準備委員会事務所

日本歯科大学 生命歯学部
歯周病学講座
〒102-8159
東京都千代田区富士見1-9-20

お問合わせ

第58回 春季日本歯周病学会学術大会 運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒102-0075
東京都千代田区三番町2 三番町KSビル
TEL 03-3263-8688
FAX 03-3263-8693
E-mail jsps58@c-linkage.co.jp

当日のお問合せ

大会本部
(幕張メッセ国際会議場 202)
TEL:043-296-0001 (代)
E-mail:jsps58@c-linkage.co.jp

発表者の皆様へ

一般演題(口演)発表者へのご案内

  • 1演題につき発表時間:8分、質疑応答:2分の合計10分です。
  • 講演は全てPC (Windows Microsoft PowerPoint 2003以降のバージョン) による発表とさせていただきます。
    Macintoshご使用の場合は、ご自身でPCをお持ちください。
    プロジェクター (スクリーン) での発表のみとなります。その他DVD、スライド等の機材はございません。
    解像度はXGA (1024×768) まで対応可能です。
  • 文字化けを防ぐため下記フォントを使用し、データの作成を行ってください。
    日本語フォント… MSゴシック、MSPゴシック、MS明朝、MSP明朝
    英語フォント… Arial、Arial Black、Arial Narrow、Century、Century Gothic、Times New Roman
  • データファイル名は「演題番号」「氏名」の順番で付けてください。
    【例】O-01歯周太郎
  • データをお持込み頂く場合、USBフラッシュメモリまたはCD-Rにて、発表の30分前までにPC受付までご持参ください。また、メディア内はできる限り発表データのみとしていただき、他の発表者への影響を及ぼす可能性もございますので、必ず事前にウイルスチェックをお願いいたします。
  • 直接PCをお持込み頂く場合も同様に30分前までにPC受付にて試写を行い、発表時には会場内前方のPCデスクへご持参ください。
  • 会場で用意するPCケーブルのコネクタは、miniD-sub15ピンです。その他のコネクタを必要とする場合は必ずご持参ください。また、ACアダプターも各自でご準備ください。
  • PC受付でのデータ修正はできませんのでご了承ください。
  • 動画や音声データはご使用いただけません。
  • お預かりしたデータは、大会終了後、事務局にて消去いたします。

ポスター発表者へのご案内

ポスター貼付・発表・撤去時間
  一般ポスター 歯科衛生士ポスター 臨床ポスター
貼付 5/15 8:30-10:00 5/16 8:30-10:00 5/16 8:30-10:00
発表 5/15 16:40-17:30 5/16 16:10-17:00 5/16 16:10-17:00
撤去 5/15 17:30-18:00 5/16 17:00-17:30 5/16 17:00-17:30

一般演題ポスター発表

一般演題ポスター(図)
  1. ポスターパネルのサイズは、高さ210cm×幅90cmとします。
    上部の演題用スペースは縦20cm×横70cmとします。演題番号用スペースは、パネル上部の左側20cm×20cmとし、運営事務局が演題番号を掲示します。ポスターは示説用スペース内に収まるように作成してください。なお、演題の文字は縦2cm×横2cm以上とします。
  2. 演題番号の右側のスペースに、演題名、所属、発表者および共同著者名を表示し、発表者名の前に○をつけてください。
  3. ポスターには、研究目的、材料および方法、結果、考察、結論、参考文献などの項目を記載してください。それらは簡潔な文章とし、図や表などは分かりやすいように大きく表示してください。
  4. ポスター討論の時間は50分程度を予定しております。発表者は運営事務局で用意したリボンを着用して、10分前までに、ポスターの前で待機し、説明および質疑応答を行ってください。
  5. ポスターは、発表日の8:30~10:00に掲示してください。
  6. ポスター用紙を留めるピンは、運営事務局にて準備いたします。
  7. ポスター発表は、座長なしの自由討論形式とさせていただきます。

臨床 (認定医・専門医) ポスター発表、
歯科衛生士症例ポスター発表

臨床(認定医・専門医)ポスター、歯科衛生士症例ポスター(図)
  1. ポスターパネルのサイズは、高さ210cm×幅90cmとします。
  2. 演題番号用スペースは、パネル上部の左側20cm×20cmとし、運営事務局が演題番号を用意します。
  3. 演題番号の右側のスペースに、演題名、所属機関名または歯科医院名、筆頭発表者および共同発表者名を表示し右側に筆頭演者の顔写真を掲示してください。なお、演題の文字は縦2cm×横2cm以上としてください。
  4. ポスターは示説用スペース内に収まるように作製してください。
  5. ポスターには、1. はじめに、2. 初診、3. 検査所見、4. 診断、5. 治療計画、6. 治療経過、7. 考察、8. まとめ、9. 参考文献の項目を記載してください。それらは簡潔な説明とし、また写真、図、表などは、分かりやすいように大きく表示してください。
  6. 発表演題が症例発表の場合は、①事前に患者の同意を得ていること、②使用した薬物・材料は厚生労働省の認可済みであることを演題番号の下部分に明記してださい。発表演題が臨床研究の場合は、所属機関委員会の承認を得ていることを演題番号の下部分に明記してください。
  7. ポスター討論の時間は50分間程度を予定しております。10分前までに、発表者は運営事務局で用意したリボンをつけてポスターの前で待機し、説明および質疑応答を行ってください。
  8. ポスターは、発表日の8:30∼10:00に掲示してください。
  9. ポスター用紙を留めるピンは、運営事務局にて準備いたします。
  10. 筆頭発表者の変更は認めません。筆頭発表者が発表できなくなった場合は、速やかに運営事務局に連絡してください。演題は、抄録集作成の進捗状況によって登録抹消あるいは取り下げとなります。
臨床 (認定医・専門医) ポスター発表は、認定医・専門医優秀ポスター賞の選考対象となります。受賞発表は、次回学術大会 (第58回秋季学術大会) にて表彰および受賞ポスターの掲示を行います。受賞者には後日、通知させていただきますので、発表された臨床ポスターの保管にご協力ください。

pagetop