平成29年度日本臨床衛生検査技師会/中四国支部医学検査学会(第50回)

事務局

久留米大学医学部
形成外科・顎顔面外科学講座

運営事務局

株式会社
コンベンションリンケージ

〒812-0016
福岡市博多区博多駅南1-3-6
第三博多偕成ビル
TEL:092-437-4188
FAX:092-437-4182
E-mail:jsc2017@c-linkage.co.jp

プログラム

1.特別プログラム

特別講演

  1. Ⅰ.「一臨床医のHIV 感染症・AIDS 治療薬の開発:イノベーションと日本の臨床研究・開発における課題」専門医共通講習
    • 演者:満屋裕明 国立研究開発法人 国立国際医療研究センター研究所 所長・理事
    • 世界初のHIV治療薬「AZT」の開発者
  2. Ⅱ.「大宰府ゆかりの書と魅力」
    • 演者:島谷弘幸 九州国立博物館館長

招待講演

  • 「How to Overcome the Controversy in Open Surgical Management for Head and Neck Fractures of the Mandibular Condyle」
    • 演者:Lee,Byung-il Chairman, Board of Director, The Korean Cleft Palate-Craniofacial Surgeon Association

教育講演

  • 「顔面の手術に役立つ臨床解剖:顔面神経と三叉神経の解剖およびそれらの連絡について」
    • 演者:渡部功一 久留米大学医学部解剖学 肉眼臨床解剖部門 准教授

シンポジウム(公募、一部指定)

  1. Ⅰ. 顔面神経麻痺の治療アルゴリズム:ベストプラクティス
  2. Ⅱ. 後頭蓋骨延長
  3. Ⅲ. 舌根・中咽頭側壁・軟口蓋合併切除後の機能再建

パネルディスカッション(公募、一部指定)

  1. Ⅰ. 眼窩の偏位・変形の治療戦略
  2. Ⅱ. 整鼻術 「治療法の選択に悩む症例〜私ならこのようにアプローチする」
  3. Ⅲ. 眼瞼下垂の機能再建
  4. Ⅳ. 顔を造る―非観血的手技から観血的手技まで―

共催セミナー

  • ランチョンセミナー

2.学術講習会

11月18日(土)開催

ハンズオンセミナー「小耳症のフレームワーク」