スクラボ

WEB抄録プログラム こちら

iOS/Android 抄録集アプリ ダウンロードのご案内 詳細はこちら

JCHPB2018

利益相反の開示について

筆頭演者の利益相反状態について申告してください。
自己申告が必要な期間は、演題登録日からさかのぼって1年間となります。
また、総会での発表時には、演題登録日の1年前から発表日までの期間について、自己申告が必要となります。
利益相反状態の自己申告についての詳細は下記をご確認ください。

「臨床研究の利益相反に関する指針」

発表時の開示スライドサンプル(パワーポイントデータ)

  • 申告すべき利益相反状態がない場合
  • 申告すべき利益相反状態がある場合

 

▲ PAGETOP