プログラム

年会長講演
6月3日(土)9:00-9:30 第1会場(大ホール1/2A)
次代を拓く! 緩和医療薬学の新たな展開
座長  竹内 尚子 (トライアドジャパン株式会社)
演者  宮本 篤 (札幌医科大学附属病院薬剤部)
基調講演
6月3日(土)9:30-10:30 第1会場(大ホール1/2A)
緩和医療に携わる人のための手引き
座長  宮本 篤 (札幌医科大学附属病院薬剤部)
演者  並木 昭義 (小樽市立病院)
特別講演
6月3日(土)10:30-11:30 第1会場(大ホール1/2A)
緩和医療薬のエビデンス:真実はぬりかえられる
座長  宮本 篤 (札幌医科大学附属病院薬剤部)
演者  森田 達也 (聖隷三方原病院 緩和支持治療科)
教育講演
教育講演1
6月3日(土)13:30-14:30 第1会場(大ホール1/2A)
薬剤師が知っておくべき疼痛管理の知識
座長  岡本 禎晃 (市立芦屋病院 薬剤科)
演者  増田 豊 (東京クリニック)
教育講演2
6月3日(土)14:30-15:30 第1会場(大ホール1/2A)
医療職とがん患者とのコミュニケーション ~がんになって見えたこと~
座長  武田 弘志 (国際医療福祉大学薬学部)
演者  西村 元一 (金沢赤十字病院)
教育講演3
6月4日(日)10:00-11:00 第1会場(大ホール1/2A)
アドバンス・ケア・プランニング いのちの終わりについて話しあいをはじめる
座長  鈴木 順子 (北里大学薬学部社会薬学部門)
 演者  木澤 義之 (神戸大学医学部 緩和支持治療科)
教育講演4
6月4日(日)11:00-12:00 第1会場(大ホール1/2A)
緩和医療専門薬剤師制度への取り組み
座長  千堂 年昭 (岡山大学病院薬剤部)
演者  加藤 裕久 (昭和大学 薬学部 薬剤情報学講座 医薬情報学部門)
教育講演5
6月4日(日)14:00-15:00 第1会場(大ホール1/2A)
がん疼痛治療に用いる薬剤の適正使用について
座長  長谷川 祐一 (薬局タローファーマシー)
演者  塩川 満 (聖隷浜松病院 薬剤部)
特別企画
6月4日(日)9:00-10:00 第1会場(大ホール1/2A)
歴代代表理事セッション -日本緩和医療薬学会の過去・現在・未来-
座長  宮本 篤 (札幌医科大学附属病院薬剤部)
演者  鈴木 勉 (星薬科大学)
加賀谷 肇 (明治薬科大学 臨床薬剤学研究室)
シンポジウム
S-1
6月3日(土)9:30-11:30 第3会場(中ホール1/2A)
がん・緩和医療に関わる支持療法の最新エビデンスとそれを創る薬剤師主導臨床研究
オーガナイザー  佐藤 淳也 (静岡県立静岡がんセンター)
座長  工藤 賢三 (岩手医科大学)
山田 清文 (名古屋大学医学部附属病院)
演者  志田 敏宏 (山形大学医学部附属病院 薬剤部)
佐藤 淳也 (静岡県立静岡がんセンター)
石原 正志 (岐阜大学医学部附属病院)
前田 剛司 (春日井市民病院 薬剤部)
宮崎 雅之 (名古屋大学医学部附属病院 薬剤部)
S-2
6月3日(土)9:30-11:30 第4会場(中ホール1/2B)
がんによる自然免疫低下改善のための病態緩和生理学の理解
オーガナイザー  成田 年 (星薬科大学 薬理学教室)
座長  上園 保仁 (国立がん研究センター研究所がん患者病態生理研究分野
 国立がん研究センター中央病院支持療法開発センター)
鳥越 一宏 (星薬科大学 実務教育研究部門)
演者  里見 絵理子 (国立がん研究センター中央病院)
成田 年 (星薬科大学 薬理学教室)
上園 保仁 (国立がん研究センター研究所がん患者病態生理研究分野
 国立がん研究センター中央病院支持療法開発センター)
