第34回日本神経治療学会総会

プログラム

日程表 1日目(PDF)

  • 特別プログラム 1日目(PDF)
  • 特別プログラム 2日目(PDF)
  • 特別プログラム 3日目(PDF)
  • 一般演題プログラム 1日目(PDF)
  • 一般演題プログラム 2日目(PDF)
  • 一般演題プログラム 3日目(PDF)

PMDA薬事戦略相談

第34回日本神経治療学会総会 PMDA薬事戦略相談ご案内(PDF)
第34回日本神経治療学会総会 PMDA薬事戦略相談お申込書ダウンロード(Word)

ワークショップ

ワークショップ1

臨床研究デザインワークショップ:臨床の疑問を研究で解決する方法を導き出す
日 時 2016年11月4日(金) 14:50 ~ 17:50
会 場 第7会場 (米子コンベンションセンター 3F 第2会議室)
対 象 臨床研究や治験の実施を志す医療従事者
定 員 20名 ※ 定員に達し次第、受付を終了します。
  • ワークショップにご参加の先生は、必ず当日、総会への参加登録をお願いします。

総合司会:鈴木 啓介 (国立長寿医療研究センター)

《 プログラム 》
14:50 ~ 14:55 開会の挨拶
鈴木 啓介 (国立長寿医療研究センター)
14:55 ~ 15:15 講演『PECOを用いた研究疑問の構造化』
中村 治雅 (国立精神・神経医療研究センター臨床研究支援室)
15:15 ~ 15:55 演習『臨床疑問から研究疑問へ』
15:55 ~ 16:20 講演『研究デザインを考える』
丸尾 和司 (国立精神・神経医療研究センター生物統計解析室長)
16:20 ~ 16:25 休憩
16:25 ~ 17:05 演習『研究デザインを作る』
17:05 ~ 17:45 演習『模擬研究テーマ発表会』
17:45 ~ 17:50 閉会の挨拶
橋詰 淳 (名古屋大学神経内科)

ワークショップ1 お申込画面

ワークショップ2

神経治療とケアの参加型ワークショップ:実例から治療・ケアのプランを考える
日 時 2016年11月5日(土) 10:00 ~ 12:30
会 場 第7会場 (米子コンベンションセンター 3F 第2会議室)
定 員 48名 ※ 定員に達し次第、受付を終了します。
  • ワークショップにご参加の先生は、必ず当日、総会への参加登録をお願いします。

総合司会:荻野 美恵子 (北里大学包括ケア全人医療学北里大学包括ケア全人医療学)

《 プログラム 》
10:00 ~ 10:05 本ワークショップのねらいとオリエンテーション
荻野 美恵子 (北里大学包括ケア全人医療学)
10:05 ~ 10:10 症例提示1『入院前の経過』
森 雅裕 (千葉大学神経内科)
10:10 ~ 10:40 グループディスカッション
10:40 ~ 10:55 各グループから発表 ファシリテーターコメント
10:55 ~ 11:00 症例提示2『入院前の経過』
森 雅裕 (千葉大学神経内科)
11:00 ~ 11:20 グループディスカッション
11:20 ~ 11:35 各グループから発表 ファシリテーターコメント
11:35 ~ 11:45 症例提示3『入院前の経過』
森 雅裕 (千葉大学神経内科)
11:45 ~ 12:15 ショートレクチャー
清水 優子 (東京女子医科大学神経内科)
12:15 ~ 12:30 閉会挨拶

ワークショップ2 お申込画面

会長講演

11月3日(木) 14:15~14:55 第1会場

地域・地方における世界に発信できる神経治療研究の発展に向けて

座長: 高橋  和郎 (鳥取大学名誉教授)
演者: 中島  健二 (国立病院機構松江医療センター院長、鳥取大学名誉教授)

副会長講演

11月3日(木) 11:30~12:00 第1会場

神経免疫疾患研究の進歩

座長: 平山  惠造 (千葉大学名誉教授)
演者: 楠    進 (近畿大学医学部神経内科)

特別講演1

11月3日(木) 13:15~14:15 第1会場

革新的サイバニックシステムによる医療イノベーション
―サイバニック治療の開拓に向けて―

座長: 冨本 秀和 (三重大学神経病態内科)
演者: 山海 嘉之 (筑波大学大学院 教授 / サイバニクス研究センター センター長 /
内閣府ImPACTプログラム プログラムマネージャー /
CYBERDYNE(株) 代表取締役社長 / CEO)

