画像をクリックすると
PDFファイルが開きます



ごあいさつ


第60回日本甲状腺学会学術集会
会長 野口 志郎
(医療法人野口記念会野口病院)



 平成29年10月5日(木)から7日(土)、大分県別府市の別府国際コンベンションセンター(ビーコンプラザ)を会場として第60回日本甲状腺学会学術集会を開催いたします。古くから内分泌学が盛んな九州の地で第60回という節目の学術集会を担当させていただくことは大変に名誉なことであり、会員の先生方に心よりお礼を申し上げます。
 今回の学術集会のテーマを「科学的・合理的な医療を支える甲状腺学 ~新たなる飛躍~」といたしました。科学的で合理的な医療の裏側には必ず学問があります。私たちの甲状腺学は良質な医療の礎とならなければなりません。過去60年にわたる本学会の英知の蓄積だけでなく、急速に発展している最新の基礎甲状腺学、臨床甲状腺学のエッセンスを共有し、甲状腺学のさらなる飛躍に繋げたいと思います。甲状腺機能異常や自己免疫性甲状腺疾患だけでなく甲状腺腫瘍についても様々な角度から討議できるような学術プログラムを準備いたします。60回の記念の会として先生方の記憶に永く留めていただける学術集会になることを願います。
 当地は湧出量、源泉の数、泉質の種類とも日本一を誇る別府温泉で有名ですが、豊かな海も山もある風光明媚なところです。学会に続く週末は連休ですので、少し足を延ばして湯布院や久住・阿蘇の観光もお楽しみいただけるでしょう。温泉につかってリフレッシュするのもいいものです。大勢の先生方にお越しいただくことを心から願っております。