参加についてのご案内

1.参加受付

日 時: 6月9日(木) 14:00~18:30 (神戸ポートピアホテル 本館 B1階 偕楽前)
6月10日(金) 8:00~17:00 (神戸国際会議場 3階 ホワイエ)
6月11日(土) 8:00~14:00 (神戸国際会議場 3階 ホワイエ)

※会期中の新規入会及び会費納入手続きは、「日本化学療法学会新入会・年会費受付」にて行います。

2.学会参加費

学会参加当日、受付にて下記の通りお支払いください。

会員及び非会員  
医師・歯科医師・企業 15,000円
薬剤師・看護師・臨床検査技師・大学院生 10,000円
大学生・留学生 無料
(学生証あるいは留学生の証明書を当日受付にご提示ください)

3.日本化学療法学会新入会・年会費受付

日 時: 6月10日(金) 8:00~17:00 (神戸国際会議場 3階 ホワイエ)
6月11日(土) 8:00~14:00 (神戸国際会議場 3階 ホワイエ)

4.単位

○参加者は下記制度の単位を取得することができます。

  1. 抗菌薬臨床試験指導医・指導者制度講習会(抗菌薬臨床試験認定医・認定者を含む)
    新規申請・更新単位:参加者10単位、演者にはさらに5単位
  2. 抗菌化学療法認定医・指導医認定制度
    新規申請・更新単位:参加者5単位
  3. 抗菌化学療法認定歯科医師・指導医認定制度
    新規申請・更新単位:参加者5単位
  4. 抗菌化学療法認定薬剤師制度
    新規申請・更新単位:参加者5単位
  5. ICD制度協議会
    更新単位:5単位、演者にはさらに2単位
  6. 日本感染症学会感染症専門医
    更新単位:3単位、筆頭演者にはさらに3単位
  7. 日本医真菌学会専門医
    更新単位:2単位、司会・座長・演者にはさらに2単位

 ※学会参加証(ネームカード)は上記1)~7)の申請に必要ですので、大切に保管してください。

  • ○日本小児科学会専門医 更新3単位
    規定の参加証明書を発行しますので、必要な方は「日本化学療法学会新入会・年会費受付」にお越しください。
  • ○日病薬病院薬学認定薬剤師制度 研修単位シール
    規定のシールを1日1枚配布しますので必要な方は各日、「総合案内」にお越しください。
    交付日時・単位: 6月9日(木)14:00~18:30 2単位(神戸ポートピアホテル 本館 B1階 偕楽前)
    6月10日(金)8:00~18:30 4単位(神戸国際会議場 3階 ホワイエ)
    6月11日(土)8:00~15:30 4単位(神戸国際会議場 3階 ホワイエ)

5.プログラム・抄録集

必ずご持参ください。会場にてご購入の場合は1部2,000円となります。

6.理事会

理事会
日 時:6月9日(木) 15:30~17:00
会 場:403(神戸国際会議場 4階)
新理事会
日 時:6月10日(金) 18:00~18:30
会 場:サファイア(神戸ポートピアホテル 南館 B1階)

7.評議員会

日 時: 6月9日(木) 17:30~18:30
会 場: 第3会場(神戸国際会議場 4階 401+402)

8.総 会

日 時: 6月10日(金) 13:10~14:10
会 場: 第1会場(神戸国際会議場 1階 メインホール)

9.学会賞表彰式、志賀潔・秦佐八郎記念賞受賞講演

日 時: 6月10日(金) 14:10~15:10
会 場: 第1会場(神戸国際会議場 1階 メインホール)
1.学会賞表彰式
2.志賀潔・秦佐八郎記念賞受賞講演