特別講演2

11月4日(金) 11:00~12:00 第1会場

久山町研究から見えてきたもの:認知症の疫学研究を中心に

座長: 辻  省次 (東京大学神経内科)
演者: 二宮 利治 (九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野)

特別講演3

11月4日(金) 17:50~18:20 第1会場

離島発 生き残るための10の戦略

座長: 中島 健二 (国立病院機構松江医療センター院長、鳥取大学名誉教授)
演者: 山内 道雄 (海士町長)

特別講演4

11月5日(土) 11:00~12:00 第1会場

パーキンソン病に対する細胞移植治療

座長: 葛原 茂樹 (鈴鹿医療科学大学看護科)
演者: 高橋  淳 (京都大学iPS細胞研究所)

シンポジウム1

11月3日(木) 9:00~11:30 第1会場

神経疾患治療への関わり

座長: 谷口  彰 (三重大学神経内科)
佐々木秀直 (北海道大学神経内科)
1. 神経内科医の治療への向き合い
演者:伊藤 和則
(いわみざわ神経内科・内科クリニック)
2. 神経疾患治療への関わり 総合診療 (家庭医) の立場から
演者:松下  明
(社会医療法人清風会岡山家庭医療センター奈義・津山ファミリークリニック)
3. 老年医学からみた認知症
演者:羽生 春夫
(東京医科大学高齢総合医学分野)
4. 総合内科の立場から 特に患者・社会のニーズの対応を中心に
演者:大生 定義
(立教大学社会学部)

シンポジウム2

11月3日(木) 9:00~11:30 第3会場

自動車運転

座長: 辻  貞俊 (国際医療福祉大学福岡保健医療学部)
秋山 治彦 (横浜市立脳卒中・神経脊髄センター)
1. 認知症と自動車運転―治療的対応からケアまで
演者:上村 直人
(高知大学医学部附属病院精神科)
2. 自動車運転 てんかんに関して
演者:久保田英幹
(国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター)
3. パーキンソン病患者と自動車運転
演者:前田 哲也
(岩手県医科大学医学部内科学講座神経内科老年科分野)

シンポジウム3

11月3日(木) 16:00~18:00 第3会場

ALS

座長: 望月 秀樹 (大阪大学神経内科)
西澤 正豊 (JA新潟厚生連新潟医療センター)
1. ALSに対する核酸医薬治療
演者:横田 隆徳
(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科脳神経病態学分野)
2. 筋萎縮性側索硬化症の分子標的治療
演者:郭   伸
(東京学大学院医学系研究科)
3. ALSの遺伝子治療
演者:村松 慎一
(自治医科大学神経内科学)

シンポジウム4

11月4日(金) 9:00~11:00 第3会場

神経難病 (ALS) の地域連携の課題

座長: 荻野美恵子 (北里大学包括ケア全人医療学)
青木 正志 (東北大学神経内科)
1. 制度上の問題点
演者:荻野美恵子
(北里大学包括ケア全人医療学)
2. 神経難病 (ALS) の地域連携の課題―臨床現場の問題点―
演者:難波 玲子
(神経内科クリニックなんば)
3. ALSの地域連携の課題―神経内科クリニックの立場から―
演者:吉野  英
(吉野内科・神経内科医院)

シンポジウム5

11月4日(金) 14:50~16:50 第1会場

レジストリー研究

座長: 池内  健 (新潟大学リソース研究センター)
髙橋 良輔 (京都大学臨床神経学)
1. ALSレジストリー研究 (JaCALS) から見えてくるもの
演者:祖父江 元
(名古屋大学大学院医学系研究科)
2. JALPAC (Japanese Longitudinal Biomarker Study in PSP and CBD)
演者:瀧川 洋史
(鳥取大学脳神経内科)
3. プレクリニカル期を対象としたアルツハイマー病臨床研究
演者:岩田  淳
(東京大学医学部附属病院神経内科)
4. Dominantly Inherited Alzheimer Network (DIAN)
演者:東海林幹夫
(弘前大学大学院医学研究科脳神経内科学講座)

