(公益社団法人 熊本県薬剤師会 常務理事)

2. 薬剤師アンテナを高く設置し、現況の最優先課題をクリア―していく
 ~二次災害の予防のための環境改善活動について~

田中 洋介(公益社団法人 福岡県薬剤師会 常務理事)

3. 熊本地震における大分県薬剤師会モバイルファーマシーを活用した災害医療救護活動

伊藤 裕子(公益社団法人 大分県薬剤師会 理事)

4. 自分たちの支援活動をアセスメント

木山 允(一般社団法人 宮崎県薬剤師会)

  シンポジウム8「学校保健を支える薬剤師 ~学校薬剤師の責任と役割を考える~」

9月18日(月・祝)9:00~12:00
第6会場(シーガイアコンベンションセンター 2F ファウンテンルーム)

座  長
七嶋 和孝(一般社団法人 長崎県薬剤師会 常務理事)
黒木 芳弘(一般社団法人 宮崎県薬剤師会 常務理事)
基調講演

学校保健安全法に基づく学校薬剤師の役割

小出 彰宏(文部科学省 初等中等教育局 健康教育・食育課 健康教育調査官)
演  者

1. 「くすり教育」に対する学校薬剤師の役割

宮谷 英記(公益社団法人 福岡県薬剤師会 理事)

2. 「くすり教育」へのサポートを見直す

富永 孝治(公益社団法人 熊本県薬剤師会 常務理事)

3. 学校薬剤師による「くすり教育」の現状
 ~(一社)宮崎市郡薬剤師会のとりくみ~

中森 健太郎(一般社団法人 宮崎市郡薬剤師会)

  シンポジウム9「急げ!改訂モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習」

9月18日(月・祝)9:00~12:00
第7会場(シーガイアコンベンションセンター 2F オーチャードルーム)

座  長
三浦 公則(公益社団法人 福岡県薬剤師会 専務理事)
福森 一真(一般社団法人 宮崎県薬剤師会 常務理事)
基調講演

急げ!改訂モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習

平田 收正(大阪大学大学院薬学研究科・薬学部 教授)
演  者

1. 改訂モデル・コアカリキュラムへのトライアル

宮城 幸枝(一般社団法人 沖縄県薬剤師会 薬学生実務実習受入委員会 副委員長)

2. より参加・体験型への方略の工夫

戸田 康紀(一般社団法人 山口県薬剤師会 理事)

3. 薬局実務実習のサポートと薬局・病院の連携における薬剤師会の役割

秋吉 隆治(一般社団法人 長崎県薬剤師会 専務理事)

4. 平成31年度 改訂モデル・コアカリキュラムに即した実習に向けて

成重 賢司(公益社団法人 福岡県薬剤師会 常務理事)

学生パネルディスカッション

  学生パネルディスカッション「AI(人工知能)と歩む薬学の進展と夢」

9月17日(日)14:30~17:00
第4会場(シーガイアコンベンションセンター 4F アイボリールーム)

座  長
比嘉 遼太郎(九州保健福祉大学)
田代 渉(一般社団法人日本薬学生連盟 2016年度薬学教育委員長)
基調講演

医療・薬学業界で、この2、3年後には活用されていると思われるAI支援システム

木村 隆夫(木村情報技術株式会社 代表取締役)
パネラー

AIが発達した今だからこそ考える生と死

小池 雄悟(一般社団法人日本薬学生連盟 2017年度代表)

AIの進歩、薬剤師の進化

北澤 裕矢(一般社団法人日本薬学生連盟 2016年度会長)

データヘルスとAIの進展への希望

中郡 貴大(一般社団法人日本薬学生連盟)

病院薬局協議会/学術フォーラム

  病院薬局協議会/学術フォーラム

9月17日(日)14:30~17:00
第2会場(シーガイアコンベンションセンター 4F 天樹)

座  長
佐々木 均(長崎大学病院 教授・薬剤部長)
武田 泰生(鹿児島大学病院 教授・薬剤部長)
基調講演

病院薬剤師業務の課題とチャレンジ

木平 健治(一般社団法人日本病院薬剤師会 会長)
宿題委託

地域連携に向けた病院薬剤師の関わりに関するアンケート調査

橋詰 淳哉(長崎県病院薬剤師会、長崎大学病院 薬剤部)
議案報告

病棟薬剤業務の実施状況と課題に関する調査

山田 雅也(大分県病院薬剤師会、大分三愛メディカルセンター)
議案報告

薬剤師の資質向上への取り組みの現状、問題点、今後の展開

山室 蕗子(熊本県病院薬剤師会)