10.懇親会

日 時: 6月10日(金) 18:40~20:00
会 場: 神戸ポートピアホテル 南館 1階 大輪田
会 費: 3,000円

11.ランチョンセミナー

ランチョンセミナー参加には整理券が必要となります。
整理券は先着順に配布いたしますので、終了の際はご了承ください。

日 時: 各日8:00~配布次第終了
会 場: 神戸国際会議場 3階 レセプションホール

12.商業展示

日 時: 6月10日(金) 9:00~18:00
6月11日(土) 9:00~15:00
会 場: 神戸国際会議場 3階 レセプションホール

13.クローク

日 時: 6月9日(木) 14:00~18:30(神戸ポートピアホテルのみ)
6月10日(金) 8:00~18:30
6月11日(土) 8:00~18:00
会 場: 神戸国際会議場 3階 306
神戸ポートピアホテル 本館 B1階 偕楽前

14.写真撮影・ビデオ録画・録音について

期間中、発表演題に関する写真撮影・ビデオ録画・録音は一切禁止いたします。

15.会場内の呼び出し

原則として会場内の呼び出しはいたしません。
総合受付付近のインフォメーションボードにて対応いたします。
ご希望の方は総合案内までお越しください。

16.抗菌薬臨床試験指導医・指導者制度講習会

パネルディスカッション2
「耐性菌感染症をターゲットとした抗菌薬開発のための臨床評価ガイドラインを考える」
日 時:6月10日(金) 14:10~15:40
会 場:第7会場(神戸ポートピアホテル 本館 B1階 偕楽)
事前申込みの必要はありません。講習会10分前から会場前にて参加票を配布します。
講習会参加単位は5単位(演者はさらに5単位)です。

17.抗菌化学療法認定医・指導医認定制度ならびに抗菌化化学療法認定歯科医師制度

  1. 審議委員会が指定する抗菌薬適正使用に関連したプログラム
    パネルディスカッション5「術後感染予防抗菌薬適正使用-新しいガイドラインのポイント-」
    日 時:6月11日(土) 9:00~11:00
    会 場:第6会場(神戸ポートピアホテル 本館 B1階 偕楽)
    事前申込みの必要はありません。講演開始10分前から会場前にて参加票を配布します。
    プログラム参加単位は10単位です。
  2. 審議委員会が推薦する抗菌薬適正使用に関連したプログラム
    シンポジウム4「レボフロキサシン」
    日 時:6月10日(金) 16:20~17:50
    会 場:第6会場(神戸ポートピアホテル 本館 B1階 偕楽)
    事前申し込みの必要はありません。講演開始10分前から会場前にて参加表を配布します。
    プログラム参加単位は5単位です。

18.抗菌化学療法認定薬剤師認定制度

本学会学術集会において本委員会が指定したプログラム
シンポジウム3「新生児・乳幼児の抗菌薬・抗真菌薬の投与設計」
日 時:6月10日(金) 14:10~16:10
会 場:第6会場(神戸ポートピアホテル 本館 B1階 偕楽)
事前申込みの必要はありません。講演開始10分前から会場前にて参加票を配布します。
プログラム参加単位は10単位です。

19.第38回抗菌薬適正使用生涯教育セミナー

日時:6月9日(木) 15:00~18:00
会場:第6・7・8会場(神戸ポートピアホテル 本館 B1階 偕楽)
受講には事前登録が必要です。日本化学療法学会ホームページ(http://www.chemotherapy.or.jp/)上または「日本化学療法学会雑誌」綴じ込みの受講申込書をFAXまたは郵便で日本化学療法学会事務局までお送りください。セミナー参加単位は15単位です。なお、日本化学療法学会の非会員は受講料5,000円を申し受けます。受付は先着順とし、定員に達し次第打ち切らせていただきますのでご了承ください。
※セミナーお申込みをキャンセルされる場合は日本化学療法学会事務局までお知らせください。

20.委員会報告

日本化学療法学会 日本感染症学会 日本臨床微生物学会
三学会合同抗菌薬感受性サーベイランス事業
日時:6月11日(土)13:20~14:20
会場:第4会場(神戸国際会議場 5階 501)

21.第232回ICD講習会

日時:6月11日(土) 16:00~17:30
会場:第1会場(神戸国際会議場 1階 メインホール)
定員となりましたので、申込受付を終了いたしました。

【ICD講習会に関する問合せ先】
ICD制度協議会
 URL:http://www.icdjc.jp/klist.html
 TEL:03-5842-5845 FAX:03-5842-5846
 E_mail:icd@theia.ocn.ne.jp

