運営事務局

株式会社コンベンションリンケージ内
〒531-0072
大阪市北区豊崎3-19-3
PIAS TOWER 11F
TEL:06-6377-2188
FAX:06-6377-2075
E-mail:jsph75@c-linkage.co.jp

プログラム

日程表[PDF]

特別プログラム

  • 1日目 10月26日(水)
  • 2日目 10月27日(木)
  • 3日目 10月28日(金)

一般演題

  • 口演[PDF]
  • 示説[PDF]

特別プログラム 1日目 10月26日(水)

学会長講演

10月26日(水)9:55~10:35
第1会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ホールA+B)

次世代の健康社会実現のための公衆衛生人材育成:産学官の共創

座長:
秋葉 澄伯(鹿児島大学医歯学総合研究科健康科学専攻人間環境学講座)
演者:
磯  博康(大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学)

特別講演1

10月26日(水)10:40~12:00
第1会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ホールA+B)

Paradigm Shift of Public Health to Achieve UHC

座長:
中谷比呂樹(前WHO本部事務局長補、国立大阪大学・慶応義塾大学)
演者:
Suwit Wibulpolprasert(Vice Chair, International Health Policy Program Foundation (IHPF) and Health Intervention and Technology Assessment Foundation (HITAF), Thailand)
Chuenkongkaew Wanicha(Professor of Ophthalmology, Faculty of Medicine, Siriraj Hospital, Mahidol University and Regional Coordinator, Asia Pacific Network on Health Professional Education Reform (ANHER), Thailand)

特別講演2

10月26日(水)13:10~14:10
第2会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ホールC)

帯状疱疹発症の大規模疫学研究

座長:
相澤 好治(北里大学名誉教授)
演者:
山西 弘一(一般財団法人阪大微生物病研究会)

特別講演3

10月26日(水)14:20~15:20
第2会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ホールC)

グローバル・ヘルスの動向とわが国の公衆衛生人材の貢献;挑戦と機会

座長:
新村 和哉(国立保健医療科学院)
演者:
中谷比呂樹(前WHO本部事務局長補、国立大阪大学・慶応義塾大学)

特別講演4

10月26日(水)15:30~17:00
第2会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ホールC)

大阪の公衆衛生

座長:
高鳥毛敏雄(関西大学社会安全学部・社会安全研究科)
演者:
多田羅浩三(日本公衆衛生協会会長)

シンポジウム1

10月26日(水)13:10~15:00
第1会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ホールA+B)

地域自殺対策の推進に向けた公衆衛生人材の育成

座長:
本橋  豊(自殺総合対策推進センター、京都府立医科大学)
演者:
公衆衛生大学院における多様な人材育成
中山 健夫(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野)
地域における自殺対策の人材育成-行政と大学の連携
金子 善博(自殺総合対策推進センター自殺実態・統計分析室)
自殺対策拠点病院のあり方と精神科医の役割
近藤 伸介(東京大学医学部附属病院精神神経科)
児童生徒のSOS出し方教育における保健師の役割
馬場 優子(足立区衛生部こころとからだの健康づくり課)

シンポジウム2

10月26日(水)13:10~14:40
第3会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ルーム8)

地域包括ケア時代の保健医療福祉職養成と健康生成論・SOC

座長:
山崎喜比古(日本福祉大学社会福祉学部)
戸ヶ里泰典(放送大学教養学部)
演者:
保健医療福祉専門職のためのSOC教育
蝦名 玲子(株式会社グローバルヘルスコミュニケーションズ)
地域包括支援センターの三専門職の労働職場特性とSOCの関係
田代 真樹(特定医療法人社団若林会)
理学療法学生の臨地実習ストレス対処とSOCの調査から
小出 悠介(東海医療科学専門学校理学療法科)

シンポジウム3

10月26日(水)13:10~15:00
第4会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ルーム9)

これからの胃がん対策-中学生ピロリ菌検査、ABC分類、X線、内視鏡をどう使うべきか

座長:
菊地 正悟(愛知医科大学医学部公衆衛生学)
勢井 雅子(徳島県総合健診センター診療部)
演者:
わが国のピロリ菌感染と胃がんの現状
林  櫻松(愛知医科大学医学部公衆衛生学)
篠山市が実施している中学生ピロリ菌検診と胃がん対策
小西 雅美(兵庫県篠山市)
成人における胃がん検診の現状と課題
青木 利佳(徳島県総合健診センター診療部)
中高生ピロリ菌検診と除菌治療の現状と課題:
全国自治体・医師会の実施状況を含めて
奥田真珠美(兵庫医科大学ささやま医療センター小児科)
高槻市における中学生及び成人のピロリ菌対策
小山 慎吾(高槻市健康福祉部保健所健康づくり推進課)

シンポジウム4

10月26日(水)13:10~15:00
第5会場(カンファレンスルーム タワーC 8F C01)