シンポジウム6

11月5日(土) 9:00~11:00 第1会場

神経治療薬開発を促進するための手がかり:他学会、他領域から学ぶ

座長: 中村 治雅 (国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 臨床研究支援室)
鈴木 正彦 (東京慈恵会医科大学葛飾医療センター神経内科)
1. 米国神経治療学会 (ASENT):そのユニークな組織と活動
演者:藤岡 俊樹
(東邦大学医学部内科学講座神経内科学分野)
2. がん治療薬の治験ネットワーク構築の道筋と課題
―中国・四国地区における肺癌レジストリ・腫傷検体バンキングを通して―
演者:木浦 勝行
(岡山大学呼吸器・アレルギー内科)
3. Biosimilar:国内外の現状と神経疾患における展望
演者:藤本 陽子
(ファイザー株式会社)

シンポジウム7

11月5日(土) 10:00~12:00 第3会場

日内リズムによる問題症状とその対応

座長: 井上 雄一 (東京医科大学睡眠学講座)
平田 幸一 (獨協医科大学神経内科)
1. 過眠性障害:日中の眠気と夜間睡眠の延長
演者:神林  崇
(秋田大学精神科)
2. 概日リズム機構からみた夜間中途覚醒の位置づけと対応
演者:井上 雄一
(東京医科大学睡眠学講座)
3. 夜間頻尿:パーキンソン病を中心に
演者:榊原 隆次
(東邦大学医療センター佐倉病院内科学神経内科)
4. 睡眠覚醒メカニズムに即した睡眠薬の適正使用
演者:岡  靖哲
(愛媛大学睡眠医療センター)

シンポジウム8

11月5日(土) 14:00~16:00 第1会場

脳卒中における診療連携の課題

座長: 鈴木 則宏 (慶應義塾大学神経内科)
木村 和美 (日本医科大学神経内科)
1. Prehospital stroke managementの展望
演者:井口 保之
(東京慈恵会医科大学神経内科)
2. 脳卒中に対する脳血管内治療における診療連携の課題
演者:古井 英介
(済生会富山病院脳卒中内科)
3. 後方連携:再発と廃用を防ぐために
演者:平野 照之
(杏林大学医学部脳卒中医学)
4. 脳卒中地域連携の重要性 回復期リハビリテーション病棟の立場から
演者:角田  賢
(社会福祉法人こうほうえん錦海リハビリテーション病院)
5. 家庭医における脳卒中後長期マネジメント
演者:大槻 俊輔
(近畿大学医学部附属病院脳卒中センター内科部門)

シンポジウム9

11月5日(土) 14:00~16:30  第2会場

慢性神経疾患おけるケア

座長: 廣瀬源二郎 (浅ノ川総合病院脳神経センター)
葛原 茂樹 (鈴鹿医療科学大学看護科)
1. 慢性神経疾患におけるケア
演者:葛原 茂樹
(鈴鹿医療科学大学看護科)
2. パーキンソン病の緩和ケア
演者:山本 光利
(高松神経内科クリニック)
3. 認知症
演者:佐藤 正之
(三重大学認知症センター)
4. 慢性神経疾患におけるケア
演者:難波 玲子
(神経内科クリニックなんば)
5. 慢性神経疾患のケアにおけるチーム医療の重要性と医師の役割―多発性硬化症を中心に―
演者:深澤 俊行
(医療法人セレスさっぽろ神経内科病院)

PMDAジョイントシンポジウム1

11月3日(木) 16:00~18:00  第1会場

我が国における神経疾患治療薬開発の多面的な展開

座長: 祖父江 元 (名古屋大学医学系研究科)
平野 照之 (杏林大学脳卒中医学)
1. 適切な医薬品開発推進のためのPMDAの戦略と取組み
演者:宇山 佳明
(医薬品医療機器総合機構)
2. AMEDの活動と神経治療学への貢献
演者:古澤 嘉彦
(日本医療研究開発機構)
3. 本邦に於ける治療介入を伴なう臨床研究を実施する上での問題点:
DASH‒PD研究の経験から
演者:武田  篤
(国立病院機構仙台西多賀病院)

PMDAジョイントシンポジウム2

11月4日(金) 9:00~11:00  第1会場

神経治療における薬剤のRepurposing

座長: 楠   進 (近畿大学医学部神経内科)
藤岡 俊樹 (東邦大学医療センター大橋病院神経内科)
1. ギラン・バレー症候群のC5モノクローナル抗体治療
演者:桑原  聡
(千葉大学大学院医学研究院神経内科学)
2. HTLV‒1関連脊髄症 (HAM) に対するヒト化抗CCR4抗体療法の開発
演者:山野 嘉久
(聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター病因病態解析部門)
3. 視神経脊髄炎に対する抗IL‒6受容体抗体治療
演者:山村  隆
(国立精神・神経医療研究センター神経研究所免疫研究部)