S-3
6月3日(土)9:30-11:30 第5会場(小ホール)
地域に根差した緩和医療普及のための病院薬剤師と保険薬局薬剤師の医薬品・服薬情報連携
オーガナイザー  宮原 富士子 (NPO法人浅草かんわネットワーク研究会 ケイ薬局
 NPO法人HAP)
座長  金子 健 (慶應義塾大学病院 薬剤部/緩和ケアセンター)
岸田 悦子 (日本医科大学付属病院 薬剤部)
演者  加藤 あゆみ (日本医科大学付属病院 薬剤部)
鷹野 理 (三井記念病院 薬剤部
 緩和ケアチーム・化学療法室・がん診療センター)
宮原 富士子 (NPO法人浅草かんわネットワーク研究会 ケイ薬局
 NPO法人HAP)
松本 佳子 (株式会社 フロンティアファーマシー フロンティア薬局
 浅草橋店)
S-4
6月3日(土)9:30-11:30 第6会場(204会議室)
緩和ケア病棟における薬剤師の役割
オーガナイザー  岡本 禎晃 (市立芦屋病院 薬剤科)
座長  川尻 尚子 (東京歯科大学市川総合病院)
二村 昭彦 (藤田保健衛生大学七栗記念病院 薬剤課)
 演者  笠原 庸子 (県立広島病院 薬剤科)
冨安 志郎 (医療法人光仁会西田病院 麻酔科)
江頭 佐都美 (市立芦谷病院)
中山 智紀 (厚生労働省保険局医療課)
S-5
6月3日(土)13:30-15:30 第2会場(特別会議場)
悪液質のスマートマネジメント ~いきいきと生きる方法を科学する~
オーガナイザー・座長  川村 和美 (シップヘルスケアファーマシー東日本株式会社)
座長  東口 髙志 (藤田保健衛生大学 外科・緩和医療学講座)
演者  大澤 匡弘 (名古屋市立大学大学院薬学研究科)
二村 昭彦 (藤田保健衛生大学 七栗記念病院 薬剤課)
川元 美穂子 (鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 心身内科学分野)
横山 琢磨 (杏林大学医学部付属病院 呼吸器内科)
S-6
6月3日(土)13:30-15:30 第3会場(中ホール1/2A)
青少年に対する医療用麻薬教育認定WGの今後の活動ならびに認定薬剤師の活躍の場について
オーガナイザー  伊勢 雄也 (日本医科大学付属病院 薬剤部)
座長  鈴木 勉 (星薬科大学)
長谷川 祐一 (薬局タローファーマシー)
演者  伊勢 雄也 (日本医科大学付属病院 薬剤部)
吉澤 一巳 (東京理科大学薬学部 疾患薬理学研究室)
木村 雅彦 (あけぼの薬局)
塚本 美穂 (公立学校共済組合 近畿中央病院 薬剤部)
政井 学 (薬局タローファーマシー)
S-7
6月3日(土)13:30-15:30 第4会場(中ホール1/2B)
ポリファーマシーに対して薬剤師は何ができるか? ~明日からできることを考えよう~
オーガナイザー・座長  荒井 幸子 (横浜市立大学附属病院・薬剤部)
  久原 幸 (株式会社ファーマホールディング・事業統括本部)
演者  矢吹 拓 (独立行政法人国立病院機構 栃木医療センター・内科)
板井 進悟 (金沢大学附属病院・薬剤部)
丸一 泰雅 (株式会社ナチュラルライフ 北塚らいふ薬局)
坂本 靖宜 (横浜市立大学附属病院・薬剤部)
S-8
6月3日(土)13:30-15:30 第5会場(小ホール)
がん患者の「生」を見守り、「性」を考える ~充実したサバイバーシップを実現する社会のために~
オーガナイザー・座長  木村 和哲 (名古屋市立大学大学院医学研究科 臨床薬剤学)
座長  川出 義浩 (名古屋市立大学大学院 薬学研究科 病院薬剤学)
座長  若尾 文彦 (国立がん研究センター がん対策情報センター)
