近畿薬剤師合同学術大会2018

  • 大会ポスターダウンロード
  • ポスター・チラシ設置のお申込み
  • スタンプラリーのご案内
大会事務局
一般社団法人京都府薬剤師会
〒605-0863
京都市東山区東大路五条上る梅林町563
運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒604-8162
京都市中京区烏丸通六角下る七観音町634
TEL:075-231-6357 / FAX:075-231-6354
E-mail:kinki_39jshp_20yaku@c-linkage.co.jp

会期:2018年2月3日(土)・4日(日) 会場:国立京都国際会館

プログラム

日本注射薬臨床情報学会からのご挨拶

この度、2018年2月4日(日)、国立京都国際会館において、近畿薬剤師合同学術大会2018の中で、日本注射薬臨床情報学会合同企画を開催させていただくことになりました。本学会の前身である注射薬配合変化予測研究会は1991年に山形に誕生しました。そして2001年には現在の日本注射薬臨床情報学会に名称を変更し現在に至っております。

本学会は注射薬の配合変化予測のみならず可塑剤の問題、チューブの素材、注射剤への異物混入など、他ではあまり扱われていない問題について先進的に問題提起して解決の方法を提示してまいりました。また、現在では薬剤師にとってなくてはならない業務である抗がん剤の薬剤調製時の防御について啓蒙しております。このように本学会では注射剤に関わる幅広い問題点を、社会貢献を踏まえてディスカッションしてまいりました。これら活動は薬剤師のNST(Nutrition Support Team)、がん化学療法、緩和医療等でのチーム医療における活動においても貴重な情報を扱い、情報提供しております。

注射薬に関する様々な情報を、皆様とともに議論し有意義な企画としたいと考えております。

皆様のご参加を心からお待ちいたしております。

日本注射薬臨床情報学会
会長 千堂 年昭