近畿薬剤師合同学術大会2018

  • 大会ポスターダウンロード
  • ポスター・チラシ設置のお申込み
  • スタンプラリーのご案内
大会事務局
一般社団法人京都府薬剤師会
〒605-0863
京都市東山区東大路五条上る梅林町563
運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒604-8162
京都市中京区烏丸通六角下る七観音町634
TEL:075-231-6357 / FAX:075-231-6354
E-mail:kinki_39jshp_20yaku@c-linkage.co.jp

会期:2018年2月3日(土)・4日(日) 会場:国立京都国際会館

プログラム

  • 日程表

ランチョンセミナーの講演内容(演題名・演者等)は順次掲載いたします。

記念講演

人類の進化と健康社会

2月3日(土) 16:20~17:30 第1会場 メインホール

座長
川勝 一雄(一般社団法人京都府薬剤師会)
演者
山極 壽一(京都大学)

特別講演

特別講演1

2月4日(日) 10:40~12:10 第1会場 メインホール

iPS細胞を用いたパーキンソン病治療に向けて

座長
甲斐 絢子(一般社団法人京都府薬剤師会)
演者
高橋  淳(京都大学iPS細胞研究所)

特別講演2

2月4日(日) 13:50~15:20 第1会場 メインホール

ビッグデータ・AIが拓く医療・薬学の可能性

座長
平井みどり(神戸大学)
演者
奥野 恭史(京都大学大学院医学研究科人間健康系科学系専攻ビッグデータ医科学分野)

特別講演3

2月4日(日) 15:30~17:00 第1会場 メインホール

医療イノベーションに貢献する薬剤師への期待

座長
乾  賢一(京都薬科大学)
演者
森  和彦(厚生労働省)

特別企画シンポジウム

特別企画シンポジウム1

2月3日(土) 13:10~15:10 第1会場 メインホール

医療安全シンポジウム

座長
甲斐 絢子(一般社団法人京都府薬剤師会)
中林  保(一般社団法人京都府薬剤師会)
演者
法律からみる医療安全
赤羽根秀宜(中外合同法律事務所)
患者の安全を守る薬剤師になるためには
松村 由美(京都大学医学部附属病院医療安全管理室)
医療安全における薬剤師の役割
土屋 文人(一般社団法人日本病院薬剤師会)
患者の安全な薬物治療のために果たしてほしい役割
山口 育子(認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML)

特別企画シンポジウム2

2月4日(日) 9:00~12:10 第2会場 Room A

テーマセッション1「地域に活きる薬剤師~共に羽ばたこう!未来のステージへ~」

座長
川勝 一雄(一般社団法人京都府薬剤師会)
渡邊 大記(一般社団法人京都府薬剤師会)
演者
超高齢社会における薬剤師の本質的機能
今井 博久(東京大学大学院医学系研究科地域医薬システム学講座)
次世代に確固たる存在価値を示そう
藤田 道男(一般社団法人次世代薬局研究会2025)
地域包括ケアシステムにおける薬局・薬剤師
森  昌平(公益社団法人日本薬剤師会)
患者情報の共有化による医療連携の実践
松原 和夫(一般社団法人日本病院薬剤師会)

テーマセッション

テーマセッション2

2月4日(日) 9:00~10:30 第3会場 Room D

地域に活きる薬剤師 薬局ビジョンに対応する保険薬局のあり方

座長
中林  保(おれんじ薬局)
楠本 正明(京都薬科大学臨床薬学研究センター)
演者
基調講演:薬局ビジョン、薬剤師の果たす役割
赤池 昭紀(和歌山県立医科大学)
パネリスト
赤池 昭紀(和歌山県立医科大学)
堀川 利治(ゆう薬局グループ)
伊藤 鉄也(みやこ薬局北山店)
三谷 卓哉(ミタニ薬局)

テーマセッション3

2月4日(日) 9:00~10:30 第13会場 アネックスホール2

地域に活きる薬剤師 お互いの専門性が見える!多職種参加による「見える事例検討会」

座長
武田紗代子(ゆう薬局グループ)
佐藤加津美(株式会社ここから薬局)
演者
見える事例検討会
八森  淳(つながるクリニック)
見える事例検討会
大友 路子(つながるクリニック)
見える事例検討会
鈴木比有万(医療法人社団エトワール会たんぽぽクリニック)
見える事例検討会
鈴木佳奈子(つながるクリニック/4UrSMILE)

