プレナリーセッション

例年通り、学問的に優れたオリジナリティーの高い演題を公募します。本セッションに選出された演者には"理事長賞"が授与されます。選出された演題は、学会機関誌であるJHBPSに掲載されることを前提としております。
かねてより本学会はJHBPSの充実に力を注いでいるところであり、本セッションに選出された際は、以下のプロセスが義務付けられますので予めご確認ください。

プレナリー演題募集期間

演題募集期間:2017年9月1日(金)~10月31日(火) 11月14日(火) ※締め切りました

運営事務局メールアドレス(jshbps30@c-linkage.co.jp)にWordでご投稿ください。

応募資格

発表者(共同演者を含む)は、全て日本肝胆膵外科学会会員に限ります。
未入会の方は至急入会手続きをお願いいたします。

プロセス

プレナリー演題に登録いただく際は、下記プロセスについてご承知をお願いします。

  • 2017年9月1日(金)~10月31日(火) 11月14日(火)
    Plenary session演題募集期間(Proceedingで演題登録)
  • 11月1日(水)~11月17日(金) 11月15日(水)~11月29日(水)予定
    本学会Scientific Committee内で選考(3題採択)
  • 11月20日(月) 11月30日(木)予定
    採択された演題の演者に採択通知
  • ~12月20日(水) ~2018年1月9日(火)予定
    採用された演者は、JHBPS にオンライン投稿(”Discussion”部分※は学術集会での発表後に追加)

    ※”Discussion”部分には、当該セッション発表時の質疑応答部分を記載いただきます。

    • 査読過程でRejectとなった場合は、”Plenary Session”で発表できず、「理事長賞」は授与されない。
    • 査読過程でReviseとなった場合は、査読者からAccept手前の判定となるまで、Reviseを繰り返す。
      その後、学術集会における”Plenary Session”で発表、さらに、社員総会にて「理事長賞」を授与される。
  • 2018年6月学術集会で発表後、
    演者は、(Revise状態の)論文本文に”Discussion”部分を追加し、再びオンラインで提出する。(学術集会終了後、当該学術集会運営事務局から発表セッションの録音データが送付される)
  • Discussion部分を追加した論文の再提出後、
    査読をうけ、Acceptとなった場合、JHBPSに掲載される。

お問い合わせ先

第30回日本肝胆膵外科学会学術集会 運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒102-0075 東京都千代田区三番町2
TEL:03-3263-8688 FAX:03-3263-8693 E-mail:jshbps30@c-linkage.co.jp

ページの先頭へ

ENGLISH

Copyright © 第30回日本肝胆膵外科学会学術集会. All Rights Reserved.