市民公開講座

テーマ


画像クリックで大きく表示

こころとからだの意外な関係?
~パラリンピックメダリスト、整形外科の名医、
 地域実践が豊富な理学療法士が語る、健康づくりの秘訣!~
日時
2017年6月17日(土)13:00~15:00
※12:30 受付開始
会場

北海道医療大学サテライトキャンパス
住所:札幌市中央区北4条西5丁目
   アスティ45 12階
TEL:0133-23-1129

<アクセス>
JR札幌駅南口出口より西の方角に向かって
徒歩5分
地下鉄さっぽろ駅より徒歩3分
参加費
無料(定員100名、予約不要)
プログラム・講師紹介
[プログラム1]
13:10~13:40
「パラリンピックメダリスト ~心の戦い~」

永瀬 充 氏 (アイススレッジホッケー日本代表)

北海道新聞パラスポーツアドバイザーとして活動するとともに、パラリンピックアスリートによる選手会・日本パラリンピアンズ協会の理事を務め、地元旭川・北海道で障害者スポーツの普及活動や講演活動を積極的に行なっている。障害があってもなくても一緒にスポーツを楽しめる地域づくりを目指し奮闘中。

[プログラム2]
13:45~14:15
「腰痛、肩こり、関節痛を治すために自分でできること」

谷川浩隆 氏 (谷川整形外科クリニック院長)

信州大学医学部卒、医学博士、整形外科専門医。腰痛や肩こり、関節痛などの痛みと、こころの関係を解きあかし心療整形外科をはじめて提唱する。
信州大学臨床教授、安曇総合病院副院長を経て、現在、長野県松本市で谷川整形外科クリニックを開業。近著は「腰痛をこころで治す心療整形外科のすすめ」(PHPサイエンス・ワールド新書)。

[プログラム3]
14:20~14:50
「わかってはいるけど続けられない!? ~運動や体操を習慣化するためのコツ~」

鈴木英樹 氏 (北海道医療大学リハビリテーション科学部 教授)

理学療法士。北海道上川郡風連町(現・名寄市)出身。理学療法士の養成校を卒業後、大学病院や行政機関に勤務したのち、北のくらしと地域ケア研究所設立。
2012年から北海道医療大学に勤務。専門は、地域リハビリテーション、介護予防。