メディカルスタッフシンポジウム

11月5日(土) 10:00~12:00  第5会場

認知症の地域連携

座長: 和田 健二 (鳥取大学脳神経内科)
武田 章敬 (国立長寿医療研究センター物忘れセンター)
1. 認知症初期集中支援チームの概要
演者:武田 章敬
(国立長寿医療研究センターもの忘れセンター)
2. 初期集中支援チームの実際:
2-1. 認知症初期集中支援の実際―医師の視点から―
演者:中西 亜紀
(大阪市立弘済院附属病院認知症疾患医療センター)
2-2. 初期集中支援を通した地域連携―作業療法士の立場から―
演者:松浦 篤子
(荒尾こころの郷病院)
2-3. 初期集中支援チームの実際―行政の視点―
演者:高橋 裕子
(世田谷区高齢者福祉部介護予防・地域支援課)

教育講演

1. パーキンソン病患者の行動障害

11月3日(木) 9:00~10:00  第2会場

座長: 小島 重幸 (会田記念リハビリテーション病院神経内科)
演者: 柏原 健一 (岡山旭東病院神経内科)

2. 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン

11月3日(木) 9:00~10:00  第4会場

座長: 武田  篤 (国立病院機構仙台西多賀病院)
演者: 水上 勝義 (筑波大学大学院人間総合科学研究科)

3. 臨床家のための高次脳機能の診かた

11月3日(木) 10:00~11:00  第2会場

座長: 市川 博雄 (昭和大学藤が丘リハビリテーション病院)
演者: 鈴木 匡子 (山形大学大学院医学系研究科高次脳機能障害)

4. 日常診療でよくみる自己免疫脳症の診察ポイントと治療の実際

11月3日(木) 16:00~17:00  第2会場

座長: 米田  誠 (福井県立大学看護福祉学研究科)
演者: 高嶋  博 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科神経病学講座神経内科)

5. フェリチン症の臨床

11月3日(木) 17:00~18:00  第2会場

座長: 栗山  勝 (脳神経センター太田記念病院)
演者: 宮嶋 裕明 (浜松医科大学医学部内科学第一講座)

6. PSP/CBD

11月4日(金) 9:00~10:00  第2会場

座長: 渡辺 宏久 (名古屋大学脳とこころの研究センター)
演者: 下畑 享良 (新潟大学脳研究所神経内科)

7. 成人発症の白質脳症の病理:病態形成におけるグリア細胞の関与

11月4日(金) 10:00~11:00  第2会場

座長: 吉田 眞理 (愛知医科大学加齢医科学研究所)
演者: 柿田 明美 (新潟大学脳研究所病理学)

8. 神経疾患に対するニューロリハビリテーションの進歩

11月4日(金) 11:00~12:00  第2会場

座長: 中馬 孝容 (滋賀県立リハビリテーションセンターハビリテーション科)
演者: 宮井 一郎 (森之宮病院神経リハビリテーション研究部)

9. 膠原病内科から学ぶ神経疾患

11月4日(金) 14:50~15:50  第2会場

座長: 神田  隆 (山口大学神経内科)
演者: 廣畑 俊成 (北里大学医学部膠原病・感染内科学)

10. 整形外科から学ぶ頚椎疾患診療

11月4日(金) 15:50~16:50  第2会場

座長: 道勇  学 (愛知医科大学神経内科)
演者: 永島 英樹 (鳥取大学医学部感覚運動医学講座運動器医学分野)

11. 脊髄空洞症

11月4日(金) 16:50~17:50  第2会場

座長: 瀧山 嘉久 (山梨大学神経内科)
演者: 矢部 一郎 (北海道大学大学院医学研究科神経内科)

12. 向精神薬の実際的な使用法:精神科診療での経験から

11月5日(土) 9:00~10:00  第2会場

座長: 山脇 健盛 (広島市民病院脳神経内科)
演者: 兼子 幸一 (鳥取大学医学部脳神経医科学講座精神行動医学分野)

13. 本邦における成人悪性脳腫瘍治療の概括

11月5日(土) 10:00~11:00  第2会場

座長: 松川 則之 (名古屋市立大学神経内科)
演者: 杉山 一彦 (広島大学病院がん化学療法科)