テーマセッション4

2月4日(日) 10:40~12:10 第3会場 Room D

地域に活きる薬剤師 在宅医療の「実践」と「死生観」

座長
小林 篤史(ゆう薬局グループ)
西村  豊(みやこ薬局薬大前店)
演者
在宅医療に関わる薬局薬剤師である私の「経験」と「死生観」
松本 朋子(ネオプラスファーマ株式会社 取締役/大阪大学薬学研究科医療薬学)
医師の訪問診療への薬剤師同行から考えるこれからの在宅医療の薬剤師の可能性と役割
大伴 沙織(ゆう薬局グループ)
調剤薬局の看取りへの取り組みと死生観
宇野 達也(ヤナセ薬局在宅医療部)
地域にいきる
大石 和美(有限会社丸山薬局)

テーマセッション5

2月4日(日) 10:40~12:10 第5会場 Room B-1

地域に活きる薬剤師 健康サポート薬局の現状と課題

座長
近田 厚子(チカタ薬局)
神林 純二(ゆう薬局グループ)
演者
地域に活きる薬剤師 健康サポート薬局の現状と課題
野村 真洋(ゆう薬局グループ)
滋賀県薬剤師会健康サポート機能の見える化推進事業
「まかせてよ!もっと身近に 薬剤師」のめざす道

永井 智宏(一般社団法人滋賀県薬剤師会)
大阪における健康サポート薬局の現状
道明 雅代(一般社団法人大阪府薬剤師会)
健康サポート薬局の現状と課題
後岡 伸爾(一般社団法人奈良県薬剤師会)
地域に活きる薬剤師 健康サポート薬局の現状と課題
田中 千尋(一般社団法人兵庫県薬剤師会)
地域における健康サポート薬局としての活動報告と今後の取組や課題について
森並健二郎(株式会社ファーコスファーコス薬局たくみ)

テーマセッション6

2月4日(日) 13:50~16:00 第3会場 Room D

地域に活きる薬剤師 患者のための入退院連携 ~「薬薬」の課題~

座長
楠本 正明(京都薬科大学臨床薬学研究センター)
友沢 明徳(医療法人同仁会(社団)京都九条病院薬剤部)
演者
診療情報提供書を充実化させる退院時薬剤情報提供書
吉岡 睦展(宝塚市立病院薬剤部)
切れ目のない医療を提供するために薬局薬剤師が行う入院連携
原田 祐希(株式会社中川調剤薬局)
地域包括ケアと薬薬連携
松井 孝安(社会福祉法人恩賜財団済生会奈良病院管理部)
京都府薬剤師会の取り組み~アンケートから見えるもの~
友沢 明徳(医療法人同仁会(社団)京都九条病院薬剤部)

教育講演

教育講演1

2月3日(土) 13:10~15:10 第3会場 Room D

進めよう!地域連携~お互いを知ることから~

座長
谷口 昌彦(医療法人新生会高の原中央病院薬剤科)
演者
平成30年度診療報酬改定の概要 ~薬剤師はいかに評価されるか~
谷澤 正明(一般社団法人日本血液製剤機構)

教育講演2

2月3日(土) 13:10~14:40 第4会場 Room E

肝臓の画像診断とカテーテル治療

座長
富田 国男(大津赤十字病院薬剤部)
演者
村上 卓道(近畿大学医学部附属病院)

教育講演3

2月3日(土) 13:10~14:40 第7会場 Room C-1

ベンゾジアゼピン系薬の整理

座長
三浦 彰久(医療法人栄仁会宇治おうばく病院医療技術室)
演者
伊豫 雅臣(千葉大学大学院医学研究院精神医学)

教育講演4

2月4日(日) 9:00~10:10 第1会場 メインホール

薬剤師の未来に向けて

座長
甲斐 絢子(一般社団法人京都府薬剤師会)
演者
手代木 功(塩野義製薬株式会社)

教育講演5

2月4日(日) 9:00~10:30 第7会場 Room C-1

医薬品情報活動の新しい展開1

座長
和田  淳(京都中部総合医療センター薬剤部)
演者
林  昌洋(国家公務員共済組合連合会虎の門病院薬剤部)

教育講演6

2月4日(日) 9:00~10:30 第8会場 Room C-2

高血圧症、心疾患の薬学的管理

座長
髙山  明(京都薬科大学)
演者
中田 徹男(京都薬科大学病態薬科学系臨床薬理学分野)

教育講演7

2月4日(日) 9:00~10:10 第12会場 アネックスホール1

栄養サポートチームの意義と薬剤師がすべきこと

座長
杉浦 伸一(同志社女子大学薬学部臨床薬学教育研究センター)
演者
佐々木雅也(滋賀医科大学医学部看護学科基礎看護学講座(生化・栄養) /
滋賀医科大学医学部附属病院栄養治療部)

