演題募集

下記の演題区分によって演題を募集いたします。
演題の採択および最終的な演題区分は大会長にご一任ください。
※発表形式は、口演(PCプレゼンテーション)のみとします。

演題募集期間

2018年5月21日(月)~7月20日(金)

7月31日(火)をもって、演題の募集を締め切りました。

演題登録方法

  1. UMINオンライン演題登録システムからの登録となります。
    本システムでは、Internet Explorer、Safari、Firefox、Google Chrome、Microsoft Edge以外のブラウザでは演題登録できません。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。
  2. 暗号通信をご利用ください。
    平文通信では、インターネット上にオンライン演題登録の登録番号とパスワードがそのまま流れます。インターネットでやり取りされる情報は、漏洩のおそれがありますので、暗号通信をご利用ください。なお平文通信は、暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザが古い)に限ってご利用ください。
  3. 登録後は、確認画面から必ず登録内容のご確認をお願いします。
    登録ボタンをクリックすると登録の画面が表示されます。正常に登録が終了しますと、登録番号が自動発行され画面上に表示されます。この登録番号をもって演題応募の受領通知といたします。この登録番号が画面上に表示されない場合は、演題応募はまだ受け付けられていませんのでご注意ください。また応募時に登録されたE-mailアドレスにも登録完了通知が送信されます。(携帯電話のE-mailアドレスは使用しないでください。)応募者自身が間違えて入力した内容につきましては、事務局では責任を負いません。登録ボタンを押す前に、間違いがないかご確認ください。また、登録完了のメールが届いたり、登録完了の画面が表示されたりしたにもかかわらず、稀に登録が完了していないことがございます。登録後は登録番号とパスワードを用いて、正常に登録されているかを確認画面よりご確認ください。
  4. 登録番号とパスワードは必ず控えてください。
    演題応募により登録番号とパスワードが発行されます。この登録番号とパスワードが無ければ、演題の確認・修正・削除はできません。忘れないように自己責任において管理してください。なお、セキュリティーを維持するため、事務局では一切お答えすることができませんのでご注意ください。
  5. 演題の確認・修正・削除が可能です。
    一度登録された演題に修正を加えるときは、「確認・修正」ボタンを使用します。演題登録締め切り前であれば登録番号とパスワードを入力することにより、修正・確認・削除ができます。同一演題で「演題登録」ボタンを使用するのは初回のみで、以降はすべて「確認・修正」ボタンを用いて行います。修正するたびに「演題登録」ボタンを使用すると、同一演題が複数登録されますのでご注意ください。

応募資格

筆頭演者は本学会員に限ります。
筆頭演者で非会員の方は、下記の日本マイクロサージャリー学会事務局へ入会手続をおとりください。

<会員・新入会に関するお問合せ先>
日本マイクロサージャリー学会事務局
〒169-0072 東京都新宿区大久保2-4-12 新宿ラムダックスビル (株)春恒社内
TEL:03-5291-6231(代)/ FAX:03-5291-2176
E-mail:micro@shunkosha.com

発表希望形式と演題区分

  • ※下記は仮の内容のため、変更の可能性がございます。ご了承ください。

シンポジウム・パネルディスカッション(公募・一部演者指定)

シンポジウム・パネルディスカッション分類は以下の通りです。

  1. 小児・高齢者患者へのマイクロサージャリー手術の適応と限界(公募・一部演者指定)
    →「シンポジウム/パネルディスカッションA」をご選択ください。
  2. 四肢重度外傷 Ortho Plastic Surgery How I do it?(公募・一部演者指定)
    →「シンポジウム/パネルディスカッションB」をご選択ください。
  3. Reopeによる皮弁等救済時の工夫 私はいかに救済しているか?(公募)
    →「シンポジウム/パネルディスカッションC」をご選択ください。
  4. 長管骨骨欠損 仮骨延長 vs 血管柄付き骨移植(公募・一部演者指定)
    →「シンポジウム/パネルディスカッションD」をご選択ください。

なお、下記のセッションに関しましては、「演者指定」の内容にて、開催を予定しております。詳細が決定次第、当サイト内にてご案内させていただきます。
座長:上田 晃一 先生(大阪医科大学 形成外科)
座長:櫻井 裕之 先生(東京女子医科大学 形成外科)

