第9回日本うつ病学会総会

The 9th Congress of the Japanese Society of Mood Disorders

テーマ:今こそ問う、うつ病のパースペクティブ

会長:石郷岡 純  東京女子医科大学医学部精神医学教室 主任教授

会期:2012年7月27日(金)・28日(土)

会場:京王プラザホテル

演題登録のご案内

一般演題採択結果一覧 [PDFダウンロード]

演題の募集はインターネット(UMIN演題登録システム)で行います。
締め切り日までは、オンライン上で登録した抄録内容の修正も可能ですが、締切日の正午を過ぎますとシステムが自動的に終了いたしますので、以降の訂正・登録・削除はできません。
締め切り直前にはアクセスが集中して繋がりにくくなることが予想されますので、余裕を持って応募してください。

演題登録期間 ※終了しました

  • 【演題登録受付開始日】
  • 一般演題:2012年1月11日(水)正午
  • 指定演題:2012年2月22日(水)正午
  • 【演題登録締め切り期日】
    • 一般演題:締め切りました。
    • 指定演題:締め切りました。

募集演題

(1)
一般演題:公募
 
一般演題の発表形態は、ポスター(フリーディスカッション)のみです。
(2)
指定演題:指定
 
※事務局より指名させていただいた方に限ります。
それ以外の方が登録されても無効となります。

一般演題ご登録の方へ

演題応募者の資格
筆頭演者(発表者)は日本うつ病学会の正会員の方に限ります。登録の際に必ず8ケタの会員番号の入力をしてください。なお申請中または不明の方は「99」と入力してください。非正会員の方は演題申込みと同時に2012年3月30日(金)までに入会申込書をお送りください。
なお、入会方法についての詳細は日本うつ病学会のホームページをご覧ください。
演題の採否
プログラム委員会で演題の審査を行い、演題の採否および発表日時については、後日、ご登録いただいた筆頭著者のメールアドレス宛に配信します。今後、上記内容に対して変更が発生した場合は、ホームページでご案内しますので、定期的に更新内容のご確認をお願いします。
応募に関するお願い
上記のカテゴリー選択に準じ、うつ病に関する広い範囲から演題を募集します。多数の演題応募をお待ちしております。
※医師以外の医療関係者(看護・保健・福祉従事者等)からの演題登録も
歓迎します。
応募分野とカテゴリー選択について
一般演題に登録希望の方は、下記の応募分野とカテゴリーを選択してください。
発表分野の最終決定はプログラム委員会にて行います。

応募分野

1. 医学分野
2. 医療保健分野

カテゴリー

1. 薬物療法
2. 薬物療法以外の治療法
3. 病態・症状・診断・評価
4. ライフサイクルとうつ病
5. 自殺予防
6. 産業メンタルヘルス
7. 家族への支援
8. 症例検討
9. その他

演題登録される全ての方へ

※重要利益相反の開示について
申告対象となる利益相反
2011年1月1日から12月31日までの一年間に一団体から得ている利益の合計額が下記の場合。
  • 役員等報酬・株式・特許権実施料:100万円以上
  • 会議謝金・講演料・原稿料等:50万円以上
  • 研究費・奨学寄附金:200万円以上
  • 寄付講座:金額基準なく所属の有無
  • 労力・知識の提供と関係のない旅費・贈答:5万円以上
  • 学会出席に関する交通費・宿泊費:5万円以上
  • 配偶者、一親等の親族、収入・財産を共にする者につき、これと同じ利益相反状態を知っている場合には申告。
  • 利益を提供する団体は営利企業に限らず、財団等も対象となる。
  • 講演・論文の発表者(講演は筆頭のみ)は、発表内容と関わる事項。
回避すべき事項‐1
1.すべての研究者が回避すべきこと
  • (1)臨床試験参加者の仲介や紹介、特定期間の症例集積に対応した報賞金の取得
  • (2)特定の研究結果に対する成果報酬の取得
  • (3)研究結果の分析、公表に関して、資金提供者・企業が影響力の行使を可能とする契約の締結
回避すべき事項‐2
2.臨床研究の試験責任者*が回避すべきこと
  • (1)臨床研究を依頼する企業の株の保有
  • (2)臨床研究を依頼する企業や営利を目的とした団体の役員、理事,顧問など(無償の科学的な顧問は除く)
  • (3)当該研究に関係のない学会参加等に対する資金提供者・企業からの旅費・宿泊費の支払い
  • (4)当該研究に要する実費や正当な報酬以外の金銭や贈り物の取得
    但し、上記に該当する研究者が当該臨床研究を計画・実行するうえで必要不可欠の人材であり、かつ当該臨床研究が医学的に極めて重要な意義をもつような場合であって、当該利益が正当と認められる場合には、その判断と措置の公平性、公正性および透明性が明確に担保されるかぎり、当該臨床研究の責任者に就任することができる場合がある。
  • *臨床研究倫理指針における「研究責任者」治験における「治験責任医師」
※重要倫理性への配慮
抄録の作成にあたっては個人情報の取り扱いに充分に注意し、各施設の研究倫理規定などを遵守し下記の倫理的指針などに従ってください。
※抄録の本文に倫理的に配慮した研究発表であることを明記してください。
  • ヘルシンキ宣言(世界医師会)
  • 臨床研究に関する倫理指針(厚生労働省)
  • 疫学研究に関する倫理指針(文部科学省・厚生労働省)
  • 臨床における倫理綱領(日本精神神経学会)
  • 「平成9年5月30日、精神神経学雑誌;99、525-531、1997」に掲載