教育講演8

2月4日(日) 10:40~12:10 第4会場 Room E

日本の薬局政策と医療保険財政の方向性

座長
妹尾 波枝(アイン薬局伏見店)
演者
宮田 俊男(医療法人社団DEN / 京都大学産官学連携本部 / 株式会社Medical Compass)

教育講演9

2月4日(日) 10:40~12:10 第6会場 Room B-2

高齢者の身体的特徴と生活習慣病の管理を考える

座長
夏目 君幸(京都逓信病院薬剤部)
演者
荒井 秀典(国立長寿医療研究センター)

教育講演10

2月4日(日) 13:50~15:20 第4会場 Room E

日本緩和医療薬学会:緩和領域

座長
神林 祐子(京都府立医科大学附属病院薬剤部・疼痛緩和医療部)
演者
在宅緩和ケアと地域に活きる薬剤師
小林 篤史(ゆう薬局グループ)
緩和ケアにおける薬剤師の重要な役割ーオピオイド鎮痛薬の正しい使い方を中心にー
細川 豊史(京都府立医科大学疼痛・緩和医療学教室)

教育講演11

2月4日(日) 13:50~15:20 第5会場 Room B-1

薬物療法~ポリファーマシーに薬剤師はどう取り組むべきか~

座長
友金 幹視(京都第二赤十字病院薬剤部)
上田 和正(京都府立医科大学附属病院薬剤部)
演者
上田 剛士(医療法人社団洛和会洛和会丸太町病院救急総合診療科)

教育講演12

2月4日(日) 13:50~15:20 第6会場 Room B-2

CKD~医師の立場から薬剤師に期待すること~

座長
和泉  智(医療法人仁真会白鷺病院医療技術部)
演者
八田  告(医療法人八田内科医院 / 近江八幡市立総合医療センター腎臓センター)

教育講演13

2月4日(日) 15:30~17:00 第2会場 Room A

薬剤師に必要な接遇マナー・医療安全の知識~笑いの力で学習する~

座長
甲斐 絢子(一般社団法人京都府薬剤師会)
演者
Wマコト (株式会社WMcommons)

教育講演14

2月4日(日) 15:30~17:00 第5会場 Room B-1

最新の乳癌治療

座長
四方 敬介(京都府立医科大学附属病院薬剤部)
演者
田口 哲也(京都府立医科大学内分泌・乳腺外科学)

教育講演15

2月4日(日) 15:30~17:00 第6会場 Room B-2

学会発表のHow-to

座長
大林 巧志(京都第一赤十字病院薬剤部)
演者
土生 康司(神戸薬科大学情報支援室)

シンポジウム

シンポジウム1

2月3日(土) 10:00~11:30 第5会場 Room B-1

AMED研究報告

座長
成川  衛(北里大学薬学部医薬開発学)
林  昌洋(国家公務員共済組合連合会虎の門病院薬剤部)
演者
RMPに関するAMED研究の報告(総論)
成川  衛(北里大学薬学部医薬開発学)
抗がん薬のRMPの現状と課題
濱  敏弘((公財)がん研究会有明病院薬剤部)
RMPリスク最小化活動としての患者向け資材はどうあるべきか
-循環器系薬剤を例に-

大野 能之(東京大学医学部附属病院薬剤部)
糖尿病治療薬のRMPの現状と課題
谷藤亜希子(神戸大学医学部附属病院 薬剤部)

シンポジウム2

2月3日(土) 10:00~11:30 第8会場 Room C-2

薬剤師の未来像と医療情報システム

座長
小枝 伸行(八尾市立病院)
岡橋 孝侍(京都第二赤十字病院薬剤部)
演者
FUJITSU Human Centric AI Zinrai
~医療分野・ライフサイエンス分野におけるAI技術活用の取り組み~

丸山 文宏((株)富士通研究所人工知能研究所 / 富士通株式会社AI サービス事業本部)
「医療健康×ICT」
~患者さんの気持ちによりそう医療情報共有システムの構築を目指して~

是川 幸士(日本電信電話株式会社研究企画部門)
調剤機器・システムから見た薬剤師の未来像
森  和明(株式会社ユヤマ営業企画部)
医療情報と薬剤師
池田 和之(奈良県立医科大学附属病院薬剤部)

シンポジウム3

2月3日(土) 13:10~15:10 第5会場 Room B-1

薬剤師が実践する褥瘡治療

座長
南田 祐子(医療法人石鎚会田辺記念病院臨床薬剤部)
生島 繁樹(公益財団法人天理よろづ相談所病院白川分院薬局)
演者
在宅において薬剤師が褥瘡治療に関わることの重要性~在宅褥瘡に係った経験から。
長谷川雅子(株式会社プチファーマシストオレンジ薬局)
薬剤師だからこそできることー褥瘡チームでの模索ー
重森 久恵(医療法人平和会吉田病院薬剤科)
薬剤師の視点に基づくFuruta Methodsは褥瘡治療を変える
古田 勝経(医療法人愛生館小林記念病院褥瘡ケアセンター)

