第41回日本生物学的精神医学会

会長挨拶

大会長:岸本 年史 この度、第41回日本生物学的精神医学会を朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンターにて、2019年6月22日から23日の2日間で開催させていただくことになりました。大会長を拝命しましたこと、大変光栄に存じます。

 同会場にて、6月20日からは第115回日本精神神経学会学術総会が行われますので、連携した企画を検討するとともに、精神科医を中心としてより多くの参加者にお越しいただければと考えております。

 本会では、「心の病の明日を拓く 生物学的精神医学!!Frontier Spirits in Biological Psychiatry」をテーマとしました。関係者が一同に会し、熟練した医師から若手医師まで自由闊達に意見を交わせる場を目指しております。また大会プログラムとしては、特別講演、教育講演、シンポジウム、若手研究者育成プログラム、一般口演、ポスター発表、ランチョンセミナーなどの多くのセッションを計画しています。

 開催地の新潟は、綺麗な水で作られたお米やお酒、新鮮な魚介類で有名です。ご家族皆様でお楽しみいただけると思いますので、奮ってご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

2018年11月吉日

第41回日本生物学的精神医学会
大会長 岸本 年史
(奈良県立医科大学 精神医学講座 教授)