演者  若尾 文彦 (国立がん研究センター がん対策情報センター)
渡邊 知映 (上智大学総合人間科学部看護学科)
片岡 智哉 (名古屋市立大学大学院 医学研究科 臨床薬剤学)
川出 義浩 (名古屋市立大学大学院 薬学研究科 病院薬剤学)
牧野 あずみ (愛知県がんセンター 中央病院 薬剤部)
S-9
6月3日(土)13:30-15:30 第6会場(204会議室)
最新! 栄養管理で、食を支援!! 新たな緩和薬物療法の展開
オーガナイザー・座長  脇田 雅子 (ませ調剤薬局)
座長  児玉 佳之 (医療法人社団 佳生会 こだま在宅内科緩和ケアクリニック)
演者  吉田 貞夫 (医療法人真徳会 沖縄メディカル病院 内科)
児玉 佳之 (医療法人社団 佳生会 こだま在宅内科緩和ケアクリニック)
鈴木 慶介 (草加市立病院)
白石 丈也 (有限会社メディックス白石 けや木薬局)
S-10
6月3日(土)15:40-17:40 第1会場(大ホール1/2A)
非がん・高齢者疾患のエンド・オブ・ライフケア
~地域・ACP・チームで語る2025年を見据えた展望と課題~
オーガナイザー・座長  土井 直美 (公立西知多総合病院)
座長  西川 満則 (国立長寿医療研究センター緩和ケア診療部医師)
演者  平原 佐斗司 (梶原診療所)
高梨 早苗 (国立長寿医療研究センター)
菅野 康夫 (国立循環器病研究センター 心臓血管内科)
長江 弘子 (東京女子医科大学 看護学部)
S-11
6月3日(土)15:40-17:40 第2会場(特別会議場)
がん緩和医療における副作用解析の基礎と臨床 ~薬物動態からデータベースの活用まで~
オーガナイザー  加賀谷 肇 (明治薬科大学 臨床薬剤学研究室)
座長  植沢 芳広 (明治薬科大学 臨床薬剤学研究室)
国分 秀也 (東京薬科大学薬学部薬学実務実習教育センター)
演者  国分 秀也 (東京薬科大学薬学部薬学実務実習教育センター)
尾関 あゆみ (国立病院機構 熊本医療センター 薬剤部)
石原 正志 (岐阜大学医学部附属病院)
植沢 芳広 (明治薬科大学・臨床薬剤学研究室)
S-12
6月3日(土)15:40-17:40 第3会場(中ホール1/2A)
今こそ緩和医療専門薬剤師育成を考えよう ~緩和医療薬物療法教育プログラムにみる生きた教育と
                     その重要性第2弾~
オーガナイザー・座長  伊東 俊雅 (東京女子医科大学東医療センター 薬剤部)
座長  金子 健 (慶應義塾大学病院 薬剤部/緩和ケアセンター)
演者  竹迫 秀和 (相良病院)
阿部 和人 (鶴岡市立荘内病院 薬局)
鈴木 宣雄 (大垣市民病院 薬剤部)
熊井 正貴 (北海道大学病院 薬剤部)
今村 牧夫 (倉敷成人病センター)
金子 健 (慶應義塾大学病院 薬剤部/緩和ケアセンター)
S-13
6月3日(土)15:40-17:40 第4会場(中ホール1/2B)
疼痛学、腫瘍学、精神医学の境界型緩和医療を科学的に捉える
オーガナイザー・座長  成田 年 (星薬科大学 薬理学教室)
座長  光永 修一 (国立がん研究センター東病院 肝胆膵内科 国立がんセンター
 先端医療開発センター バイオマーカー探索TR分野)
演者  内富 庸介 (国立がん研究センター)
光永 修一 (国立がん研究センター東病院 肝胆膵内科 国立がんセンター
 先端医療開発センター バイオマーカー探索TR分野)
成田 年 (星薬科大学 薬理学教室)
S-14
6月3日(土)15:40-17:40 第5会場(小ホール)
地域包括ケアシステムの実践と課題
オーガナイザー  日置 隆文 (麻薬生産者協会)
座長  草場 鉄周 (医療法人北海道家庭医療学センター)
