今後の開催予定

会長挨拶

檜山 英三

第61回 日本小児血液・がん学会学術集会
会長檜山 英三
(広島大学病院 小児外科(旧外科学第一))

令和元年11月14日(木)~16日(土)に第61回日本小児血液・がん学会学術集会を広島の地で開催させていただきます。

広島の地であることもあり、『Peace for everyone、すべてもこどもに笑顔を』をテーマとさせていただきました。「日本小児血液・がん学会」も二学会が合併し、さらに「日本小児がん看護学会」「がんのこどもを守る会」との合同開催も通年の形で開催されるようになり、学術集会としての意義も『こどもの笑顔に向かって』という原点を見失うことなく、先に進んでいくことを考えています。

また、今年度からはプログラム委員会も刷新され、令和元年の記念すべき学会として位置付けます。まず、学術的には令和2年から3年に向かってシークエンシャルなテーマを掲げて論議することも検討し、一方では、開かれた学術集会を目指して、患者、経験者、家族、さらに支援していただける方が積極的に参加できる学会を企画したいと考えています。

まだプログラム委員会で詳細を決定していただいていない状況ですが、海外招聘演者は、基礎的な最新研究とともにグローバルな共同研究に向けてのトピックスやゲノム医療、生殖医療に関するシンポジウムを企画しています。一方で、患者家族や小児血液疾患や小児がんの支援していただける方に開かれた学会として、医療関係者のみならず、広い範囲で討論できる場を提供することに取り組みたいと思っています。さらに、AYA(思春期若年成人)がんへの取組も求められているところであり、成人がんや希少がん領域の学会や専門家を交えた合同シンポジウムや教育講演を企画することを考えています。

イベントにおいては、大きなイベントはできずとも、心からのおもてなしと参加される皆様に楽しんでいただける企画を考えたいと思っています。既に決定しているイベントの中には、地域支援ということで多大なるご支援をいただいている広島東洋カープの球団本拠地である「MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島」見学等もあり、他にも広島の地を楽しんでいただける企画を検討中です。

昨年の第60回までに学術集会から多くを学ばせていただきましたが、第61回も何とか成功裏に進め、第62回に引き継げる学術集会といたしたく、末筆ながら会員一同の絶大なるご支援をお願いいたします。

演題募集は、令和元年5月7日(火)から6月13日(木)を予定しています。順次、以下のサイトから、情報を順次アップします。
http://www.c-linkage.co.jp/jspho2019/

皆様のご協力とともに、1名でも多くのご参加を是非お願いいたします。

また、患者、家族、支援者が多く、安心して参加していただけるため、事前参加登録をお願いしています。登録サイトも5月から8月の間に行いますので、ご希望の方は振るってご参加ください。


祖父江 育子

第17回 日本小児がん看護学会学術集会
会長祖父江 育子
(広島大学大学院 小児看護開発学)

このたび第17回日本小児がん看護学会学術集会を、日本小児血液・がん学会、がんの子どもを守る会とともに、広島コンベンションホール/広島県医師会館にて、2019年11 月14 日(木)~11 月16 日(土)の3日間開催させて頂きます。上別府圭子日本小児がん看護学会理事長はじめ理事の皆様のご支援を得て、檜山英三会長、山下公輔理事長、学会事務局の皆様方と、現在準備を進めております。

今回の学術集会のテーマは「ライフスパンで支える子どもたちの夢・希望・平和」といたしました。医療の進歩により、小児がんの治療成績は著しく向上しています。長期フォローアップは、思春期と若年成人世代(adolescents and young adults:AYA世代)から壮年期、さらには老年期を眺望し、それぞれのライフステージの健康課題の解決とQOLの向上をめざしています。また、多くの方々の努力のもとに、小児がんの子どもや家族が安心して療養の時間と場所を選べるよう、在宅医療、訪問看護、ホスピスなどが、施策の充実とともに拡大しつつあります。なかでも、エンドオブライフケアは、多くの施設と職種の長期にわたる連携・協働がますます必要になってきています。そこで、AYA世代、エンドオブライフケアに共通する看護の取り組みとして、生から死までの時間、「ライフスパン」に着目し、子どもと家族の夢・希望・平和をかなえるケアとして、テーマを決定いたしました。

今回の学術集会では、シンポジウム「治療後の課題 -均てん化と格差-」を企画中です。参加者の皆様とともに、先進医療への公的補助など、小児がんの支援が抱える地域格差や経済格差の問題を考えたいと思います。また、シンポジウムとして、「エンドオブライフケアのチームアプローチ」を検討しています。夢と希望をもって生きられるよう、そして、その終末が平和のなかにあるように、チームアプローチの大切さを、参加者の皆様と共有したいと考えております。日本小児がん看護学会の各種委員会による企画も進められる予定です。

広島は、穏やかな瀬戸内海に面した風光明媚な地ですが、大きな人災を被った地でもあります。合同学術集会のテーマ「Peace for Everyone すべての子どもに笑顔を」を念願し、復興と再生を果たした地、広島で、多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。


山下 公輔

公益財団法人 がんの子どもを守る会
理事長山下 公輔

長年に亘って、「日本小児血液・がん学会学術集会」並びに「日本小児がん看護学会学術集会」と共に開催させていただいております、公益財団法人 がんの子どもを守る会公開シンポジウムを2019年も第24回として、11月16日(土)に広島市にて開催致します。

現時点では未だ、テーマ等の詳細は未定ですが、両学会学術集会のテーマである「Peace for everyone、すべてのこどもに笑顔を」と「ライフスパンで支える子どもたちの夢・希望・平和」を意識しながら、小児がんの家族と経験者の視点で皆様と共有できる有意義なシンポジウムとしたいと考えております。

私たちがんの子どもを守る会は、長年に亘り医師、看護師をはじめ多くの医療専門職の皆様と手を携えて小児がん克服に取り組む活動を続けて参りました。その中でも本公開シンポジウムを含めた学術集会の場での催しは、医療界との共生の象徴とも位置づけられるものであり、当会の重要な事業活動の一つとなっております。

公開シンポジウムの他にも、例年学術集会の期間中に開催しております、絵画展、チャリティーイベントその他の催し物も、両学会のご支援をいただきながら開催する予定でおります。公開シンポジウムと併せて、多くの皆様のご参加をお待ちしておいります。

がんの子どもを守る会は、昨年設立50年を迎えました。平和の象徴である広島市で開催される2019年の公開シンポジウム他のプログラムを、私たちの過去50年に亘る取り組みを更に一歩前進させるようなものとしたいと考えております。そのためには、これまでにも増しての両学会関係者をはじめとする多くの皆様のご支援、ご協力が欠かせません。この場を借りて御礼を申し上げると共に、皆様の公開シンポジウム他のプログラムへのご参加をお待ちしております。

第61回 日本小児血液・がん学会学術集会 / 第17回 日本小児がん看護学会学術集会 / 第24回 公益財団法人 がんの子どもを守る会 公開シンポジウム