近畿薬剤師合同学術大会2018

  • 大会ポスターダウンロード
  • ポスター・チラシ設置のお申込み
  • スタンプラリーのご案内
大会事務局
一般社団法人京都府薬剤師会
〒605-0863
京都市東山区東大路五条上る梅林町563
運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒604-8162
京都市中京区烏丸通六角下る七観音町634
TEL:075-231-6357 / FAX:075-231-6354
E-mail:kinki_39jshp_20yaku@c-linkage.co.jp

会期:2018年2月3日(土)・4日(日) 会場:国立京都国際会館

ご挨拶

この度、2018年2月3日(土)、4日(日)の2日間、国立京都国際会館及びグランドプリンスホテル京都において、近畿薬剤師合同学術大会2018を開催させていただくことになりました。

近畿地区の薬剤師による学術大会には、近畿2府4県の病院薬剤師会の協力により毎年開催される日病薬近畿学術大会と、同じく近畿2府4県の薬剤師会の協力により開催される近畿薬剤師学術大会があります。いずれも、日常業務を通じて得た新しい知見や業務改善に関する成果などを発表・討議することにより相互に学術・技術の向上を図り、また一方で地域住民の方々に対し良質で安心・安全な医療を提供するための研鑽を積み薬剤師相互の連携と情報交換の場としての役割を果たしてきました。病院薬剤師会が中心となって開催してきました近畿学術大会では、これまで4,000名を超える参加者があり、また、薬剤師会が中心となって開催してきました近畿薬剤師学術大会も2,000名を超える大会となってきています。

今、我が国の医療は、団塊の世代が新しい定義での高齢者となる2025年に向け大きな変革点に差し掛かっています。医療機関は地域の実情に即した病床の機能分化と連携強化が求められ、地域包括ケアシステムの中で多職種間の連携強化を図っていく必要があります。一方、地域に存在する薬局は、かかりつけ薬局・薬剤師として、調剤を通じて医薬品の供給を担うだけでなく、在宅医療の担い手となるとともに、セルフメディケーションの推進、地域住民の健康相談にも応じる健康サポートの機能が期待されています。そのうえで、地域において医療機関と薬局が連携して、高度急性期医療から急性期、回復期、療養、在宅へと薬物治療を途切れなくつないでいく役割が期待されています。

このような時期に、病院と薬局の薬剤師がそれぞれ別々の学術大会を開催するよりも、ここで一度一緒に開催してはどうかということになり、京都が担当するこの機会に、第39回日本病院薬剤師会近畿学術大会と、第20回近畿薬剤師学術大会を合同とし、ここにメインテーマ、「地域に活きる薬剤師 ~ともに羽ばたこう!未来のステージへ~」とした「近畿薬剤師合同学術大会2018」を開催することといたしました。ここに至るまでご理解とご支援をいただいた近畿ブロックの各薬剤師会・各病院薬剤師会会長の先生方をはじめ関係者の皆様に感謝申し上げます。現在、この学術大会が当初の目的を達成し有意義なものとするために実行委員会を組織して鋭意準備を進めているところです。

開催当日は節分とも重なり、底冷えの厳しい時期ではありますが、多くの皆様にご参加いただくことで、活発な討論、熱い議論が展開されますことを期待しております。

近畿薬剤師合同学術大会2018
大会会長 川勝 一雄
(一般社団法人京都府薬剤師会会長)