高齢者の就業と健康

座長:
渡辺修一郎(桜美林大学大学院老年学研究科)
藤原 佳典(東京都健康長寿医療センター研究所・社会参加と地域保健研究チーム)
演者:
高齢労働者の健康実態と健康管理のあり方
渡辺修一郎(桜美林大学大学院老年学研究科)
高齢者が支え手側となる「生きがい就業」の有用性:介護予防の視点から
石橋 智昭(公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団)
都市部高齢者就業支援施設に来所する求職者の特性
南   潮(東京都健康長寿医療センター研究所)
エイジレス就業実現のために
~能力と職務環境からみた高齢者が働きやすい職業の分析~
西山 裕也(公益財団法人総合研究開発機構)

シンポジウム5

10月26日(水)15:10~17:00
第1会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ホールA+B)

ヘルスプロモーションのための人材育成:アドボカシー能力をいかに高めるか?

座長:
上家 和子(大阪府健康医療部)
武見ゆかり(女子栄養大学栄養学部)
演者:
ヘルスプロモーション・アドボカシーのための人材育成
神馬 征峰(東京大学医学系研究科国際地域保健学教室)
学術団体におけるアドボカシー能力開発の試みと展望
春山 康夫(獨協医科大学医学部公衆衛生学講座)
アドボカシーにつながるエビデンスの構築-政策研究と人材育成
中村 正和(地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター)
政策が求めるアドボカシーとは:学術団体に求めるもの
盛山 正仁(法務副大臣兼内閣府副大臣、衆議院議員)

シンポジウム6

10月26日(水)15:10~17:00
第3会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ルーム8)

疫学データを活用したがん対策立案と進捗管理-疫学研究者と行政のコラボレーション-

座長:
中山 富雄(大阪府立成人病センターがん予防情報センター)
田中  修(大阪府健康医療部保健医療室健康づくり課)
演者:
地域がん登録データを活用した自府県のがん罹患・死亡の位置づけの評価
伊藤 ゆり(大阪府立成人病センターがん予防情報センター)
疫学データを活用したがん検診への取組
中山 富雄(大阪府立成人病センターがん予防情報センター)
協働で取り組むがん対策-がん対策ツールとしてのがん登録
宮代  勲(大阪府立成人病センターがん予防情報センター)
大阪府の実情に応じたがん対策への取り組み
里村 征紀(大阪府健康医療部保健医療室健康づくり課)

シンポジウム7

10月26日(水)15:10~17:00
第4会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ルーム9)

新たな社会医学系専門医制度のあり方

座長:
宇田 英典(鹿児島地域振興局保健福祉環境部兼伊集院保健所)
坂元  昇(川崎市健康福祉局)
演者:
社会医学系専門医制度の概要と専門医に求められるコンピテンシー
曽根 智史(国立保健医療科学院)
社会医学系専門医制度の基盤と展開
今中 雄一(京都大学大学院医学研究科医療経済学分野)
社会医学系専門医制度:日本衛生学会の担う役割と日本衛生学会内での位置付け
大槻 剛巳(川崎医科大学衛生学)
日本疫学会の役割と教育・研究機関を基幹施設とした研修モデルプログラム
磯  博康(大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学)
日本産業衛生学会の専門医制度の現状と今後の社会医学系専門医制度への
関わりについて
大神  明(産業医科大学産業生態科学研究所作業関連疾患予防学)
公衆衛生現場における専門医制度への課題
宮園 将哉(大阪府四條畷保健所)

シンポジウム8

10月26日(水)15:10~17:00
第5会場(カンファレンスルーム タワーC 8F C01)

地域精神保健福祉における精神保健福祉センターと保健所の連携の現状とこれからのあり方

座長:
田邉  等(北海道立精神保健福祉センター)
白川 教人((全国精神保健福祉センター長会)横浜市健康福祉局
兼障害福祉部こころの健康相談センター)
演者:
地域精神保健福祉における精神保健福祉センターと保健所の連携の現状と
今後のあり方
原田  豊(鳥取県立精神保健福祉センター)
保健所の地域依存症対策への精神保健福祉センターの支援
-渡島・函館地域での実践から-
田邉  等(北海道立精神保健福祉センター)
浜松市障がい者自立支援協議会地域移行部会の取り組みについて
二宮 貴至(浜松市精神保健福祉センター)
いのちのサポート相談事業について
辻本 哲士(滋賀県立精神保健福祉センター)
岡山県精神保健福祉センターにおけるアウトリーチ支援
野口 正行(岡山県精神保健福祉センター)

シンポジウム9

10月26日(水)15:10~17:00
第6会場(カンファレンスルーム タワーC 8F C02)

社会経済的要因と栄養・食生活

座長:
村山 伸子(新潟県立大学)
西  信雄(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所)
演者:
社会経済的要因と成人の栄養・食生活
西  信雄(医薬基盤・健康・栄養研究所国際産学連携センター)
社会経済的要因と子どもの栄養・食生活
村山 伸子(新潟県立大学人間生活学部健康栄養学科)
高齢者の社会経済的要因と食生活
石川みどり(国立保健医療科学院生涯健康研究部)
GISを用いた食環境指標の可能性
中谷 友樹(立命館大学文学部地理学教室)