演者  佐藤 弘太郎 (北海道家庭医療学センター 本輪西ファミリークリニック)
大杉 直美 (北海道家庭医療学センター 本輪西ファミリークリニック
 看護部)
佐藤 一生 (北海道ファーマライズ株式会社 ひまわり薬局)
S-15
6月3日(土)15:40-17:40 第6会場(204会議室)
緩和ケアにおける臨床診療ガイドライン・EBMを活用した患者ケアの実践
オーガナイザー・座長  伊藤 武志 (関西電力病院 薬剤部)
座長  平井 みどり (神戸大学)
演者  髙垣 伸匡 (千春会病院 内科)
竹内 雅代 (株式会社ファーマシィ 医療連携部)
伊藤 武志 (関西電力病院 薬剤部)
山口 崇 (兵庫県立加古川医療センター 緩和ケア内科)
S-16
6月4日(日)10:00-12:00 第2会場(特別会議場)
がん医療における体内動態を考慮した薬剤投与設計~抗がん薬から症状緩和薬まで~
オーガナイザー・座長  国分 秀也 (東京薬科大学薬学部薬学実務実習教育センター)
  久原 幸 (株式会社ファーマホールディング 事業統括本部)
演者  国分 秀也 (東京薬科大学薬学部薬学実務実習教育センター)
矢野 良一 (福井大学医学部附属病院 薬剤部)
上村 恵一 (市立札幌病院 精神医療センター)
S-17
6月4日(日)10:00-12:00 第3会場(中ホール1/2A)
緩和医療における適応外使用
~自宅で過ごしたい、看取りたい。でも適応外で薬が使えない。どうしよう~
オーガナイザー・座長  里見 眞知子 (医療法人社団慈成会 東旭川病院)
座長  小西 洋子 (京都府立医科大学附属病院 薬剤部)
演者  間宮 敬子 (信州大学医学部附属病院 信州がんセンター緩和部門)
大森 克哉 (札幌医科大学附属病院)
飯田 祥男 (アイエム薬局)
神林 祐子 (京都府立医科大学附属病院薬剤部・疼痛緩和医療部)
S-18
6月4日(日)10:00-12:00 第4会場(中ホール1/2B)
緩和ケア医療の専門家がいない地域や施設の重症・難治患者に最善の薬学的知識を届けよう! 
リモート・アシスタンスと薬薬連携による地域展開の紹介
オーガナイザー・座長  吉本 鉄介 (JCHO中京病院 緩和支持治療科)
座長  塩川 満 (聖隷浜松病院 薬剤部)
演者  吉本 鉄介 (JCHO中京病院 緩和支持治療科)
龍 恵美 (長崎大学病院 薬剤部・緩和ケアチーム)
義永 文一 (鹿児島県立大島病院)
山下 慈 (青森県立中央病院)
S-19
6月4日(日)10:00-12:00 第5会場(小ホール)
分子標的薬の適正使用と遺伝子診断において次世代薬剤師が果たすべき役割
オーガナイザー・座長  徳山 尚吾 (神戸学院大学薬学部臨床薬学研究室)
座長  葛巻 直子 (星薬科大学 薬理学教室)
 演者  山本 和宏 (神戸大学医学部附属病院 薬剤部)
岸本 修一 (神戸学院大学薬学部臨床薬剤学研究室)
葛巻 直子 (星薬科大学 薬理学教室)
井手 聡一郎 (東京都医学総合研究所精神行動医学研究分野)
S-20
6月4日(日)10:00-12:00 第6会場(204会議室)
在宅緩和ケアと薬剤師のあり方 ~診療報酬制度の限界はどこにあるか~
オーガナイザー  二村 昭彦 (藤田保健衛生大学 七栗記念病院 薬剤課)
座長  高橋 眞生 (カネマタ薬局)
轡 基治 (うえまつ調剤薬局)
演者  児玉 佳之 (医療法人社団 佳生会 こだま在宅内科緩和ケアクリニック)
白石 丈也 (有限会社メディックス白石 けや木薬局)
柴田 賢三 (株式会社ヤナセ薬局)
S-21
6月4日(日)14:00-16:00 第2会場(特別会議場)
私が乳がんに!?家庭、仕事はどうすればいい?
