日程表プログラム

状況に応じてプログラムは変動いたします。あらかじめご了承ください。


 



※この他にも企業展示等予定しております。



特別講演

座長: 内野 眞也(医療法人野口記念会野口病院 外科)

新型シークエンサーの家族性腫瘍への応用

国立遺伝学研究所 人類遺伝研究部門  井ノ上逸朗



教育講演1

座長: 濱口 和之(大分大学医学部 看護学科 地域・老年看護学講座)

家族性食道癌責任領域17q25.1に注目した新規食道癌の原因遺伝子同定へのアプローチ

九州大学病院別府病院 外科  三森 功士



教育講演2

座長: 柴田 洋孝(大分大学医学部 内分泌代謝・膠原病・腎臓内科学講座)

次世代シークエンサーがもたらす近未来の医療

東京大学医科学研究所 臨床ゲノム腫瘍学分野  古川 洋一



シンポジウム1:多発性内分泌腫瘍(MEN1,2)

座長: 岡本 高宏(東京女子医科大学 内分泌外科)
  今井 常夫(愛知医科大学 乳腺・内分泌外科)

MEN診療のネットワーク構築

札幌医科大学 遺伝医学  櫻井 晃洋


MENと診断された方やご家族が医療(者)や遺伝カウンセリングに望むこと:インタビュー調査を通して

京都大学 医学部附属病院 遺伝子診療部  鳥嶋 雅子


MEN診療体制の現状と課題:MEN2

医療法人野口記念会野口病院 研究検査科  伊藤亜希子


MENガイドブック:MEN1

福島県立医科大学 甲状腺内分泌学講座  鈴木 眞一


MENガイドブック:MEN2

日本医科大学 内分泌外科  杉谷  巌



シンポジウム2:家族性大腸腫瘍(FAP、リンチ)

座長: 新井 正美(がん研有明病院 遺伝子診療部)
  田中屋宏爾(国立病院機構 岩国医療センター)

家族性大腸腺腫症に対する手術療法

兵庫医科大学 下部消化管外科  塚本  潔


徹底的な内視鏡的ポリープ摘除で家族性大腸腺腫症の大腸癌は予防できるのか

京都府立医科大学 分子標的癌予防医学  石川 秀樹


リンチ症候群のスクリーニングと内視鏡によるサーベイランスの実際

国立がん研究センター中央病院 消化管内視鏡科  中島  健


リンチ症候群に関連した子宮内膜の前がん病変および内膜がんの病理組織学的な特徴

公益財団法人がん研究会 がん研究所 病理部  古田 玲子


Lynch症候群におけるGermline epimutationの現状

自治医科大学 消化器一般外科  宮倉 安幸

遺伝性大腸癌の遺伝カウンセリング
−家族性大腸腺腫症と遺伝性非ポリポーシス大腸癌の遺伝カウンセリングの経験から−

栃木県立がんセンター がん予防・遺伝カウンセリング外来  牧島 恵子

遺伝性大腸癌に関する大腸癌研究会の今後の活動の方向性

埼玉医科大学 総合医療センター 消化管・一般外科  石田 秀行



シンポジウム3:家族性乳癌・婦人科腫瘍

座長: 青木 大輔(慶應義塾大学医学部 産婦人科)
  菅野 康吉(栃木県立がんセンター研究所 がん遺伝子研究室・がん予防研究室)

乳癌診療ガイドライン(2013年度版)における遺伝性乳癌卵巣癌のマネジメントに対する評価と課題

がん研有明病院 遺伝子診療部  新井 正美


乳腺専門医からみた家族性乳癌・卵巣癌症候群へのアプローチ

聖路加国際病院 乳腺外科  矢形  寛


HBOCハイリスク患者の一次拾いあげへの取り組み~乳がん看護認定看護師の立場から~

国立がん研究センター中央病院 第一領域外来  和泉 秀子


遺伝性婦人科腫瘍に対する診療

慶應義塾大学医学部 産婦人科  増田 健太


遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)の遺伝的リスク評価と遺伝子検査の適応

栃木県立がんセンター研究所 がん遺伝子研究室・がん予防研究室  菅野 康吉



市民公開講座1

座長: 内野 眞也(医療法人野口記念会野口病院 外科)

福島原発事故による放射線被爆と小児甲状腺超音波検査の現状

福島県立医科大学 甲状腺内分泌学講座  鈴木 眞一



市民公開講座2 多発性内分泌腫瘍症シンポジウム

座長: 櫻井 晃洋(札幌医科大学医学部 遺伝医学)

MENってどんな病気?

札幌医科大学医学部 遺伝医学  櫻井 晃洋


多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)について

京都大学 医学研究科 医療倫理学・遺伝医療学  小杉 眞司


MEN1の治療

東京女子医科大学 内分泌外科  岡本 高宏


患者さん体験談

むくろじの会


多発性内分泌腫瘍症2型(MEN2)の診断

医療法人野口記念会野口病院 外科  内野 眞也


MEN2の治療

愛知医科大学 乳腺・内分泌外科  今井 常夫


遺伝子診療を考える会

FCC制度の趣旨説明

  慶應義塾大学 看護医療学部  武田 祐子


第1部:乳がんの遺伝子診療を考える会

座長: 大住 省三(独立行政法人国立病院機構四国がんセンター 乳腺外科)
  川崎 優子(兵庫県立大学 看護学部)

1.乳がんの遺伝子診療における乳腺外科医の役割

聖路加国際病院 乳腺外科  山内 英子


2.遺伝性乳がんに関する患者の意識調査と今後の展開

うえお乳腺外科 上尾 裕昭


3.遺伝性乳がんの診療における看護師の役割

聖路加国際病院 看護部  大川  恵


4.乳がんの遺伝子診療における遺伝カウンセラーの役割

昭和大学病院臨床遺伝医療センター  四元 淳子



第2部:多職種により遺伝子診療を考える会

ファシリテーター: 村上 好恵(東邦大学 看護学部)
  武田 祐子(慶應義塾大学 看護医療学部)
  金子 景香(独立行政法人国立病院機構四国がんセンター 家族性腫瘍相談室)