第22回日本ワクチン学会学術集会(The 22nd Annual Meeting of the Japanese Society for Vaccinology)

テーマ:― ワクチンの今。そして、未来への出航―

会長挨拶

2018年(平成30年)12月8日(土)、9日(日)の2日間、神戸国際会議場におきまして第22回日本ワクチン学会学術集会を開催させて頂きます。

今回は、港町・神戸での開催ということもあり、学会メインテーマを「―ワクチンの今。そして、未来への出航―」とさせて頂きました。現在のワクチン情勢、解決しなければならない課題とその対策、そして未来へと繋がる新たなワクチン開発などをテーマとしております。

一般口演に多くの演題登録を頂き、心より感謝申し上げます。

皆様の成果が、現在そして未来のワクチン研究の発展に繋がりますよう、活発な議論をお願い申し上げます。

一般口演のほかに、4つのテーマでシンポジウムを開催致します。

「新規ワクチン」、「真のワクチンギャップ解消に向けて」、「水痘・帯状疱疹ワクチン」、「現行インフルエンザワクチンの課題とその解決への展望」と題して、各分野において造詣が深い先生方に最新の話題をお話頂きます。さらに、「組換え生ワクチン実用化への取り組み」と題してミニシンポジウムも行います。

さらに、韓国ワクチン学会理事長による特別講演、そして緊急モーニングセミナーとして、予防接種推進専門協議会と共催で「風しん」を企画しております。また、日本小児科学会専門医の単位が取得できる「感染対策講習会」も予定しております。

本学術集会は、ワクチンに関する基礎研究者、疫学研究者、臨床医、行政担当者、ワクチン製造および開発担当者など産官学からの関係者が一堂に会し、共に議論できる日本国内での唯一無二の場であると認識しております。一方向からではなく多方向から議論することによって、課題の解決や新たな発想を導き出せる貴重な機会であると信じております。是非、異分野間での活発な議論をお願い申し上げます。

そして、この機会に神戸にお越し頂き、学術集会とともに神戸の街や文化を楽しんで頂けましたら幸いです。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

  • 第22回日本ワクチン学会学術集会
  • 会長 森 康子
  • 神戸大学大学院医学研究科附属感染症センター
    臨床ウイルス学分野

学会事務局

  • 神戸大学大学院医学研究科
    附属感染症センター
    臨床ウイルス学分野
  • 〒650-0017
  • 兵庫県神戸市中央区楠町7-5-1

運営事務局

  • 株式会社
    コンベンションリンケージ内
  • 〒531-0072
  • 大阪市北区豊崎3-19-3
    PIAS TOWER 11F
  • TEL:06-6377-2188
  • FAX:06-6377-2075
  • E-mail:jsvac22@c-linkage.co.jp