「乳がんサバイバーへのエンパワーメント~患者さんの思い、多職種での支援~」
オーガナイザー・座長  里見 眞知子 (医療法人社団慈成会 東旭川病院)
座長  蟹谷 和子 (旭川赤十字病院)
演者  里見 蕗乃 (札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科)
鳴川 啓子
蟹谷 和子 (旭川赤十字病院)
石原 泰子 (公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院
 薬剤部)
S-22
6月4日(日)14:00-16:00 第3会場(中ホール1/2A)
緩和薬物療法認定薬剤師の取得と更新に向けて -症例報告書の書き方と認定試験を中心に-
オーガナイザー・座長  平山 武司 (北里大学病院 薬剤部)
座長  竹内 尚子 (トライアドジャパン株式会社)
千堂 年昭 (岡山大学病院 薬剤部)
 演者  荒井 幸子 (横浜市立大学附属病院 薬剤部)
  平山 武司 (北里大学病院 薬剤部)
鍛治園 誠 (岡山大学病院薬剤部)
S-23
6月4日(日)14:00-16:00 第4会場(中ホール1/2B)
「在宅看取り」を考える ~多死社会を乗り切るために薬剤師が出来ること・するべきこと~
オーガナイザー・座長  坂本 岳志 (あけぼの薬局 在宅支援室)
座長  高橋 眞生 (カネマタ薬局)
演者  大友 宣 (医療法人財団老蘇会 静明館診療所)
建宮 実和 (一般社団法人Bliss 訪問看護ステーション結わい)
豊田 義貞 (株式会社龍生堂本店)
岡野 聡 (日本調剤弘前薬局)
S-24
6月4日(日)14:00-16:00 第5会場(小ホール)
緩和ケアチームの薬剤師は2025年に向かって何をすればよいのか。
オーガナイザー・座長  八本 久仁子 (独立行政法人国立病院機構 浜田医療センター)
演者  形部 文寛 (独立行政法人国立病院機構 東広島医療センター)
林 俊吾 (独立行政法人国立病院機構 柳井医療センター)
金子 健 (慶應義塾大学病院 薬剤部・緩和ケアセンター)
千代延 誠治 (株式会社 神埼薬局)
S-25
6月4日(日)14:00-16:00 第6会場(204会議室)
薬剤学と緩和医療との融合
~Pharmacist-Scientistが実践する緩和医療への薬剤学的アプローチ~(仮)
オーガナイザー・座長  吉澤 一巳 (東京理科大学薬学部 疾患薬理学研究室)
座長  花輪 剛久 (東京理科大学)
演者  河野 弥生 (東京理科大学)
佐藤 光利 (明治薬科大学 薬学部 医薬品安全性学研究室)
渡部 一宏 (昭和薬科大学 臨床薬学教育研究センター 実践薬学部門)
重山 昌人 (横浜薬科大学 臨床薬剤学研究室/実務実習センター)
ワークショップ
WS-1
6月3日(土)9:00-11:30 第9会場(107+108会議室)
医療接遇から患者さんが望む心とからだのケアを考える -ロールプレイを交えて
オーガナイザー  片山 志郎 (日本医科大学付属病院 薬剤部)
平井 みどり (神戸大学医学部附属病院 薬剤部)
井手口 直子 (帝京平成大学 薬学部)
髙瀬 久光 (日本医科大学多摩永山病院 薬剤部)
ファシリテーター  今村 牧夫 (一般財団法人 倉敷成人病センター診療支援部)
内田 まやこ (大阪薬科大学 薬学部)
  柴田 ゆうか (広島大学病院薬剤部)
菅 幸生 (金沢大学医薬保健研究域薬学系)
菅原 英輝 (鹿児島大学病院薬剤部)
  西田 恵美 (福岡大学病院薬剤部)
矢野 琢也 (医療法人 住友別子病院薬剤部)
講師  村上 健 (北里大学医療衛生学部 講師)
井手口 直子 (帝京平成大学 薬学部 教授)
WS-2
6月3日(土)13:30-15:00 第9会場(107+108会議室)
続編「ケミカル・コーピング」
コーディネーター  阿部 泰之 (旭川医科大学病院緩和ケア診療部)
高田 慎也 (北海道がんセンター)
スポンサードワークショップ(共催:協和発酵キリン株式会社)
6月4日(日)9:00-12:00 第9会場(108会議室)
チームで実践するよりよい突出痛治療
-進まないレスキュードーズの自己管理の現状の課題を共有し解決策をみんなで考える-