シンポジウム4

2月3日(土) 13:10~15:10 第6会場 Room B-2

薬剤師を取り巻く医療ICTの進展とその対応

座長
渡邊 大記(一般社団法人京都府薬剤師会)
演者
ICT薬剤師・薬局はどう対応すべきか
田尻 泰典(公益社団法人日本薬剤師会)
健康情報活用基盤実証実験について
竹端  裕(公益社団法人日本薬剤師会/ 公益社団法人石川県薬剤師会)
「電子連絡ノート」アプリ開発と多職種連携の推進
小林 篤史(ゆう薬局グループ)

シンポジウム5

2月4日(日) 9:00~10:30 第5会場 Room B-1

住み慣れた地域で暮す 認知症の患者さんを支える

座長
大津山裕美子(医療法人社団洛和会洛和会音羽リハビリテーション病院薬剤部)
金山 美沙 (株式会社メディカル一光フラワー薬局宇治店)
演者
多職種で進める本人・家族・地域支援-10のアイメッセージをかなえるために-
辻  輝之 (辻医院/ 中京区認知症連携の会)
大阿久由夏 (中京区役所保健福祉センター健康長寿推進課)
片岡 礼奈 (ろっかくゆう薬局/ 中京薬剤師会)
橘  宏樹 (高齢サポート本能)

シンポジウム6

2月4日(日) 9:00~10:30 第6会場 Room B-2

病棟薬剤業務(病棟専任薬剤師が貢献する医療の質の向上)

座長
松井 俊典(奈良県立医科大学附属病院薬剤部)
大坪 達弥(京都第二赤十字病院薬剤部)
演者
臨床薬剤業務における薬剤師の活動とエビデンス
上田 和正(京都府立医科大学附属病院薬剤部)
Hybrid Emergency Roomにおける外傷初期診療の薬剤管理の試み
藤江 直輝(大阪急性期・総合医療センター薬局)
循環器疾患の薬物療法を患者と育てる
野﨑  歩(社会福祉法人京都社会事業財団京都桂病院薬剤科)
血液内科領域における取り組み
大坪 達弥(京都第二赤十字病院薬剤部)

シンポジウム7

2月4日(日) 10:40~12:10 第7会場 Room C-1

医薬品情報活動の新しい展開2

座長
四方 敬介(京都府立医科大学附属病院薬剤部)
室井 延之(赤穂市民病院薬剤部)
演者
医薬品情報活動の新しい展開 ~病棟薬剤師が製薬企業に期待すること~
中村 安孝(大阪市立大学医学部附属病院薬剤部)
医薬品情報活動の新しい展開2 ~製薬企業から臨床薬剤師に期待すること~
荒井美由紀(第一三共株式会社)

シンポジウム8

2月4日(日) 10:40~12:10 第8会場 Room C-2

災害・救急医療:何に備える、何を備える、そしてその時薬剤師はどう動く!?

座長
大谷 仁士(神戸赤十字病院薬剤部)
演者
大規模災害時の医療継続のために:救急医療の視点から
山畑 佳篤(京都府立医科大学救急・災害医療システム学教室)
災害時に病院薬剤師が対応すべきこととは
安藤和佳子(神戸赤十字病院薬剤部)
モバイルファーマシーを核にした災害支援活動について
松尾 哲也(一般社団法人和歌山県薬剤師会)

シンポジウム9

2月4日(日) 10:10~12:10 第12会場 アネックスホール1

薬剤師ができる栄養管理~静脈栄養を武器にチーム医療へ参画しよう!

座長
仁丹 裕子(亀岡市立病院薬剤科)
大森 清孝(医療法人社団洛和会洛和会音羽病院薬剤部)
演者
外科系病棟における栄養管理シートを用いた栄養管理
加藤 良隆(京都第二赤十字病院薬剤部 / 同栄養サポートチーム)
バランスのとれた静脈栄養のために、脂肪乳剤を活用しよう
國永 智昭(医療法人同仁会(社団)京都九条病院薬剤部)
静脈栄養の知識を活かした病棟薬剤業務
-入院中に、そして在宅に向けて薬剤師ができること-

長谷川裕矢(松波総合病院薬剤部)

