第60回日本小児血液・がん学会学術集会 | 第16回日本小児がん看護学会学術集会 | 第23回公益財団法人 がんの子どもを守る会公開シンポジウム

同時期開催:50th Congress of the International Society of Paediatric Oncology (SIOP2018)

演題募集

採択結果(第60回日本小児血液・がん学会学術集会)

一般演題の採択結果をご案内致します。
下のボタンよりご確認ください。

演題募集(第60回 日本小児血液・がん学会学術集会)

演題受付期間

2018年5月15日(火)~ 6月15日(金)正午
  6月20日(水)23:59まで延長しました。
  6月24日(日)23:59まで延長しました。
  演題の受付を締切ました。
沢山のご応募ありがとうございました。

募集要項

1. 応募資格

原則として筆頭演者は「日本小児血液・がん学会」の会員に限ります。
演題登録を予定されている方は、あらかじめ入会手続ならびに会員番号のご確認をお願いいたします。
会員番号が不明な場合は日本小児血液・がん学会事務局(E-mail: jspho@asas-mail.jp)までお問い合わせください。
現在入会手続き中の方、もしくはこれから手続きをされる方は会員番号を「9999」と入力して演題をご登録ください。
学会より会員番号が届き次第、運営事務局(E-mail: jspho2018@c-linkage.co.jp)までご連絡ください。
※共同演者で非会員の場合は「77」と入力してください。

2. 文字数制限

演題名は全角52字以内、抄録本文は全角800字、半角の場合は1600字以内とします。
※演題名は日本語と英語(20ワード以内)を両方ご登録ください。

公募演題(シンポジウム:外科療法)

タイトル『小児悪性固形腫瘍に対するinitial surgical interventionのあり方』

募集内容

現在、小児悪性固形腫瘍の正確な病理組織・分子診断を得ることは、初期治療を選択する上で極めて重要である。未治療腫瘍検体を得る手段として一期的切除と組織生検が挙げられるが、疾患や腫瘍の性状、病期を含む病態によって至適なアプローチが異なることが多いうえ、一期的切除、生検にはそれぞれの利点とリスクがあり、最善のinitial surgical interventionを迅速に選択することは決して容易ではない。
本シンポジウムでは小児悪性固形腫瘍に対するinitial surgical interventionの実践におけるポイントや問題点について一部公募し、そのあり方について活発な議論を期待する。

応募資格、文字数制限

上記一般演題の応募規定に準じる。

発表言語

日本語

応募方法

【日本小児血液・がん学会 講演形態】で「一般演題」を選択いただき、
【一般演題 種別】で「公募演題」を選択して下さい。

公募演題 アジア交流セッション(Asian session)

概要

アジア交流セッション(Asian session)への招待演者を募集致します。
プログラム委員会での議論により、本年度は「神経芽腫臨床」をテーマに本セッションを構成する方針が決定されております。本テーマについての発表をしていただけるアジアの医師・研究者を募集しますので、会員および会員が所属する施設からのご推薦をお願い致します。

対象

Vietnam、Myanmar、Indonesia、Laos、Philippine、Cambodia、India、Bangladesh, Nepal, Pakistan などの東南アジア、南アジア、中央アジア、西アジアの低・中所得国において小児血液・がん診療に従事する医師、研究者、または医療関係者。ただし、これらの国から日本に留学中の研究者は除く。

応募資格

  1. 本学会会員からの推薦を条件とする。
  2. 同じ施設から2名までの申請を認める。ただし、審査は個別に行う。
  3. 招聘者には、学術集会での発表(口演時間15分程度)を求めるが、その内容は、セッション・テーマに沿った研究報告、症例報告、当該国での小児血液・がん診療上の課題の紹介などとする。
  4. 術集会前後の推薦者施設等での視察、研修には制限を設けない。
  5. 招聘者には、学会終了後、本学会雑誌への投稿を要請する。