座長  岡本 禎晃 (市立芦屋病院 薬剤科)
演者  的場 元弘 (日本赤十字社医療センター 緩和ケア科)
佐藤 淳也 (静岡県立静岡がんセンター 薬剤部)
八重樫 学 (十和田市立中央病院 看護局)
髙橋 寛名 (仙台医療センター 看護部)
教育セミナー
6月2日(金)12:00-16:15 第1会場(大ホール1/2A)
12:00-13:00 がん患者の心のケアにおける薬剤師の役割
講師  上村 恵一 (市立札幌病院)
13:00-14:00 がん薬物療法の最近の話題
講師  清水 康 (北海道大学病院 腫瘍内科)
14:00-14:15 休憩
14:15-15:15 泌尿器がんの化学療法
講師  高田 慎也 (国立病院機構北海道がんセンター 薬剤部)
15:15-16:15 多職種の役割と連携
講師  岡本 拓也 (社会医療法人慈恵会 聖ヶ丘サテライトクリニック)
<関連サイト> http://jpps.umin.jp/edu_seminar/seminar1706.html
道民公開講座
6月2日(金)17:00-18:00 札幌医科大学臨床教育研究棟1F 講堂
仏教から見た緩和ケア - 医療チームに参加している僧侶の話 -
座長  宮本 篤 (札幌医科大学附属病院薬剤部)
 演者  長倉 伯博 (浄土真宗本願寺派善福寺住職)
ポスターダウンロード(PDF:225KB)
メディカルセミナー
MS-1
6月3日(土)11:40-13:15 第1会場(大ホール1/2A)
広がるオピオイドの選択肢 ヒドロモルフォンをどう位置付けるか?
座長  後藤 仁和 (市立札幌病院 薬剤部長)
演者  余宮 きのみ (埼玉県立がんセンター)
共催  第一三共株式会社
MS-2
6月3日(土)11:40-13:15 第2会場(特別会議場)
オピオイド誘発性便秘症に対する新規薬naldemedineの使い方
座長  鈴木 勉 (星薬科大学 薬物依存研究室 特任教授・名誉教授)
演者  塩川 満 (総合病院 聖隷浜松病院 薬剤部長)
共催  塩野義製薬株式会社
MS-3
6月3日(土)11:40-13:15 第3会場(中ホール1/2A)
フェンタニルROO製剤の利点と普及の障壁を考える ~アブストラル舌下錠を例に~
座長  遠藤 雅之 (国立病院機構 北海道がんセンター 薬剤部長)
演者  佐藤 淳也 (静岡県立静岡がんセンター 薬剤部)
共催  久光製薬株式会社
協和発酵キリン株式会社
MS-4
6月3日(土)11:40-13:15 第4会場(中ホール1/2B)
身体疾患に併存する不眠の評価と対応について
~薬剤師が知っておきたい、安全性に配慮した向精神薬の選択基準~
座長  片山 志郎 (日本医科大学付属病院)
演者  上村 恵一 (市立札幌病院 精神医療センター)
共催  MSD株式会社
MS-5
6月3日(土)11:40-13:15 第5会場(小ホール)
がん化学療法に伴う有害事象管理 -病院薬剤師が担う役割と現状-
座長  本郷 文教 (医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院 薬剤部長)
演者  早坂 州生 (社会医療法人 恵佑会札幌病院 薬剤科 主任)
共催  株式会社ヤクルト本社
MS-6
6月3日(土)11:40-13:15 第6会場(204会議室)
口腔粘膜炎に対する漢方薬の可能性 ~半夏瀉心湯の基礎研究と臨床的効果~
座長  井関 健 (北海道大学大学院薬学研究院 臨床薬剤学分野 教授
 北海道大学病院 薬剤部 薬剤部長)
演者  細川 亮一 (細川ファミリー歯科クリニック 院長
 東北大学 大学院医学系研究科 放射線腫瘍学分野 非常勤講師)
共催  株式会社ツムラ
MS-7
6月3日(土)11:40-13:15 第7会場(206会議室)
乳がん術後の薬物療法の現状
座長  山田 英俊 (医療法人 渓仁会 札幌西円山病院 薬剤部長)
演者  浅石 和昭 (医療法人社団 札幌ことに乳腺クリニック 理事長)
共催  日本ケミファ株式会社
MS-8
6月3日(土)11:40-13:15 第8会場(207会議室)
金沢マギーから元ちゃんハウスにつながる取り組みとがん患者への食支援