シンポジウム10

2月4日(日) 13:50~15:20 第2会場 Room A

明日から始めよう薬学研究

座長
村木 優一(京都薬科大学臨床薬剤疫学分野)
河上 英治(かわかみ調剤薬局)
演者
ヒヤリ・ハッと・ホッと事例から始まる医療薬学研究、問題点をどう捉え、
どう解決するか?
~薬局薬剤師がもつべき理念と実際例~

澤田 康文(東京大学大学院薬学系研究科)
薬剤師・薬科大学協働によるサステイナブルな研究基盤構築のために
内田 享弘(武庫川女子大学薬学部臨床製剤学講座)
薬局薬剤師が行う質的研究
三木 晶子(株式会社サエラ / 東京大学大学院薬学系研究科育薬学講座)

シンポジウム11

2月4日(日) 13:50~15:50 第7会場 Room C-1

免疫抑制剤のTDMを極める

座長
中川 俊作(京都大学医学部附属病院薬剤部)
演者
より安全かつ有効な免疫抑制剤のTDMを目指して
黒松  誠(公益財団法人天理よろづ相談所病院薬剤部)
シクロスポリンのTDM ~間質性肺炎~
樽野 麻依(公益財団法人天理よろづ相談所病院薬剤部)
母集団薬物動態解析を用いた生体肝移植術後におけるタクロリムス投与個別適正化
都築 徹教(京都大学医学部附属病院薬剤部)
TDMを活用した免疫抑制薬の個別化投与設計
増田 智先(九州大学病院薬剤部)

シンポジウム12

2月4日(日) 13:50~15:20 第8会場 Room C-2

地域で支える糖尿病薬物治療

座長
橋元  誠(三菱京都病院薬剤部)
佐藤 和生(日本バプテスト病院薬剤部)
演者
病院勤務糖尿病専門医のかかりつけ薬局への期待
山﨑 真裕(京都府立医科大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科学)
地域で統一した糖尿病療養指導を目指して~病院薬剤師の立場より~
守谷 顕人(パナソニック健康保険組合松下記念病院薬剤部)
地域で統一した糖尿病療養指導を目指して~保険薬剤師の立場より~
宮西  隆(守口市薬剤師会)

シンポジウム13

2月4日(日) 15:30~17:00 第4会場 Room E

集中医療

座長
野﨑  歩(社会福祉法人京都社会事業財団京都桂病院薬剤科)
田畑 雄一(京都府立医科大学附属病院集中治療部(PICU・ICU)/
京都府立医科大学麻酔科学教室)
演者
集中治療域における薬剤師のこれから
野﨑  歩(社会福祉法人京都社会事業財団京都桂病院薬剤科)
ICUにおいて多職種と協働して医療安全と薬物療法に貢献するためには何が必要か
澤田 真嗣(京都第二赤十字病院薬剤部)
洛和会音羽病院ICU/CCUにおける薬剤師業務の現状報告
岩内 大佑(医療法人社団洛和会洛和会音羽病院薬剤部)
ICU診療において薬剤師に期待すること
橋本  悟(京都府立医科大学附属病院集中治療部)

合同企画

合同企画1

2月3日(土) 10:00~11:30 第9会場 Room I

日本核医学会合同企画:シンポジウム 核医学領域における薬剤師の関わり

座長
中川 貴之(京都大学医学部附属病院薬剤部)
間賀田泰寛(浜松医科大学光尖端医学教育研究センター)
演者
放射線と放射性医薬品の基礎
荒野  泰(千葉大学大学院薬学研究院)
核医学検査と内用療法の臨床
小泉  潔(東京医科大学八王子医療センター放射線科)
放射性医薬品の取扱
藤塚 一行(東京医科大学病院薬剤部)
核医学診療と薬剤師
間賀田泰寛(浜松医科大学光尖端医学教育研究センター)

合同企画2日本注射薬臨床情報学会からのご挨拶

2月4日(日) 13:50~15:20、15:30~17:00 第12会場 アネックスホール1

日本注射薬臨床情報学会合同企画:いまさら聞けない輸液管理の基礎知識

座長
名和 秀起(岡山大学病院薬剤部)
増田 修三(三原市医師会病院薬剤科)
演者
水分・電解質の基礎知識
増田 修三(三原市医師会病院薬剤科)
病態別栄養療法の基礎知識
東 敬一朗(医療法人社団浅ノ川浅ノ川総合病院薬剤部)
酸塩基平衡の基礎知識
杉浦 伸一(同志社女子大学薬学部臨床薬学教育研究センター)
がん患者の栄養療法
中西 弘和(同志社女子大学薬学部臨床薬学教育研究センター)

