COIに関する提示

利益相反(Conflict of Interest: COI)について

学会員、非学会員の別を問わず、すべてのセッションのご発表時に開示が必要になります。下記いずれかの規定のCOIスライド(またはポスター)を提示してください。発表時に口頭での説明は不要です。すべての筆頭発表者は利益相反状態について、発表スライドの1枚目または2枚目(タイトルスライドの前または後)に、下記のいずれか該当する開示をしてください。

指定演題、一般演題(口演)、自主シンポジウム、
および共催セミナーでの発表者の方

一般演題(ポスター)での発表者の方

■申告すべきCOI状態がない場合:
ポスターの末尾に「演題発表に関連し、開示すべきCOI関係にある企業などはありません。」と記載してください。

■申告すべきCOI状態がある場合:
ポスター掲示部分の末尾に、下記にある①~⑨までの項目を開示してください。

(例)
演題発表に関連し、開示すべきCOI関係にある企業などとして、
① 顧問: なし
② 株保有・利益: なし
③ 特許使用料: なし
④ 講演料: なし
⑤ 原稿料: なし
⑥ 受託研究・共同研究費: ○○製薬
⑦ 奨学寄付金: ○○製薬
⑧ 寄附講座所属: ○○製薬
⑨ 贈答品などの報酬: なし
自己申告が必要な事項と基準額について
(一般社団法人日本心身医学会「医学研究の利益相反(COI)に関する指針」の細則)第8条より抜粋
詳細はこちら
  • 役員、顧問職報酬 :年間100万円以上
  • 保有株式による利益(配当、売却益の総額):100万円以上あるいは当額全株式保有率:5%以上
  • 特許権使用料:年間100万円以上
  • 会議の出席(発表)に対する日当(講演料など):年間合計50万円以上
  • 原稿料:年間合計50万円以上
  • 研究費(受託研究費、共同研究費など):年間200万円以上
  • 奨学(奨励)寄付金:年間総額200万円以上(申告者個人または申告者が所属する部門(講座・分野)あるいは研究室の代表者に支払われた場合を含む)
  • 企業・組織や団体が提供する寄付講座に申告者らが所属している場合
  • その他、研究とは直接無関係な旅行、贈答品などの提供:年間総額5万円以上
ただし、6、7については、筆頭発表者個人か、筆頭発表者が所属する部門(講座、分野)あるいは研究室などへの研究成果の発表に関連し、開示すべきCOI関係にある企業や団体などから研究経費、奨学寄付金などの提供があった場合に申告する必要がある

COI状態にあって申告が必要な場合、お手数ですが上記の申告書(様式3)を運営事務局までお送りください。

< COI申告書(様式3)送付先 >
第58回 日本心身医学会総会ならびに学術講演会 運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒006-0002 札幌市中央区北2条西4丁目1 北海道ビル4F
TEL:011-272-2151 FAX:011-272-2152
Email:jspm58@c-linkage.co.jp