演題登録

演題募集期間

演題登録を締め切りました。
多数のご応募をありがとうございました

第11回日本緩和医療薬学会年会  優秀発表賞
本年会では、全ての一般演題(口頭・ポスター)の中から優秀発表賞を選出させていただきます。
閉会式において優秀発表賞の受賞式を行いますので、受賞者(当日発表いたします)の方は必ずご出席ください。
一般演題応募概要
■応募資格
  • 筆頭演者は本学会の会員である必要があります。非会員の方は下記より入会手続きを行った後に、演題登録を行っていただきますようお願い致します。なお、入会申請中の方は会員番号を『00000』でご登録下さい。
  • 共同演者の場合は必ずしも学会員である必要はありませんが、発表は筆頭演者(本学会学会員)に限らせていただきます。

<日本緩和医療薬学会入会方法>
一般社団法人 日本緩和医療薬学会事務局:あゆみコーポレーション内
※下記URL内の案内に沿って、入会手続きを行ってください。
http://jpps.umin.jp/join/admission.html

演題登録をされた方は、必ず事前参加登録を行ってください。

■一般演題における倫理的配慮
日本緩和医療薬学会では、論文投稿における倫理的問題に関する指針を定めております。演題登録を行う際は、論文投稿同様、倫理的問題に十分注意して下さい。日本緩和医療薬学雑誌投稿規程につきましては、下記リンク先をご参照ください。

■演題登録手続き
  • 発表形式は「口頭発表」あるいは「ポスター発表」とします。
    ※発表形式に関しましては、ご希望の形式から変更させて頂く場合があります。その他発表形式の調整については、年会プログラム委員会にご一任頂くことをご了承下さい。
  • 筆頭演者として登録する演題数は1人につき1演題とします(複数の演題の共同演者になることは構いません)。なお、採択及び発表日時は年会プログラム委員会にご一任頂くことをご了承下さい。
  • 演題名:全角80字以内
  • 演者名(共同演者を含む最大11名)及び所属機関名(最大6施設)は全角250文字以内
  • 抄録本文は全角800字以内
  • 内容は原則として【目的】、【方法】、【結果】、【考察】の順にまとめてください。症例報告などでは必ずしもこの様式にとらわれる必要はありません。
    ※ご登録頂いた内容(抄録本文含む)は入力頂いた内容にて掲載いたしますので、お間違いの無いようご注意ください。
  • 演題のカテゴリー
A 基礎研究
A-01 鎮痛薬 A-02 その他基礎研究
B 疼痛管理
B-01 アセトアミノフェン B-02 NSAIDs
B-03 トラマドール B-04 コデイン
B-05 ブプレノルフィン B-06 ペンタゾシン
B-07 モルヒネ B-08 オキシコドン
B-09 フェンタニル B-10 メサドン
B-11 タペンタドール B-12 オピオイドスイッチ
B-13 タイトレーション B-14 鎮痛補助薬
B-15 ステロイド B-16 PCAポンプ
B-17 非がん性疼痛 B-18 その他 疼痛管理
B-19 院内製剤  
C 疼痛評価
C-01 疼痛スクリーニング C-02 疼痛評価
C-03 フィジカルアセスメント C-04 QOL評価
C-05 その他 疼痛評価  
D 鎮痛薬の副作用
D-01 悪心・嘔吐(鎮痛薬) D-02 便秘(鎮痛薬)
D-03 傾眠(鎮痛薬) D-04 離脱症状(鎮痛薬)
D-05 その他 副作用(鎮痛薬)  
E がん薬物療法の副作用
E-01 悪心・嘔吐(がん薬物療法) E-02 末梢神経障害(がん薬物療法)
E-03 粘膜障害(がん薬物療法) E-04 骨髄抑制(がん薬物療法)
E-05 皮膚障害(がん薬物療法) E-06 その他 副作用(がん薬物療法)
F がん治療の副作用
F-01 放射線治療の副作用 F-02 手術療法の副作用
F-03 その他 がん治療の副作用  
G がんに関連する症状緩和
G-01 皮膚潰瘍 G-02 口腔トラブル
G-03 粘膜障害 G-04 腹水
G-05 胸水 G-06 消化管閉塞
G-07 悪液質 G-08 精神神経症状
G-09 社会的苦痛 G-10 スピリチュアルペイン
G-11 リンパ浮腫 G-12 骨転移
G-13 脊髄横断麻痺 G-14 QOL
G-15 その他 がんに関連する症状緩和  
H 薬物動態・相互作用
H-01 鎮痛薬の薬物動態 H-02 鎮痛薬の相互作用
H-03 がん薬物療法の体内動態 H-04 がん薬物療法の相互作用
H-05 その他 薬物動態・相互作用  
I 栄養管理
I-01 中心静脈栄養 I-02 末梢輸液
I-03 経腸栄養 I-04 栄養評価
I-05 その他 栄養管理  
J チーム医療
J-01 クリニカルパス J-02 緩和ケアチーム
J-03 管理・運用 J-04 外来患者への介入
J-05 ホスピスケア J-06 CDTM
J-07 地域連携 J-08 在宅医療
J-09 コミュニケーション J-10 アドヒアランス
J-11 自己管理評価 J-12 その他 チーム医療
K 緩和医療薬教育
K-01 医療者教育 K-02 患者教育
K-03 薬学部学生教育 K-04 認定薬剤師
K-05 学校教育 K-06 その他 緩和医療教育
L その他
L-01 医療経済 L-02 後発医薬品
L-03 持参薬 L-04 補完代替医療
L-05 その他