日本病院薬剤師会専門認定講習1

2月3日(土) 10:00~11:30 第3会場 Room D

がん領域「チームで取り組む抗がん薬曝露対策」

座長
池見 泰明(京都大学医学部附属病院薬剤部)
本多 伸二(京都市立病院薬剤科)
演者
がん薬物療法における曝露対策合同ガイドラインの解説・アップデート情報
中山 季昭(埼玉県立小児医療センター薬剤部)
当院におけるチームで取り組む抗がん薬曝露対策
村地  康(大阪大学医学部附属病院薬剤部)
京都桂病院におけるチームで取り組む抗がん薬曝露対策について
古田祐美子(社会福祉法人京都社会事業財団京都桂病院薬剤科)

日本病院薬剤師会専門認定講習2

2月3日(土) 10:00~11:30 第4会場 Room E

感染制御領域1「症例から学ぶ 感染症診療の基本型」

座長
村田 龍宣(京都市立病院薬剤科)
三浦  誠(医療法人社団洛和会洛和会音羽病院薬剤部)
演者
明日からやれる!感染症治療へ関わるための秘訣
澤田 真嗣(京都第二赤十字病院薬剤部 / 京都第二赤十字病院感染制御部)
症例から学ぶ感染症診療の基本型
神谷  亨(医療法人社団洛和会洛和会音羽病院総合内科・感染症科)

日本病院薬剤師会専門認定講習3

2月3日(土) 10:00~11:30 第6会場 Room B-2

妊婦・授乳婦領域「授乳とくすり」

座長
越智 尚子(京都府立医科大学附属病院薬剤部)
演者
授乳とくすり ~授乳婦の薬物療法をささえるために~
大津 史子(名城大学薬学部医薬品情報学)

日本病院薬剤師会専門認定講習4

2月3日(土) 10:00~11:30 第7会場 Room C-1

精神科領域「精神科チーム医療の中での薬剤師の役割」

座長
辻本千代美(医療法人福知会もみじヶ丘病院薬剤部)
演者
精神科チーム医療の中での薬剤師の役割
福島 泰輔(公益財団法人西熊谷病院薬局)

日本病院薬剤師会専門認定講習5

2月4日(日) 9:00~10:30 第4会場 Room E

感染制御領域2「薬剤耐性(AMR)対策」

座長
黄前 尚樹(医療法人社団洛和会洛和会丸太町病院薬剤部)
演者
AMR対策の客観的指標となる抗菌薬使用量を簡単に算出するプログラムの開発
村木 優一(京都薬科大学臨床薬剤疫学分野)
抗菌薬適正使用のために必要なこと ~ ASTにおける薬剤師の役割を考える~
山本 善裕(富山大学附属病院感染症科)

ワークショップ

ワークショップ1

2月3日(土) 16:00~17:50 第4会場 Room E

ワールドカフェ 進めよう!地域連携 ~お互いを知ることから~

演者
三浦  誠(京都府病院薬剤師会若手病院薬剤師カンファレンス実行委員会)

ワークショップ2

2月4日(日) 13:50~17:00 第13会場 アネックスホール2

吸入実技ワークショップ

演者
喘息・COPDの吸入薬と抗体製剤の使い分け 2018
安場 広高(三菱京都病院呼吸器・アレルギー内科)
※当日の受付はアネックスホール2前にて講演開始30分前に行います。
※当日キャンセル待ちを受付いたします。
アネックスホール2前の受付にお越しください。
キャンセル待ち多数の場合、お席をご準備できないこともございますので、ご了承ください。

日本病院薬剤師会療養病床委員会セミナー

2月3日(土) 13:10~15:10 第8会場 Room C-2

地域包括ケアシステムにおいて医療・介護ニーズに応えるために薬剤師にもとめられること

座長
荒木 隆一(市立敦賀病院薬剤部)
賀勢 泰子(鳴門山上病院)
演者
医療・介護ニーズに対する薬剤師への期待
賀登 浩章(厚生労働省老健局老人保健課)
回復期・慢性期病院における医療・介護連携と薬剤師
古武まゆみ(公益財団法人近江兄弟社ヴォーリズ老健センター)
介護老人保健施設における薬剤師の役割
足岡 秀樹(総合病院松江生協病院薬剤部 / 介護療養型老人保健施設虹薬局)
地域医療・介護連携における保険薬局・薬剤師の役割と取り組みの実際
船戸 一晴(ゆう薬局グループ)
地域包括ケアシステムにおける医療介護連携と薬剤師
荒木 隆一(市立敦賀病院薬剤部)