旅費支給

1名につき20万円の旅費(国内旅費を含む)を補助する。旅費は事前に推薦者に支払い、推薦者から招待演者に渡すことを原則とする。事前に銀行振込を希望する場合は、学会事務局と相談をする。
学会期間中の宿泊予約については、招待演者から希望があれば学術集会事務局を通じて予約手配を代行するが、支払いは招待演者本人とする。
学会事務局、学術集会事務局による空港送迎は行わない。

募集人数

4名

応募方法

推薦者が添付の申請書に必要事項を記載の上、学会国際委員長宛(下記)に送付。
応募締切りは6月30日とする。
送付先:日本小児血液・がん学会国際委員長 堀 浩樹
e-mail:hhori@clin.medic.mie-u.ac.jp

審査方法

学会国際委員会で審査し、招待演者を決定する。
審査では、発表予定演題(仮題で可)、申請者のアピールポイント、年齢、居住国の経済状況などを評価する。
7月中に審査結果を推薦者宛に連絡し、抄録提出を要請する。

その他

招聘状、ビザ申請用のレターは、学会理事長名で発行する。

3. 一般演題カテゴリー(口演またはポスター)

1 ALL 18 胚細胞腫瘍
2 AML 19 その他の固形腫瘍
3 リンパ腫 20 画像診断
4 骨髄増殖性疾患 21 造血細胞移植
5 MDS/JMML 22 外科治療
6 再生不良性貧血 23 放射線治療
7 止血・血栓 24 新規治療
8 血小板 25 支持療法
9 HLH/LCH 26 晩期合併症
10 その他の血液疾患 27 緩和医療
11 脳腫瘍 28 患児と家族の支援
12 神経芽腫 29 疫学/統計
13 腎腫瘍 30 国際協力
14 肝腫瘍 31 免疫異常
15 ユーイング肉腫 32 萌芽的研究、独創的研究
16 横紋筋肉腫 33 その他
17 骨肉腫    
  • ※応募された一般演題の中から、優秀演題を抜粋し優秀演題セッションにて発表していただきます。
  • ※採用発表形式の最終決定については、会長、プログラム委員会、事務局にご一任ください。

4. 言語

(1) 口演

抄録、スライドともに英語のみの作成といたします。
発表はセッションの指定言語により英語での発表となる場合があります。

(2) ポスター

抄録は日本語でも可とします。
英文の抄録はPediatric Blood & Cancerに掲載されます。英文抄録は原則として英文校正を行ってください。英文が適切でない場合、演題が採択されないことがあります。

5. 応募方法

演題申込みは、すべてインターネットによるオンライン登録です。
下記の第60回日本小児血液・がん学会学術集会の演題登録のリンクボタンからご登録ください。

6. 演題登録

ページ下部のリンクボタンから演題登録画面にお進みください。

演題登録前に必ずご確認ください
  • 新規演題登録について
    演題を初めて登録する場合は、「新規登録」ボタンを使用します。登録後、演題登録番号が自動発行されます。なおパスワードは登録時に、半角英数6~8文字の任意のパスワードをご自身で入力していただきます。新規演題登録後、登録確認メール(自動配信)が登録されたメールアドレスに届きます。60分経過してもメールが届かない場合は、お手数ですが、運営事務局までお問い合わせください。
  • 登録演題確認・修正・追加演題登録について
    演題登録後は、確実に登録されているか「演題確認・修正」画面に登録番号とパスワードでアクセスし、必ずご確認ください。
    一度登録された演題に修正を加えるときは、「演題確認・修正」ボタンから修正・削除ができます。
  • 演題登録番号、パスワードの管理について
    セキュリティを維持するため、パスワードのお問い合わせには一切応じられませんので、必ず演題登録番号、パスワードは控えておいてください。
    • ※登録者自身が誤って入力した内容につきましては、運営事務局では一切責任を負いません。登録を完了する前に、必ず内容に間違いがないかをご確認ください。