地方衛生研究所研修フォーラム

10月26日(水)13:10~15:00
第6会場(カンファレンスルーム タワーC 8F C02)

日本における感染症サーベイランスの現状と課題

座長:
四宮 博人(愛媛県立衛生環境研究所)
調  恒明(山口県環境保健センター)
演者:
厚労省の立場から
宮川 昭二(厚生労働省健康局結核感染症課感染症情報管理室)
日本における感染症サーベイランスの現状と課題 - 感染研の立場から
砂川 富正(国立感染症研究所感染症疫学センター2室)
地方衛生研究所の立場から
四宮 博人(愛媛県立衛生環境研究所)
保健所における感染症サーベイランス
緒方  剛(茨城県土浦保健所)
イベントベース・サーベイランスについて
齋藤 智也(国立保健医療科学院健康危機管理研究部)

優秀口演賞選考会

10月26日(水)13:10~15:10
第9会場(カンファレンスルーム タワーC 8F C05)

座長:
磯  博康(大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学)
演者:
体型、体型変化と糖尿病発症に関する検討:大阪府市町村国保特定健診データの活用
村木  功(大阪がん循環器病予防センター循環器病予防部門)
加齢に伴う海馬萎縮に対する世代間交流プログラムの抑制効果
-REPRINTS study-
桜井 良太(早稲田大学スポーツ科学学術院)
たんぱく質摂取量と主摂取源の6食品群別たんぱく質摂取量が骨格筋量低下に
及ぼす影響
大塚  礼(国立長寿医療研究センターNILS-LSA活用研究室)
高齢者における非ベンゾジアゼピン系睡眠薬が大腿骨頸部骨折による入院に
与える影響
安井みどり(九州大学大学院医学系学府医学専攻)
家庭・ご近所内外のソーシャルネットワーク、楽しみの活動と口腔機能との関連
永吉 真子(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科地域医療学分野)
高齢者における社会参加は健診受診を促進するか
-JAGES 2010-13縦断データ分析-
飯塚 玄明(筑波大学医学群医学類)
社会経済的要因と心理的ストレス反応との関連:思春期の子どもにおける経時的検討
可知 悠子(日本医科大学衛生学公衆衛生学)
東日本大震災における外傷と心理的苦痛の関連:七ヶ浜健康増進プロジェクト
成田  暁(東北大学東北メディカル・メガバンク機構)
妊娠期の個別栄養教育が母児の栄養状態に与える効果 ランダム化比較試験
宇野  薫(女子栄養大学大学院栄養学研究科)
「失われた20年」における職業別男性死亡率とその格差の拡大:
1975-2010年の変遷
田中 宏和(東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野)

ランチョンセミナー1

10月26日(水)12:10~13:00
第1会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ホールA+B)

泉佐野泉南地域における脳卒中予防への取り組み-保健と医療の連携-

座長:
岡村 智教(慶應義塾大学医学部 衛生学公衆衛生学、国立循環器病研究センター)
演者:
新山 一秀(新山診療所、一般社団法人泉佐野泉南医師会)
共催:
バイエル薬品株式会社

ランチョンセミナー2

10月26日(水)12:10~13:00
第2会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ホールC)

心不全における再生医療の開発

座長:
磯  博康(大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学)
演者:
澤  芳樹(大阪大学大学院医学系研究科外科学講座心臓血管外科学)
共催:
テルモ株式会社

ランチョンセミナー3

10月26日(水)12:10~13:00
第3会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ルーム8)

眼科検診の過去・現在・未来 ―いま『眼の健康』から『健康寿命の延伸』を考える―

座長:
川崎  良(山形大学大学院医学系研究科 公衆衛生学講座)
演者:
循環器検診としての眼底検診:過去・現在・未来
北村 明彦(東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム)
眼疾患の検診:過去・現在・未来
平塚 義宗(順天堂大学 眼科学教室)
共催:
株式会社トプコン

ランチョンセミナー4

10月26日(水)12:10~13:00
第4会場(ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター B2F ルーム9)

結核接触者健康診断におけるIGRAの性能 - 高感染率集団事例と近畿保健所データ分析 -

座長:
森   亨(結核予防会結核研究所)
演者:
山田 全啓(奈良県中和保健所)
共催:
日本ビーシージー製造株式会社

ランチョンセミナー5

10月26日(水)12:10~13:00
第5会場(カンファレンスルーム タワーC 8F C01)

感染症疫学サーベイランスについて学ぼう~ノロウイルス、ロタウイルスを例にして~

座長:
廣田 良夫(保健医療経営大学/医療法人相生会臨床疫学研究センター)
演者:
片山 和彦(北里大学北里生命科学研究所・大学院感染症制御学府ウイルス感染制御学Ⅰ)
共催:
ジャパンワクチン株式会社/第一三共株式会社

Page Top