日本病院薬剤師会中小病院委員会セミナー

2月3日(土) 15:20~17:30 第8会場 Room C-2

中小病院における薬物療法の最適化を目指した病棟薬剤業務の実践

座長
久岡 清子(医療法人育和会育和会記念病院)
友沢 明徳(医療法人同仁会(社団)京都九条病院薬剤部)
演者
慢性期病棟で求められる抗菌薬の適正化
垣内 淑子(医療法人長安会中村病院薬剤部)
ハイケアユニット(高度治療室)においても周術期管理が求められる!
鹿沼 奈央(医療法人育和会育和会記念病院)
腎機能を考慮したプレアボイドの処方提案 -薬剤師一丸で挑む-
浦田 元樹(社会医療法人寿楽会大野記念病院薬剤部)
パネリスト
樋島  学(社会医療法人社団三恩会/ 東名厚木病院薬剤科/
日本病院薬剤師会中小病院委員会)
荒木 隆一(市立敦賀病院薬剤部)

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー1

2月3日(土) 11:50~12:50 第1会場 メインホール

バイオ医薬品とバイオシミラー

座長
林  昌洋(国家公務員共済組合連合会虎の門病院薬剤部)
演者
荒戸 照世(北海道大学病院臨床研究開発センター)
共催
ファイザー株式会社

ランチョンセミナー2

2月3日(土) 11:50~12:50 第3会場 Room D

高齢化社会に挑む心血管治療の進歩 -TAVI・糖尿病薬物コントロールの最新知見-

座長
友金 幹視(京都第二赤十字病院薬剤部)
演者
的場 聖明(京都府立医科大学大学院医学研究科循環器・腎臓内科学)
共催
田辺三菱製薬株式会社

ランチョンセミナー3

2月3日(土) 11:50~12:50 第4会場 Room E

薬剤師に求められる褥瘡治療の重要ポイント―外用剤・創傷被覆材―

座長
南田 祐子(医療法人社団石鎚会田辺記念病院臨床薬剤部)
演者
古田 勝経(医療法人愛生館小林記念病院褥瘡ケアセンター)
共催
ニプロ株式会社

ランチョンセミナー4

2月3日(土) 11:50~12:50 第5会場 Room B-1

臨床薬剤師は何ができるのか

座長
中山 英夫(地方独立行政法人市立大津市民病院医療技術局兼薬剤部兼治験管理センター)
演者
武久 洋三(医療法人平成博愛会博愛記念病院/ 一般社団法人日本慢性期医療協会)
共催
東和薬品株式会社

ランチョンセミナー5

2月3日(土) 11:50~12:50 第6会場 Room B-2

輸液・経腸栄養のリスクマネジメント

座長
四方 敬介(京都府立医科大学附属病院薬剤部)
演者
甲斐 絢子(一般社団法人京都府薬剤師会)
共催
株式会社大塚製薬工場

ランチョンセミナー6

2月3日(土) 11:50~12:50 第7会場 Room C-1

無料のICTツールを使った《院内・MR・卸・保険薬局》との連携

座長
平井みどり(神戸大学医学部附属病院)
演者
ICTツールを使った病棟薬剤師・DI・調剤各チームでの連携
田中 亮裕(愛媛大学医学部附属病院薬剤部)
ICTツールを使ったMR・卸との連携
岡橋 孝侍(京都第二赤十字病院薬剤部)
ICTツールを使った保険薬局・連携病院との連携
小川 充恵(八尾市立病院薬剤部)
共催
Dr.JOY株式会社

