学会事務局

愛媛大学大学院医学系研究科
小児科学講座 内

〒791-0295
愛媛県東温市志津川

運営事務局

株式会社
コンベンションリンケージ内

〒531-0072
大阪市北区豊崎3-19-3
PIAS TOWER 11F
TEL:06-6377-2188
FAX:06-6377-2075
E-mail:jps2018@c-linkage.co.jp

会長挨拶

第70回中国四国小児科学会 会長 石井 榮一

第70回中国四国小児科学会 
会長 石井 榮一 
(愛媛大学大学院医学系研究科小児科学講座)

2018年の第70回中国四国小児科学会は愛媛県松山市の愛媛県医師会館にて11月24日(土)から25日(日)の2日間開催させていただきます。

学術集会のテーマは「子どもの夢、小児科の未来」といたしました。ご存知のように日本における少子高齢化は地域の弱体化を促進し、同時に地域医療も深刻な危機にあります。特に中四国地区における人口減少は顕著です。一方小児医療に関しては、昨年度から開始された新専門医制度で中四国地区における新小児科専門医数は全国的にも少なく、今後中四国における地域小児医療も衰退化することが危惧されます。今こそ中四国地区の小児科医が一体となって小児医療を活性化し、子ども達に素晴らしい未来と夢の実現を応援していく時ではないでしょうか。そのような中で私たち地域医療を担う小児科医の役割は何かを本学会を通して問う機会にしたいと思います。

学会のプログラムは、例年通り特別講演、教育講演、ワークショップ、一般演題で構成する予定です。特別講演では、参議院議員 自見はなこ氏による「地域における小児医療(仮題)」、九州医療センター小児科医長 佐藤和夫先生による「小児科医として新生児を診る(仮題)」を企画しております。教育講演では、平成30年度で退官する広島大学小児科教授 小林正夫先生と私で「小児血液腫瘍」に関する講演を企画いたしました。また2日目に「男女共同参画推進関連」のワークショップを開催する予定です。

懇親会は24日(土)の夜松山全日空ホテルで開催します。同時にいくつかのオプションを計画しておりますので、是非日曜日まで松山のご滞在をお願いしたいと思います。

今回、学会を通じて中四国の多くの方々の情報交換や懇親の場になるよう精いっぱい努力しますので、何卒ご参加よろしくお願い申し上げます。

第70回中国四国小児科学会