• 診療教育委員会 第10回うつ病診療講習会
  • 自殺予防研修会

自殺予防研修会

複雑事例を通して学ぶ自殺予防のエッセンシャル

自殺と精神保健の関連は密接であり、自殺対策基本法・大綱において医療・保健・福祉専門職の
自殺予防対策への関与が求められています。本研修会の対象は、専門職・対人支援職で、自殺の
リスクの高い複雑事例を、多職種グループにより、10エッセンシャルズという教育モジュールを
用いて多面的に検討します。本研修会は4年目となりますが、新規事例を用いて行われます。

日本うつ病学会自殺対策委員会 委員長
河西 千秋
第13回日本うつ病学会総会 会長
尾崎 紀夫

開催概要

日時 2016年8月5日(金)15時20分~17時50分
会場 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)9F 「会議室901」
第13回日本うつ病学会総会  第5会場

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
http://www.winc-aichi.jp/
対象 1.日本うつ病学会の会員 ※第13回日本うつ病学会総会にもご参加ください。
2.第13回日本うつ病学会総会に参加する臨時会員

【職種】上記1.2.に共通
医師 :プライマリ・ケアに関わるすべての医師、精神科、心療内科
看護師 :保健師を含むあらゆる看護職
コメディカル :精神保健福祉師・MSW・心理職・救急救命士・
 行政の相談窓口担当者・介護専門職
形式 研修会形式(事例検討を中心としたワークショップ)
グループワークは各班6人程度の多職種に分かれて行います。
受講料 5,000円(テキスト代を含む)
定員 40名
※定員を上回る場合、受講できない場合もございますので予めご了承ください。
受講者への配布物 1.自殺予防のエッセンシャル(仮題)のポケット版パウチ文書
2.研修受講証書
3.その他自殺予防のための臨床に資する情報提供資料等
主催 第13回日本うつ病学会総会および日本うつ病学会自殺対策委員会
共催 自殺予防学会

講師陣

司会

河西 千秋(札幌医科大学医学部神経精神医学講座)
大塚耕太郎(岩手医科大学医学部神経精神科学講座)

講師・ファシリテーター

張  賢徳(帝京大学医学部附属溝口病院精神科)
太刀川弘和(筑波大学保健管理センター精神科)
川原 庸子(慶應義塾大学医学部精神神経科学教室)
橋本  聡(熊本医療センター精神科)
石井 貴男(札幌医科大学医学部神経精神医学講座)
玄  東和(帝京大学医学部附属溝口病院精神科)
小山 達也(東京女子医科大学看護学部)

参加申込期間

2016年6月10日(金)~ 7月11日(月) 7月21日(木)正午
参加申込を締め切りました。多数のお申込ありがとうございました。

定員になり次第、締め切り前に打ち切りになる場合もございます。

お申込方法

  • 1.下記フォームより事前申込を行ってください。
  • 2.会員でない方で総会に参加希望の方は、先に臨時会員の申込みをしてください。
    臨時会員申込みはこちら
  • 3.事前参加登録の申込者には、受講料振込先(銀行口座番号)をメールでご連絡いたします。
  • 4.期限までに、受講料を指定の銀行口座にお振込みください。

自殺予防研修会に関するお問合わせ

第13回日本うつ病学会総会運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒460-0008 名古屋市中区栄3-32-20 朝日生命矢場町ビル
TEL: 052-262-5070 FAX: 052-262-5084
E-mail: jsmd13@c-linkage.co.jp

運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒460-0008 名古屋市中区栄3-32-20 朝日生命矢場町ビル
TEL:052-262-5070 / FAX:052-262-5084 / E-mail:jsmd13@c-linkage.co.jp

上へ