7. 演題の採否とプログラム編成

演題採否は会長、プログラム委員会、テーマ企画者にご一任ください。
演題申込みの際の希望分野に添えない場合がありますが、予めご了承ください。

8. 演題の採否、発表形式と日時の確認方法

演題の採否、発表の形式と日時の確認方法は、査読後に運営事務局より、登録時にご連絡先として入力いただいたE-mailアドレス宛にご連絡いたします。

9. 利益相反(COI)の開示について

日本小児血液・がん学会では、平成23年2月に公表されました「医学研究のCOIマネージメントに関するガイドライン」(日本医学会)に則して、発表者の皆さまに利益相反状態の開示を行っていただくこととなりました。
日本小児血液・がん学会では学術集会演題登録に際し、発表内容と関連する利益相反の開示が必要です。必ずご登録いただきますようお願いいたします。

演題登録時のCOI申告の手順
  • A.下のボタンをクリックして、COI申告書をダウンロードしてください。
    COI申告書ダウンロード
  • B.ダウンロードしたCOI申告書をデスクトップに保存いただき、必要事項をご記入ください。
    • ※申告項目がない項目については、「該当の状況」に「無」と記載してください。
    • ※こちらのCOI申告書を後ほどアップロードしていただきます。
  • C.演題登録ページで、登録に必要な全ての項目を入力してください。
    入力後、当該ページの最下部に表示される「次に進む」ボタンをクリックいただくと、登録内容の確認ページが表示されます。
    登録内容に間違いがないことを確認し、このページの最下部に表示される「登録」ボタンを押してください。
    登録完了後、「COI申告書のアップロード」画面がひらきます。
  • D.当該画面の下部にある「論文ファイルのアップロード」ボタンをクリックしてください。
    COI申告書のアップロードを行うための「COI(利益相反)申告書ファイル登録」画面が表示されます。
    「参照」ないし「ファイルを選択」ボタン(ボタンの名称は使用されるブラウザにより異なります)をクリックいただき、記入済みのCOI申告書をご選択ください。選択後、「アップロード開始」ボタンをクリックしてください。
  • E.アップロードが完了いたしましたら、「アップロードは正常に終了しました」との案内が表示されますので、必ずご確認ください。
    • ※こちらが表示されればCOI申告書のアップロードは完了となります。
      第60回日本小児血液・がん学会学術集会の発表者(責任発表者の申告には、収入・財産を共有する者も含める)は、口演発表ではスライドの最初に(または演題・発表者などを紹介するスライドの次に)、ポスター発表ではポスター掲示の最後に、過去1年間におけるCOI状態を開示ください(第16回日本小児がん看護学会の発表者は利益相反の開示対象外です)。
    • ※「発表者」は本登録画面上の「筆頭演者」および全ての「共同演者」を、「責任発表者」は本登録画面上の「筆頭演者」をそれぞれ意味いたします。

10. 倫理的配慮に関する規定

研究発表における倫理的配慮

人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(2014年)などが定められ、研究が社会の理解及び信頼を得て社会的に有益なものとなるよう、これまで以上に適切に対応することが求められています。 学会発表においても倫理的配慮が求められており、発表内容につきましては倫理指針などのルールを順守していただく必要があります。

研究発表についての各施設での承認

特に、倫理審査委員会の承認が必要な研究についての発表につきましては各施設での承認が必要となります。
そこで2017年の第59回日本小児血液・がん学会総会から演題登録時に自己申告チェックボックスを設けることになりました。 会員各位におかれましては、該当する演題につきましてはあらかじめ施設の承認を受けた上で演題登録をしていただくようお願いします。 なお、施設の承認が必要であると考えられる内容であるにもかかわらず、承認を得ていない場合には演題が不採用になることがあります。

演題登録時に以下の項目にチェックをお願いします。

今回の発表は
  • ・倫理審査委員会の承認が必要な演題に該当する。
    • □承認を得ている。
    • □発表までに得る。
  • ・倫理審査委員会の承認が必要な演題に該当しない。
    • □症例報告(個人の特定につながらない情報、あるいは承諾を得ている情報)
    • □その他(細胞株を用いた研究など)
開示事項