ランチョンセミナー7

2月3日(土) 11:50~12:50 第8会場 Room C-2

成人てんかんにおける薬物治療

座長
牧野 雅弘(京都岡本記念病院神経内科)
演者
田中 章浩(京都府立医科大学神経内科)
共催
エーザイ株式会社

ランチョンセミナー8

2月3日(土) 11:50~12:50 第9会場 Room I

フォーミュラリーとチーム医療による薬物治療管理とジェネリック選択

座長
松原 和夫(京都大学医学部附属病院薬剤部)
演者
川上 純一(浜松医科大学医学部附属病院薬剤部)
共催
沢井製薬株式会社

ランチョンセミナー9

2月3日(土) 11:50~12:50 第10会場 Room J

緩下剤としての酸化マグネシウムの位置づけ~そもそも なぜマグネシウムなのか?~

座長
木村  健(兵庫医科大学病院薬剤部)
演者
萱野勇一郎(大阪府済生会中津病院薬剤部)
共催
吉田製薬株式会社

ランチョンセミナー10

2月3日(土) 11:50~12:50 第11会場 Room K

バイオシミラーを適正に使用する為に

座長
小林 勝昭(京都医療センター薬剤部)
演者
佐々木忠徳(昭和大学統括薬剤部)
共催
日本化薬株式会社

ランチョンセミナー11

2月4日(日) 12:30~13:30 第1会場 メインホール

心房細動抗凝固療法における最新の知見とアドヒアランス

座長
甲斐 絢子(一般社団法人京都府薬剤師会)
演者
是恒 之宏(独立行政法人国立病院機構大阪医療センター)
共催
第一三共株式会社

ランチョンセミナー12

2月4日(日) 12:30~13:30 第2会場 Room A

抗血栓療法におけるPPIの使用の現状

座長
津田 正博(京都第一赤十字病院薬剤部)
演者
木下 法之(医療法人財団康生会武田病院循環器センター)
共催
武田薬品工業株式会社

ランチョンセミナー13

2月4日(日) 12:30~13:30 第3会場 Room D

リスクマネージメント:コミュニケーションの視点から考える

座長
但馬 重俊(NTT 西日本大阪病院薬剤部)
演者
松村 由美(京都大学医学部附属病院医療安全管理室)
共催
テルモ株式会社

ランチョンセミナー14

2月4日(日) 12:30~13:30 第4会場 Room E

腎機能低下症例に対する医薬品処方適正化に向けたCKDシールの取り組み

座長
三宅 健文(社会福祉法人京都社会事業財団西陣病院薬剤部)
演者
寺田 智祐(滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部)
共催
中外製薬株式会社

ランチョンセミナー15

2月4日(日) 12:30~13:30 第5会場 Room B-1

アルコール依存症の薬物療法~新しいガイドラインを含めて~

座長
佐藤 晋一(医療法人稲門会いわくら病院診療部)
演者
真栄里 仁(独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター教育情報部)
共催
日本新薬株式会社

ランチョンセミナー16

2月4日(日) 12:30~13:30 第6会場 Room B-2

進化した肝炎~肝硬変治療薬の最前線と服薬指導のポイント

座長
黄前 尚樹(洛和会丸太町病院薬剤部)
演者
丸澤 宏之(京都大学医学部消化器内科)
共催
大日本住友製薬株式会社

ランチョンセミナー17

2月4日(日) 12:30~13:30 第7会場 Room C-1

肝疾患患者へのチーム医療の実践~ファーマシーマネジメントの応用例~

座長
友金 幹視(京都第二赤十字病院薬剤部)
演者
赤瀬 朋秀(日本経済大学大学院)
共催
あすか製薬株式会社

ランチョンセミナー18

2月4日(日) 12:30~13:30 第8会場 Room C-2

入院から外来、地域へとつなぐがん治療 ~薬剤師の専門性と連携を活かして~

座長
阪口 勝彦(一般社団法人和歌山県病院薬剤師会/
日本赤十字社和歌山医療センター薬剤部)
演者
橋田  亨(一般社団法人兵庫県病院薬剤師会/
神戸市立医療センター中央市民病院)
共催
日医工株式会社

ランチョンセミナー19

2月4日(日) 12:30~13:30 第9会場 Room I

透析患者における薬物治療について

座長
三浦  誠(洛和会音羽病院薬剤部)
演者
CKD-MBDの病態と治療戦略
近藤 守寛(洛和会音羽記念病院洛和会京都腎臓病センター)
共催
小野薬品工業株式会社

ランチョンセミナー20

2月4日(日) 12:30~13:30 第10会場 Room J

周術期における血糖管理~薬剤師からの処方提案の重要性~

座長
大津山裕美子(洛和会音羽リハビリテーション病院薬剤部)
演者
土居 健太郎(洛和会音羽病院糖尿病・内分泌・生活習慣病センター)
共催
日本イーライリリー株式会社/日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

ランチョンセミナー21

2月4日(日) 12:30~13:30 第11会場 Room K

バイオシミラーの使用促進と今後の課題

座長
三輪 芳弘(大阪大学医学部附属病院薬剤部)
演者
楠本 正明(京都薬科大学臨床薬学教育研究センター)
共催
あゆみ製薬株式会社

ランチョンセミナー22

2月4日(日) 12:30~13:30 第12会場 アネックスホール1

患者の視点に立った最適な制吐療法とは?

座長
小林 由佳(京都桂病院薬剤科)
演者
村上 通康(松山赤十字病院薬剤部)
共催
大鵬薬品工業株式会社

スイーツセミナー

2月3日(土) 16:20~17:20 第5会場 RoomB-1

双極性障害 -その正しい理解と新たな治療への期待-

座長
天正 雅美(社会医療法人北斗会さわ病院薬局)
演者
坂元  薫(赤坂クリニック坂元薫うつ治療センター)
共催
共和薬品工業株式会社