14. 小児科から学ぶ発達障害診療

11月5日(土) 11:00~12:00  第2会場

座長: 熱田 直樹 (名古屋大学神経内科)
演者: 前垣 義弘 (鳥取大学医学部脳神経医科学講座脳神経小児科学分野)

15. 脳卒中の疫学および臨床研究

11月5日(土) 14:20~15:20  第6会場

座長: 桂 研一郎 (国際医療福祉大学三田病院予防医学センター神経内科)
演者: 有馬 久富 (福岡大学衛生・公衆衛生学)

モーニングレクチャー

1. 神経生理ベーシック 筋電図の基礎 ALSの診断を中心に

11月4日(金) 8:00~9:00  第2会場

座長: 園生 雅弘 (帝京大学神経内科)
演者: 幸原 伸夫 (神戸市立医療センター中央市民病院神経内科)

2. 不随意運動 (運動異常症) について今、考える (ビデオレクチュア)

11月4日(金) 8:00~9:00  第4会場

座長: 長谷川一子 (国立病院機構相模原病院神経内科)
演者: 福武 敏夫 (亀田メディカルセンター神経内科)

3. 神経生理学2 advanced:神経筋電気診断のstrategy

11月5日(土) 8:00~9:00  第2会場

座長: 和泉 唯信 (徳島大学神経内科)
演者: 園生 雅弘 (帝京大学神経内科)

4. メタアナリシスと脳画像解析

11月5日(土) 8:00~9:00  第4会場

座長: 長田  乾 (横浜総合病院臨床研究センター)
演者: 川口  淳 (佐賀大学医学部地域医療科学教育研究センター)

マラソンレクチャー

1. 診療ガイドライン2014に基づく細菌性髄膜炎成人例の治療

11月3日(木) 10:00~10:45  第4会場

座長: 中嶋 秀人 (大阪医科大学神経内科)
演者: 亀井  聡 (日本大学医学部内科学系神経内科学分野)

2. 現代医学における重症筋無力症の位置づけ

11月3日(木) 10:45~11:30  第4会場

座長: 本村 政勝 (長崎総合科学大学医療工学コース)
演者: 松井  真 (金沢医科大学医学部神経内科学)

3. 慢性頭痛:診断と治療の最前線

11月3日(木) 16:00~16:45  第4会場

座長: 寺山 靖夫 (岩手医科大学内神経治療内科)
演者: 竹島多賀夫 (永病院神経内科・頭痛センター)

4. 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー、
  多巣性運動ニューロパチーの治療

11月3日(木) 16:45~17:30  第4会場

座長: 勝野 雅央 (名古屋大学神経内科)
演者: 神田  隆 (山口大学大学院医学系研究科神経内科学)

5. 専門医が知っておくべきパーキンソン病の病態と治療の展望

11月3日(木) 17:30~18:15  第4会場

座長: 伊東 秀文 (歌山県立医科大学神経内科)
演者: 髙橋 牧郎 (日本赤十字社大阪赤十字病院神経内科)

6. 認知症の診断と治療はどこまで進んだか?

11月4日(金) 10:30~11:15  第4会場

座長: 松原 悦朗 (大分大学神経内科)
演者: 冨本 秀和 (三重大学医学部神経病態内科学講座)

7. 運動失調診療の実際とプリズム順応テスト

11月4日(金) 11:15~12:00  第4会場

座長: 小野寺 理 (新潟大学神経内科)
演者: 水澤 英洋 (国立精神・神経医療研究センター)

8. 非心原性脳梗塞の再発予防の最前線

11月4日(金) 14:50~15:35  第4会場

座長: 西山 和利 (北里大学神経内科)
演者: 鈴木 則宏 (慶應義塾大学医学部神経内科)

9. 多発性硬化症の治療:現状と課題

11月4日(金) 15:35~16:20  第4会場

座長: 永田栄一郎 (東海大学神経内科)
演者: 吉良 潤一 (九州大学医学院医学研究院神経内科学)

10. ボツリヌス治療

11月4日(金) 16:20~17:05  第5会場

座長: 犬塚  貴 (岐阜大学神経内科)
演者: 目崎 高広 (榊原白鳳病院)