※倫理審査を受けた場合は、COIスライドに加えその旨を開示してください。
日本小児血液・がん学会 開示スライド例・ポスター例:
slide_example.ppt

倫理指針につきましては、下記をご参照ください。

11. 会員番号・会員登録・利益相反に関するお問い合わせ先

特定非営利活動法人日本小児血液・がん学会事務局
一般社団法人学会支援機構内
〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4F
TEL:03-5981-6011 FAX:03-5981-6012
E-mail:jspho@asas-mail.jp

演題登録画面(第60回 日本小児血液・がん学会学術集会)

UMINオンライン演題登録は、第16回日本小児がん看護学会学術集会と共通です。
学術集会ごとに選択項目が異なりますので、ご注意ください。
UMINオンライン演題登録システムでは、InternetExplorer、Safari, Firefox、Google Chrome以外のブラウザでは演題登録できません。
上記以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。
Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。


演題登録に関するお問い合わせ先

第60回 日本小児血液・がん学会学術集会
第16回 日本小児がん看護学会学術集会 運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
TEL:075-231-6357
E-mail:jspho2018@c-linkage.co.jp

採択結果(第16回 日本小児がん看護学会学術集会)

Coming Soon

演題募集(第16回 日本小児がん看護学会学術集会)

演題受付期間

2018年5月15日(火)~ 6月15日(金)正午
  6月20日(水)23:59まで延長しました。
  6月24日(日)23:59まで延長しました。
  演題の受付を締切ました。
沢山のご応募、ありがとうございました。

募集要項

1. 応募資格

演題投稿者は、共同演者も含めて、全員が「日本小児がん看護学会」または「日本小児血液・がん学会」いずれかの会員であることが条件となっています。
演題登録には会員番号が必要です。会員の方で、演題を登録される方は6月15日(金)までに平成30年度会費を納入してください。
現会員の方で6月15日(金)までに平成30年度会費の納入手続きが完了されていない場合は、演題が取り消されたり、名前が削除されたりすることがあります。さらに、会費納入が8月31日(金)までにない場合、抄録集をお送りすることができませんので、あらかじめご了承ください。9月1日(土)以降にお振込みされた場合には、学会場にて抄録集を購入して頂くことになります。
現在非会員の方で演題応募を希望される方は、5月31日(木)までに入会手続きを完了し、6月15日(金)までに会費の納入をお願いいたします。演者および共同演者はすべて会員資格の確認をもって、発表が可能となります。
入会手続きにつきましては、日本小児がん看護学会ホームページ(http://www.jspon.com/)をご参照ください。
「日本小児血液・がん学会」会員の場合は日本小児血液・がん学会事務局(E-mail:jspho@asas-mail.jp)までお問い合わせください。

2. 文字数制限

演題名は全角52字以内、抄録本文は全角800字、半角の場合は1600字以内とします。
※演題名は日本語と英語(20ワード以内)を両方ご登録ください。

3. 発表形式(公募)

  • 一般演題(口演)
  • 一般演題(ポスター)
  • 一般演題(どちらでもよい)

※発表形式の最終決定については、会長、プログラム委員会、事務局にご一任ください。

4. 一般演題(公募)

演題募集を以下の通り実施いたします。応募演題の中からできるだけ多くの口演を採用したいと考えております。採用は、応募抄録を複数の先生方に査読していただき、スコアリングの上決定いたします。応募抄録は全角800字以内、演題申込みは全てホームページ上で行っていただくことになります。
一般演題は、下記カテゴリーをそれぞれ選択していただきます。

一般演題カテゴリー
1 症状マネジメント 9 復園/復学支援・学校/社会生活
2 緩和ケア 10 退院後のケア・長期フォローアップ
3 移植時のケア 11 子ども・家族の意思決定支援
4 再発・予後不良患者の看護 12 家族・きょうだい支援
5 エンドオブライフケア・グリーフケア 13 思春期・青年期の看護
6 プレパレーション 14 多職種連携
7 入院環境 15 看護師への教育・支援
8 在宅療養 16 その他