座長  勝見 章男 (愛知県厚生農業協同組合連合会 安城更生病院
 地域連携部長 院長補佐)
演者  櫻井 千佳 (金沢学院短期大学 食物栄養学科 准教授)
共催  東和薬品株式会社
MS-9
6月3日(土)11:40-13:15 第9会場(107+108会議室)
がん患者のQOL向上を実現するコミュニケーション
座長  田﨑 嘉一 (旭川医科大学病院 教授・薬剤部長)
演者  内富 庸介 (国立がん研究センター中央病院 支持療法開発センター長)
共催  持田製薬株式会社
MS-10
6月4日(日)12:10-13:45 第1会場(大ホール1/2A)
進化を続ける鎮痛薬の広域治療スペクトラム:がん支持療法の中核をなす鎮痛薬の分子理解
座長  山本 達郎 (熊本大学 医学部麻酔科学教室)
演者  成田 年 (星薬科大学 薬理学教室)
共催  ヤンセンファーマ株式会社
MS-11
6月4日(日)12:10-13:45 第2会場(特別会議場)
免疫チェックポイント阻害剤の最新知見
座長  山田 清文 (名古屋大学医学部附属病院 薬剤部)
演者  鳥越 俊彦 (札幌医科大学医学部 病理学第一講座)
共催  株式会社小野薬品工業
MS-12
6月4日(日)12:10-13:45 第3会場(中ホール1/2A)
エビデンスに基づく最新の制吐療法
薬剤師による患者催吐因子を考慮した制吐療法提案の試み
座長  濱 敏弘 (がん研有明病院 薬剤部)
演者  沖田 憲司 (札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座)
  益子 寛之 (札幌医科大学附属病院 薬剤部)
共催  大鵬薬品工業株式会社
MS-13
6月4日(日)12:10-13:45 第4会場(中ホール1/2B)
緩和ケアにおける疼痛管理 -二次的疼痛と中心に-
座長  木村 和哲 (名古屋市立大学病院薬剤部)
演者  竹中 元康 (東海大学医学部医学科 専門診療学系 緩和医療学 教授)
共催  田辺三菱製薬株式会社
MS-14
6月4日(日)12:10-13:45 第5会場(小ホール)
がん患者におけるサポーティブ・ケアとしての胃ろう・経腸栄養
座長  工藤 賢三 (岩手医科大学薬学部)
演者  日下部 俊朗 (医療法人 東札幌病院 消化器内科・腫瘍内科・緩和ケア内科)
共催  株式会社大塚製薬工場
MS-15
6月4日(日)12:10-13:45 第6会場(204会議室)
メサドンはなぜ他のオピオイド鎮痛薬で制御できない痛みに有効か?
3年間の自験例からメサドンの使用法を考える
座長  塩川 満 (総合病院 聖隷浜松病院 薬剤部長)
演者  鈴木 勉 (星薬科大学 薬物依存研究室 特任教授・名誉教授)
  小田 浩之 (市立札幌病院 緩和ケア内科)
共催  帝國製薬株式会社
テルモ株式会社
MS-16
6月4日(日)12:10-13:45 第7会場(206会議室)
薬剤師の臨床参画を考える ―薬剤師力を発揮する場面はどこにあるのか―
Patient-Focused Approachの実践からOncologyと緩和ケアの融合まで
座長  山口 正和 (国立がん研究センター東病院 薬剤部長)
演者  齊藤 和人 (総合病院 土浦協同病院 呼吸器内科部長)
  川尻 尚子 (東京歯科大学市川総合病院 薬剤部長)
共催  日本化薬株式会社
MS-17
6月4日(日)12:10-13:45 第8会場(207会議室)
薬剤師の視点におけるがん患者の痛みの評価と鎮痛薬の選択
座長  佐野 元彦 (埼玉医科大学総合医療センター 薬剤部)
演者  岡本 禎晃 (市立芦屋病院 薬剤科)
共催  あゆみ製薬株式会社
MS-18
6月4日(日)12:10-13:45 第9会場(108会議室)
緩和医療における頻用薬を多角的に整理する
座長  白石 正 (山形大学医学部附属病院 薬剤部長・教授)
演者  岩崎 創史 (札幌医科大学 医学部 麻酔科学講座)
共催  日医工株式会社

*座長・演者等は変更になる可能性がありますので、プログラム・要旨集でご確認下さい。
*メディカルセミナーは事前参加登録制とし、後日ホームページ上で参加申込を受付ます。