11. レストレスレッグス症候群

11月5日(土) 9:00~9:45  第4会場

座長: 上野  聡 (奈良県立医科大学神経内科)
演者: 平田 幸一 (獨協医科大学医学部内科学 (神経) )

12. 本態性振戦の診断と治療

11月5日(土) 9:45~10:30  第4会場

座長: 山口 修平 (島根大学第三内科)
演者: 中村 雄作 (近畿大学医学部堺病院神経内科)

13. めまいの治療

11月5日(土) 10:30~11:15  第4会場

座長: 伊藤 義彰 (大阪市立大学神経内科)
演者: 城倉  健 (横浜市立脳卒中・神経脊椎センター神経内科)

14. 特発性正常圧水頭症

11月5日(土) 11:15~12:00  第4会場

座長: 原  英夫 (佐賀大学神経内科)
演者: 森  悦朗 (東北大学大学院医学系研究科高次脳機能障害学分野)

15. ジストニアは稀ではない:病態と治療について

11月5日(土) 14:00~14:45  第4会場

座長: 古谷 博和 (高知大学神経内科)
演者: 梶  龍児 (徳島大学神経内科)

16. ギラン・バレー / フィッシャー症候群

11月5日(土) 14:45~15:30  第4会場

座長: 田中 章景 (横浜市立大学神経内科学)
演者: 桑原  聡 (千葉大学大学院医学研究院神経内科学)

17. 多発性筋炎 / 皮膚筋炎の治療

11月5日(土) 15:30~16:15  第4会場

座長: 黒川 勝巳 (広島市民病院脳神経内科)
演者: 砂田 芳秀 (川崎医科大学神経内科)

メディカルスタッフレクチャー

1. パーキンソン病の運動症状と精神症状

11月3日(木) 9:00~9:30  第5会場

座長: 高橋 一司 (埼玉医科大学神経内科)
演者: 菊地 誠志 (国立病院機構北海道医療センター)

2. 脳梗塞の病態と看護

11月3日(木) 9:30~10:00  第5会場

座長: 伊藤 義彰 (大阪市立大学神経内科)
演者: 竹川 英宏 (獨協医科大学神経内科 (脳卒中部門) )

3. アルツハイマー病の治療

11月3日(木) 10:00~10:30  第5会場

座長: 芳川 浩男 (兵庫医科大学神経内科)
演者: 下濱  俊 (札幌医科大学医学部神経内科学講座)

4. 筋萎縮性側索硬化症における呼吸療法:最近の知見と今後の課題

11月3日(木) 10:30~11:00  第5会場

座長: 小森 哲夫 (国立病院機構箱根病院 神経筋・難病医療センター)
演者: 清水 俊夫 (東京都立神経病院脳神経内科)

5. 失語のみかた:よりよい治療・リハビリテーションのために

11月3日(木) 11:00~11:30  第5会場

座長: 郡山 達男 (広島市立リハビリテーション病院)
演者: 大槻 美佳 (北海道大学大学院保健科学研究院)

6. 高齢者てんかんと認知症

11月3日(木) 16:00~16:30  第5会場

座長: 水野 敏樹 (京都府立医科大学神経内科)
演者: 小尾 智一 (国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター神経内科)

7. 重症筋無力症の理解と療養について

11月3日(木) 16:30~17:00  第5会場

座長: 松井  真 (金沢医科大学神経内科)
演者: 木村 文治 (大阪医科大学神経内科)

8. 多発性硬化症と視神経脊髄炎

11月3日(木) 17:00~17:30  第5会場

座長: 野村 恭一 (埼玉医科大学総合医療センター神経内科)
演者: 田中 惠子 (新潟大学脳研究所細胞神経生物学分野)

9. 感染性脳炎と非感染性脳炎

11月3日(木) 17:30~18:00  第5会場

座長: 深浦 彦彰 (埼玉医科大学総合医療センター神経内科)
演者: 伊藤  悟 (鳥取大学医学部脳神経医科学講座脳神経内科学分野)

10. HIV感染の中枢神経合併症

11月4日(金) 9:00~9:30  第5会場

座長: 亀井  聡 (日本大学神経内科)
演者: 中島 一郎 (東北大学医学部神経内科)

11. 筋炎と筋ジストロフィー

11月4日(金) 9:30~10:00  第5会場

座  長: 砂田 芳秀 (川崎医科大学神経内科)
演  者: 川井  充 (国立病院機構東埼玉病院)
代理講演: 尾方 克久 (国立病院機構東埼玉病院臨床研究部)