5. コンサルテーション・アシストプログラムについて

小児がん看護学会編集委員会が実施する、学会誌「小児がん看護」への投稿に向けた論文作成コンサルテーション・アシスト プログラムがあります。一般演題に採択された演題のうち,最大2演題が提供を受けられます。演題登録時に、プログラムへの応募について、希望の有無を選択してください。

※詳細は日本小児がん看護学会ホームページをご参照ください。

6. 応募方法

演題申込みは、すべてインターネットによるオンライン登録です。
ページ下部の演題登録のリンクボタンからご登録ください。

演題登録前に必ずご確認ください
  • 新規演題登録について
    演題を初めて登録する場合は、「新規登録」ボタンを使用します。登録後、演題登録番号が自動発行されます。なおパスワードは登録時に、半角英数6~8文字の任意のパスワードをご自身で入力していただきます。新規演題登録後、登録確認メール(自動配信)が登録されたメールアドレスに届きます。60分経過してもメールが届かない場合は、お手数ですが、運営事務局までお問い合わせください。
  • 登録演題確認・修正・追加演題登録について
    演題登録後は、確実に登録されているか「演題確認・修正」画面に演題登録番号とパスワードでアクセスし、必ずご確認ください。
    一度登録された演題に修正を加えるときは、「演題確認・修正」ボタンから修正・削除ができます。
  • 演題登録番号、パスワードの管理について
    セキュリティを維持するため、パスワードのお問い合わせには一切応じられませんので、必ず演題登録番号、パスワードは控えておいてください。
    • ※登録者自身が誤って入力した内容につきましては、事務局では一切責任を負いません。登録を完了する前に、必ず内容に間違いがないかをご確認ください。
  • 演題の採否とプログラム編成
    演題採否は会長、プログラム委員会、テーマ企画者にご一任ください。
    演題申込みの際の希望分野に添えない場合がありますが、予めご了承ください。
  • 演題の採否、発表形式と日時の確認方法
    演題の採否、発表の形式と日時の確認方法は、査読後に運営事務局(E-mail:jspho2018@c-linkage.co.jp)から、登録時にご入力いただいたE-mailアドレス宛にご連絡いたします。
    演題申込みの際の希望分野に添えない場合がありますが、予めご了承ください。
  • 倫理的配慮について
    倫理審査委員会の承認について、有無をご選択ください。
    「倫理審査委員会の承認を得ていない」をご選択の場合は、演題原稿作成時の注意事項を参照に、倫理的配慮を抄録本文に簡潔に記載してください。
  • 利益相反
    日本小児がん看護学会では、発表者の皆様に利益相反(臨床と企業間での共同研究の場合に、得られる成果を社会へ還元する公的利益と、個人が取得する金銭・地位・利権などの私的利益が研究者個人の中に生じる状態のこと)について、演題登録時に自己申告を行っていただくことになりました。
    「利益相反有」をご選択の場合、必ず抄録本文中に利益相反について明示してください。

7. 会員番号・会員登録に関するお問い合わせ先

日本小児がん看護学会 会員管理事務局
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1 第2ユニオンビル4F
FAX:03-5981-9852
http://jspon.sakura.ne.jp/contact/(お問い合わせフォームへ)

演題登録画面(第16回 日本小児がん看護学会学術集会)

UMINオンライン演題登録システムでは、InternetExplorer、Safari, #Firefox、Google Chrome以外のブラウザでは演題登録できません。
それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。
Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。


演題登録に関するお問い合わせ先

第60回 日本小児血液・がん学会学術集会
第16回 日本小児がん看護学会学術集会 運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
TEL:075-231-6357
E-mail:jspho2018@c-linkage.co.jp

  • 第60回日本小児血液・がん学会学術集会 運営事務局
    株式会社コンベンションリンケージ内
    〒604-8162 京都市中京区烏丸通六角下る七観音町634
    TEL:075-231-6357
    FAX:075-231-6354
    Email:jspho2018@c-linkage.co.jp