バイオロジーの研究(血液を使った研究等)については必ず倫理委員会での承認が必要です。クリニック等倫理委員会のない施設からの応募の場合には、関係大学等、倫理委員会を有する機関との共同研究という形を取って、倫理委員会の承認を得るという方法があります。
※抄録の本文に倫理委員会で承認された研究発表であることを明記して
ください。

抄録の本文の表現を下記の例を参考にしてください。


「2007年」「2009年」 → 「X年」「X+2年」
「39歳」 → 「30歳代」
「8歳」 → 「学童期」
「京都府」 → 「Y県」
「大阪大学医学部附属病院」 → 「Z病院」

発表にあたっては十分なインフォームド・コンセントを得て、プライバシーに関する守秘義務を遵守し、匿名性の保持に十分な配慮をしてください。

登録の前に
UMINオンライン演題登録システムでは、Internet ExplorerとNetscape、Safari、Firefox以外のブラウザでは演題登録できません。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。
登録方法
ホームページ上で注意事項を確認の上、必要事項を入力してください。
抄録を最初に登録する際に、登録者本人に任意のパスワード(半角英数文字8文字以内)を決めていただきます。これを用いる事によって登録後の記載事項の変更が締切日まで何回も可能となります。ただし、パスワードの記録および機密保持は、登録者の管理に依存しますので、万一お忘れになると抄録の変更ができなくなります。このことに関しては、セキュリテイの関係からお問い合わせには一切応じられませんのでご注意ください。
暗号登録
オンライン登録および修正は、原則として暗号通信をご利用ください。平文通信は危険です。第3者があなたのパスワードを盗聴して、演題・抄録を無断削除したり、改竄したりする可能性があります。特に病院情報システムや電子メール用に使っているパスワードを、平文通信で演題登録用に使用することは絶対に止めてください。被害が演題・抄録以外にも及びます。平文通信は、暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザが古い)に限ってご利用ください。
パスワード
抄録を最初に登録するときに登録者本人に任意のパスワードを決めていただきます。整理番号、パスワードに関しての問い合わせには一切応じられませんので必ずメモをとるなど保管するようにしてください。演題登録時の整理番号とこのパスワードを用いることにより、登録後の変更が修正期間中であれば何回でも可能です。確認・修正は確認・修正画面より行ってください。
申込みの際の注意点
原稿の長さは、一括編集の都合上、以下のとおりとします。
  • 演題名は全角で60文字以内とします。 演題名、氏名、所属を除いた本文は全角で800文字以内とします。
  • 本文は【目的】【方法】【結果】【結論】の順に区分してご入力ください。
  • 特殊文字(ISO8859-1)の使用はできません。
  • 発音記号の使用はできません。
  • 歯式の使用はできません。
  • 所属は簡略化せず正確に記載してください。
  • 写真、図、グラフなどのグラフィックの貼り込みは認められません。
  • 規格の守られていない原稿は不採用となりますのでご了承ください。
使用文字について
①②③のような丸数字は使用できません。
Ⅰ、Ⅱ、Ⅲのようなローマ数字も使用できません。英字の組合せで、II、VI、XIのように入力してください。
シンボル(symbol)書体半角(1バイト文字)の等を使用するとabcなどに自動変換されてしまいますので使わないようにしてください。必ず全角(2バイト文字)のαβγを利用してください。
半角カタカナは使用できません。カタカナは全角で、英字および数字は半角で記入してください。
タイトルおよび抄録本文で上付き文字、下付き文字、斜め(イタリック)文字、太文字、改行、アンダーラインを使うときに用いる<SUP> </SUP>、<SUB> </SUB>、<I> </I>、<B> </B>、<BR>、<U> </U>の記号はすべて半角文字(1バイト文字)を使用してください。本文中に単独で<または>を利用するときは、全角文字(2バイト文字)を使用してください。
例 p<0.05、CO>2.2
英文や数字を入力する際、O(アルファベット)と0(数字)や、l(アルファベットL小文字)と1(数字)、あるいはX(アルファベット)と×(かける)などきちんと区別してください。
登録番号とパスワードによる確認
オンライン演題登録をした後は、確実に登録されているか、確認修正画面にて登録番号とパスワードを用いて必ずご確認いただくようお願いします。

お問合せ先

第9回日本うつ病学会総会 事務局
(株)コンベンションリンケージ内
〒102-0075東京都千代田区三番町2 三番町KSビル
TEL:03-3263-8688/FAX:03-3263-8693
E-mail:jsmd9@c-linkage.co.jp

演題登録

よくある質問とその回答集
http://www.umin.ac.jp/endai/userfaq.htm

暗号通信利用(推奨)

※  平文通信の利用は推奨しません。暗号通信が使えない場合にのみ以下をご利用ください。

平文通信利用

Copyright © 2011- 第9回日本うつ病学会総会 All Rights Reserved.