12. 脊髄小脳変性症

11月4日(金) 11:05~11:35  第5会場

座長: 池田 佳生 (群馬大学脳神経内科)
演者: 佐々木秀直 (北海道大学大学院医学研究科神経病態学講座神経内科学分野)

13. 末梢神経障害とは?
  ギラン・バレー症候群と慢性炎症性脱髄性多発根神経炎を中心に

11月4日(金) 11:35~12:05  第5会場

座長: 髙嶋  博 (鹿児島大学神経内科)
演者: 國本 雅也 (医療法人伸援会くにもとライフサポートクリニック)

14. 神経難病のリハビリテーション

11月4日(金) 14:50~15:20  第5会場

座長: 長谷川泰弘 (聖マリアンナ医科大学神経内科)
演者: 中馬 孝容 (滋賀県立成人病センターリハビリテーション科)

15. 神経疾患の鑑別診断における神経心理検査

11月4日(金) 15:20~15:50  第5会場

座長: 大崎 康史 (高知大学神経内科)
演者: 西尾 慶之 (東北大学大学院医学系研究科高次機能障害学分野)

16. BPSDの理解と対応

11月4日(金) 15:50~16:20  第5会場

座長: 大八木保政 (愛媛大学老年・神経・総合診療内科学)
演者: 池田  学 (大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学講座精神医学分野)

17. 頭痛の病態生理と治療

11月5日(土) 9:00~9:30  第5会場

座長: 飯塚 高浩 (北里大学病院神経内科)
演者: 荒木 信夫 (埼玉医科大学神経内科)

18. 脳梗塞のリハビリテーションと慢性期ケア

11月5日(土) 9:30~10:00  第5会場

座長: 八木田佳樹 (川崎医科大学脳卒中医学)
演者: 平野 照之 (杏林大学医学部脳卒中医学)

19. 神経疾患における転倒予防―多職種で、楽しく、多面的な対策を!―

11月5日(土) 14:00~14:30  第3会場

座長: 野元 正弘 (愛媛大学薬物療法・神経内科)
演者: 餐場 郁子 (国立病院機構東名古屋病院)

20. 神経疾患における下部尿路機能障害

11月5日(土) 14:30~15:00  第3会場

座長: 武藤多津郎 (藤田保健衛生大学脳神経内科)
演者: 山本 達也 (千葉大学大学院医学研究院神経内科学)

21. せん妄:診断・予防・治療

11月5日(土) 15:00~15:30  第3会場

座長: 西川 典子 (愛媛大学薬物療法・神経内科)
演者: 布村 明彦 (山梨大学大学院総合研究部医学域精神神経医学講座)

特別企画1

臨床研究に関する法制化

11月3日(木) 11:00~11:30 第2会場

座長: 糸山 泰人 (国際医療福祉大学)
演者: 中村 治雅 (国立精神・神経医療研究センター臨床研究支援室)

特別企画2

専門家の要らない薬物依存治療―依存症集団療法「SMARPP」

11月4日(金) 17:00~17:50 第1会場

座長: 栗山  勝 (脳神経センター大田記念病院)
演者: 松本 俊彦 (国立精神神経医療研究センター)

特別セッション

神経治療の医療と研究開発
―国立精神・神経医療研究センターと国立病院機構の取り組み

11月5日(土) 9:00~10:00 第3会場

座長: 難波 吉雄 (国立研究開発法人国立国際医療研究センター)
1. 神経治療開発研究と精神・神経センター
演者:水澤 英洋
(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター理事長・総長)
2. 神経疾患医療と国立病院機構
演者:古都 賢一
(国立病院機構)

市民公開講座

11月6日(日) 13:30~16:30 くにびきメッセ 3F 国際会議場

脳卒中、パーキンソン病、認知症ってどんな病気?-神経内科医が診ます-

1. 進歩する脳卒中治療
演者:荒木 信夫
(埼玉医科大学神経内科)
2. ここまできた! パーキンソン病の治療最前線
演者:高橋 良輔
(京都大学医学研究科臨床神経学 神経内科)
3. パーキンソン症候群 -似て非なる疾患群-
演者:長谷川一子
(国立病院機構相模原病院)
4. わかりやすい認知症のはなし;予防、早期介入の重要性と治療法の進歩
演者:冨本 秀和
(三重大学医学部神経病態内科学講座)