Masterに聞く(公募)

今回、新しい試みとして“Masterに聞く”という題でのセッションを行います。
その分野に精通した「Master」の先生方にご講演いただいた後、ご講演のテーマに関連する一般演題5、6題の発表を行います。Masterの先生方にその評価、採点をしていただき、最も点数の高かった演題には、Masterのお名前を冠した賞をお贈りいたします。
「Masterに聞く」の分類は以下の通りです(Masterのお名前の五十音順)。

  1. マイクロサージャリ―を応用した上肢重度損傷治療の回顧
    Master:生田 義和先生(広島手の外科・微小外科研究所)
    →「A Masterに聞く」をご選択ください。
  2. リンパ浮腫
    Master:光嶋 勲先生(広島大学病院 国際リンパ浮腫治療センター)
    →「B Masterに聞く」をご選択ください。
  3. 世界で最初の切断母指再接着
    Master:玉井 進先生(医療法人田北会 田北病院 奈良手の外科研究所)
    →「C Masterに聞く」をご選択ください。
  4. 遊離筋肉移植による四肢機能再建術
    Master:土井 一輝先生(山口県厚生農業協同組合連合会 小郡第一総合病院 整形外科)
    →「D Masterに聞く」をご選択ください。
  5. 下咽頭再建の経験と工夫
    Master:中塚 貴志先生(埼玉医科大学病院 形成外科・美容外科)
    →「E Masterに聞く」をご選択ください。
  6. 遊離筋肉移植による顔面神経麻痺再建の歴史的変遷
    Master:波利井 清紀先生(杏林大学医学部付属病院 形成外科・美容外科)
    →「F Masterに聞く」をご選択ください。
  7. Ultramicrosurgery
    Master:山野 慶樹先生(社会医療法人 清恵会 清恵会病院 整形外科)
    →「G Masterに聞く」をご選択ください。
  8. 腓骨血管系を利用した組織移植
    Master:吉村 光生先生(医療法人 博俊会 春江病院 整形外科センター)
    →「H Masterに聞く」をご選択ください。

一般演題(公募)

一般演題分類は以下の通りです。
プルダウンメニューから一つだけ選択してください。

1 再接着 9 リンパ
2 皮弁 10 血管
3 骨移植 11 腫瘍
4 頭頚部 12 神経
5 躯幹 13 リサーチ
6 乳房 14 私の薦める手術(ビデオ)
7 上肢 15 その他
8 下肢

(注)「14.私の薦める手術(ビデオ)」は、ビデオを用いてご発表いただきます(目安:説明5分程度、ビデオ2~5分程度)。自分が薦める手術で、マイクロサージャリーに関するものであれば、テーマは問いません。本カテゴリをご選択いただいた発表で特に優れたものについては、優秀演題賞を贈呈いたします。

抄録作成要領

抄録は以下の要領にて作成してください。

演題名

全角100文字以内(英語演題名は半角120文字以内)

抄録本文

発表希望形式にかかわらず、全角800文字以内
※図表、ローマ数字、○付き数字、半角カタカナは使用できません。
※【目的】【方法】【結果】【考察】の順に記載してください。

共著者

最大12名まで、所属施設:最大6施設まで

総文字数

著者名・所属・演題名・抄録本文の合計 全角1300文字

採択通知

プログラム確定後、演題採択・発表時間のお知らせは、UMIN受領通知に付記される登録番号をもって、9月上旬~中旬頃に当サイト内「採択一覧」ページにて公開いたします。
なお、演題の採否、発表時間、発表区分・分類等の決定は、大会長にご一任ください。
※今後のプログラムの内容によりまして、発表区分・分類等の変更をお願いする場合がございます。予めご了承くださいませ。

演題登録画面

暗号通信

平文通信 (暗号通信が使えない場合のみ、平文通信をご利用ください)

お問い合わせ先

第45回日本マイクロサージャリー学会学術集会 運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒543-0001 大阪市天王寺区上本町8丁目2-6
TEL:06-6772-6389 FAX:06-6772-7600 E-mail:jsrm45@c-linkage.co.jp