第61回日本形成外科学会総会・学術集会

演題募集

演題募集期間

  • 2017年9月25日(月)~ 10月27日(金)

演題募集方法

  • インターネットによるオンライン登録のみです。

応募資格

  • 発表者(筆頭著者)は原則として日本形成外科学会会員に限ります。
  • 非会員の方はあらかじめ入会手続きをおこなってください。
  • 過去に同一内容の学会発表を行った演題は採用しません。
  • 1例報告は特に重要な内容のものに限ります。

【新入会に関するお問い合わせ先】

一般社団法人日本形成外科学会事務局
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目4番地12号 新宿ラムダックスビル9階
TEL:03-5287-6773 FAX:03-5291-2176

発表形式

  • PCを使用した口演発表、またはポスター発表とします。応募状況により、昨年同様電子ポスターとしての採用も検討しております。電子ポスターに採用された場合は、事前参加登録と会期約1ヶ月前の発表データ提出をお願いいたします。
  • また、シンポジウム・パネルディスカッション応募者で不採用時に一般演題へ移行を希望される場合は、発表形式(第2希望)で一般演題を選択してください。
  • 尚、演題の採否及び発表形式については会長にご一任ください。

分類項目

シンポジウム(公募、一部指定)

(1)「機能と整容のリカバリー」

  • ①喉頭温存、舌全摘・亜全摘症例に対する構音・嚥下機能のリカバリー
  • ②手の重度損傷に対する機能と整容のリカバリー
  • ③先天性眼瞼下垂の開瞼・閉瞼機能と整容のリカバリー
  • ④成人の口唇裂術後変形に対する整容のリカバリー
  • ⑤瘢痕、ケロイドに対する整容のリカバリー
  • ⑥人工神経を用いた感覚or運動機能のリカバリー
  • ⑦顔面の老化に対する整容のリカバリー(観血or非観血)
  • ⑧肥満からのリカバリー(diet, 運動,機器,脂肪吸引,abdominoplasty他)
  • ⑨重症虚血肢に対する血流とQOLのリカバリー

(2)「他科合併症のリカバリー」

  • ①膿胸・肺瘻・気管支瘻に対するリカバリー
  • ②脳外科術後に生じた硬膜外膿瘍および頭蓋骨欠損に対するリカバリー
  • ③術後または外傷後の四肢骨髄炎に対するリカバリー
  • ④心臓血管術後縦隔洞炎に対するリカバリー
  • ⑤腹壁創離開・感染・ヘルニアに対するリカバリー
  • ⑥婦人科系疾患・乳がん術後の上下肢リンパ浮腫に対するリカバリー

(3)「トピックス」

  • ①脂肪注入術における脂肪細胞の生着率を上げるには?
  • ②PAT(perifascial areolar tissue)移植の生着率を上げるには?
  • ③感染とNPWT (negative pressure wound therapy):持続洗浄,間欠洗浄or ?
  • ④再生医療の現況と将来性

パネルディスカッション「術後のリカバリー」(公募、一部指定)

  • トラブルや不満足な結果に対するリカバリーについてのご発表をお願いします。

(1)発表形式

  • ①生じたトラブルや不満足な結果の提示。(可能なら発生頻度は? )
  • ②どのような方法で対処(リカバリー)したか?そして実際にリカバリーできたか。(可能ならその確率は?)
  • ③トラブルの原因と予防法もしくは解決策など

(2)項目

  • ①再建術後の口腔または咽頭皮膚瘻のリカバリー
  • ②遊離空腸全壊死後のリカバリー
  • ③小耳症耳介再建術後のトラブルまたは不満足な結果(皮弁血行不良、感染、肋軟骨露出、輪郭不鮮明、形態不良、位置異常など)に対するリカバリー
  • ④後天性眼瞼下垂術後のトラブルまたは不満足な結果に対するリカバリー
  • ⑤インプラントによる乳房再建のトラブルもしくは不満足な結果に対するリカバリー
  • ⑥注入療法後(脂肪、フィラー、PRP他)のトラブルもしくは不満足な結果に対するリカバリー

一般演題(公募)

  • ※ 一般演題は、カテゴリー選択と併せてキーワードを3つご入力ください。
  • 一般演題【口演】
  • 一般演題【ポスター】

●カテゴリー

1 口唇裂・口蓋裂
2
3
4 眼瞼
5 クラニオ
6 顎顔面(外傷含む)
7 頭頸部再建
8 乳房
9 躯幹・外陰部
10 手・足(先天性)
11 手(外傷、その他)
12 下腿・足(外傷、その他)
13 腫瘍
14 母斑
15 血管腫・血管奇形
16 顔面神経
17 褥瘡
18 下肢難治性潰瘍
19 その他の難治性潰瘍
20 リンパ浮腫
21 熱傷
22 ケロイド・瘢痕
23 局所皮弁
24 穿通枝皮弁
25 皮弁(その他)
26 マイクロサージャリー
27 レーザー
28 美容(非手術・抗加齢医療)
29 美容(手術)
30 NPWT・創傷管理
31 アイデア・新素材・3Dモデル
32 その他

抄録作成に際しての注意

  • 抄録は下記の要領にて作成してください。
演題名 全角50字以内
演者名 共同演者を含め8名以内
所属 5施設以内
抄録本文
  • 800字以内(図表、ローマ数字、○付き数字、半角カタカナは使用できません)
  • 一般演題は【目的】【方法】【結果】【考察】の順に明記してください。

演題の受領通知

  • オンライン登録完了後、ご登録E-mailアドレスに確認メールが配信されます。
  • この確認メールをもって演題受領通知といたします。セキュリティ保護のため、事後のパスワードと登録番号のお問合せはご遠慮ください。発行された登録番号とパスワードは必ず控えをお取りください。

演題採択通知

  • 採否通知は、2018年1月頃に演題登録の際に入力された筆頭演者のE-mail宛にお知らせします。
  • E-mailアドレスは正確に入力をお願いいたします。

演題登録

〔暗号通信〕

〔平文通信〕

演題募集に関するお問い合わせ

【運営事務局】

株式会社コンベンションリンケージ福岡支社
〒812-0016 福岡市博多区博多駅南1-3-6 第三博多偕成ビル
TEL:092-437-4188 FAX:092-437-4182
E-mail:jsprs61@c-linkage.co.jp
Copyright © The 61st Annual Meeting of the Japan Society of Plastic Surgery. All Rights Reserved.