22.セッションの定義

第64回日本化学療法学会総会では、プログラム委員会で検討した結果、質の高い学術プログラムを目的に、シンポジウム、パネルディスカッション、ワークショップを下記のように明確化してセッションを企画しました。

  1. シンポジウム
    ある程度完成され、すでに認められている業績を持つ演者がその業績をさらに発展させた口演を行う。それぞれの演者については個別に質疑・討論を行い、総合討論は行わない。演者の発表時間は質疑・討論も含め30分以内とする。
  2. パネルディスカッション
    数人の演者が一つのテーマについて全員で集中的に討議を行う。司会者が主導となり少なくとも30分以上の総合討論を行う。演者による講演は可及的に短くし総合討論の時間にあてる。今回の学術総会ではテーマに関連した短時間の基調講演や、アンサーパッドによる会場参加セッションを行う。
  3. ワークショップ
    進行中の研究をとりあげる。未完成の進行中の研究をとりあげることが望ましいため、要望演題・一般演題の中から、相応しいものをプログラム委員が選定し、演者に指定した。各演者の発表討論時間は15分以内で、それぞれの演者に個別に質疑・討論を行い、発表内容が多岐にわたることから総合討論は行わない。

23.特別企画「抗微生物薬効果の新しいアプローチ -多方面からの創薬をめざして-:
コンペティションセッション」のご案内

第64回日本化学療法学会総会では、創薬に繋がる可能性や新たな感染症の治療法として、将来性の高い研究を見出し、日本の創薬力の向上や医療の発展に寄与することを目的に、新規抗微生物薬の開発や新しい治療法につながる研究を広く公募しました。その中で、最も優れた研究に対して、50万円を上限とする研究費を助成することといたします。プログラム委員による一次審査により応募17件のうち5件を二次審査へ選考し、学会当日、ポスター(討論なし)ならびに、口演(討論あり)で発表していただきます。活発な質疑・討論をお願いします。

【公募研究内容】
・新しい抗微生物薬の創薬に関する研究
・既存の物質による新しい抗微生物効果に関する研究
【応募資格】
・日本の大学、医療機関、研究所に所属している者で国籍は問わない
・本学会の会員、非会員は問わない
・年齢制限はなし
・同一人による応募は一人一題まで
【助成内容】
助成件数は1件とし、1件あたりの助成金額は50万円を上限とする。
【一次審査の方法】
申請者は期日内に1,200字の研究概要を提出する。本学術総会のプログラム委員で構成する審査委員会にて事前審査を行い、上位数名を一次審査採択とする。
【二次審査の方法】
対象5演題ともポスター・口演両方で発表。
会長が指名する審査委員により審査し、審査の結果をもとに、会長が助成者を決定する。
・ポスター  日時:2016年6月10日(金)~11日(土) (討論なし)
会場:ポスター会場(神戸国際会議場 3階 レセプションホール)
・口 演  日時:2016年6月11日(土)13:20~15:20(討論あり)
会場:第2会場(神戸国際会議場 3階 国際会議室)
【助成者の公表】
日本化学療法学会ホームページおよび日本化学療法学会雑誌に、氏名、所属、研究表題、助成金額を公表する。
【受賞者の義務】
・研究助成金は、当該研究以外の用途には使用しないでください。
・所属施設への助成金納付が必要な場合は、受賞者の責任において、各自手続きください。
・2017年3月31日までに、研究報告書を公益社団法人日本化学療法学会事務局に送付ください。
・研究報告書は、本学会の公益事業として、一般に公開される場合があります。
総会事務局 運営事務局

神戸大学医学部附属病院 感染制御部

〒650-0017
神戸市中央区楠町7-5-2

株式会社コンベンションリンケージ内

〒531-0072
大阪市北区豊崎3-19-3 PIAS TOWER 11F
TEL:06-6377-2188
FAX:06-6377-2075
E-mail:jsc64@c-linkage.co.jp