第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会


発表者・座長の皆様へ

メインシンポジウム、学会ジョイントプログラム、合同シンポジウム、シンポジウム、教育講演、未来研究リーダー、一般演題(口演)、
日野原賞候補演題(口演)、学生セッション(口演)

座長の皆様へ

  • 座長受付はございません。
  • 発表開始時間の15分前までに次座長席(会場前方向かって右側最前列)にご着席ください。

発表者の皆様へ

(1)発表データの受付について

PC受付の日時・会場は以下となります。
演者の方は、ご発表の30分前までに受付を行い、発表データの動作確認をお願いします。
なお、ご発表の10分前までに発表会場の次演者席(会場前方向かって左側最前席)にご着席ください。

日時: 5月17日(金) 7:30~16:30
5月18日(土) 7:30~17:00
5月19日(日) 8:30~14:00
会場: Room H(国立京都国際会館 1F)

(2)発表方法

  • すべての口演は、PC(Windows 版PowerPoint)での発表となります。
  • 演台上にモニターとキーボード、マウスをご用意しますので、発表スライドの操作はご自身でお願いします。

(3)発表時間

メインシンポジウム、学会ジョイントプログラム、合同シンポジウム、シンポジウム、教育講演、
未来研究リーダー
個別にお知らせします。
一般演題(口演) 1演題 9分(発表6分、質疑3分)
日野原賞候補演題(口演) 1演題 12分(発表6分、質疑6分)
学生セッション(口演) 1演題 9分(発表6分、質疑3分)

(4)データの持ち込み方法

  • Windowsで作成した発表データは、メディア(USBメモリ、CD-R)でご持参ください。
  • 動画ファイルを使用される方は、ご自身のPCをお持込みください。

(5)PCのOSおよび使用ソフト

  • 会場内のPCはすべてWindows10です。
  • 発表ソフトは、Windows版MicrosoftPowerPoint(2010、2013、2016)を用意します。
  • Macintoshで作成したデータは、本体お持ち込みのみの対応とさせていただきます。
  • タブレット端末(iPad、Android 等)・スマートフォン用データの対応はしていません。
  • セッションの進行および演台スペースの関係上、発表者ツールは使用できません。発表原稿が必要な方は、あらかじめプリントアウトをお持ちください。会場でのプリントアウトは対応しておりません。

(6)使用フォント・画面比率

  • 推奨フォント/日本語の場合:MS ゴシック、MSP ゴシック、MS 明朝、MSP 明朝、メイリオ
           英語の場合:Century、Century Gothic
  • 特殊なフォントは代替フォントに置き換えられ、レイアウトが崩れることがあります。特殊なフォントをお使いになる場合には画像化し、オブジェクトとして貼り付けてください。
  • 会場スクリーンは [画面比率4:3] のため、発表データはスライドサイズ [4:3] にてご準備ください。

(7)PC本体をお持ち込みになる場合

  • 発表に動画を使用される場合や、Macintoshでの発表を希望される方はご自身のPCをお持ち込みください。
  • プロジェクターとの接続には、mini D-Sub-15Pin、およびHDMI(タイプA)の出力端子が必要となります。
    使用されるPCの出力端子の形状は必ず事前にご確認の上、当日は変換アダプタ等をご持参ください。
    ※ Thunderbolt(Mini DisplayPort)、Mini HDMI、Micro HDMIなど上記以外の接続はお受けできません。
  • セッションの進行に影響が出るため、発表者ツールは使用できません。発表原稿が必要な方は、あらかじめプリントアウトをお持ちください。
  • バッテリー切れ防止のため、電源(AC)アダプターを必ずご持参ください。
  • 起動時にパスワードを設定している場合は、解除しておいてください。
  • PC本体はサスペンドモード(スリープ、省エネ設定)や、スクリーンセーバーが作動しないように設定してください。
  • 万が一の事故に備えて、ご自身のPCに保存されている重要なデータはバックアップをお取りください。

(8)発表データの削除

  • 運営事務局用意のPCにコピーした全発表データは、発表終了後、運営事務局で完全消去します。

(9)その他

  • アニメーションや画面切り替えなどの効果は、動作の保障ができません。
    音声は出力できません。

一般演題(ポスター)、学生セッション(ポスター)

座長の皆様へ

  • 発表開始時間の15分前までに、ポスター会場前「ポスター座長受付」にて、受付をお済ませください。

発表者の皆様へ

(1)受付

  • 発表の方の受付はございません。事前にご案内した演題番号のポスターパネルに掲示してください。

(2)発表方法および発表時間

  • 各日ごとの貼り替え制です。
  • 一般演題(ポスター):1演題 9分(発表6分、質疑3分)
  • 学生セッション(ポスター):1演題 9分(発表6分、質疑3分)
日付 貼付 発表 撤去※2
5月18日(土) 8:50~9:30 ポスター発表1  9:30~10:30
ポスター発表2 10:30~11:30
ポスター発表3 15:00~16:00
ポスター発表4 16:00~17:00
学生セッション 17:15~18:15※1
17:15~19:00
5月19日(日) 8:50~9:30 ポスター発表5  9:30~10:30
ポスター発表6 10:30~11:30
ポスター発表7 13:30~14:30
14:45~15:30

※1 学生セッション①のみ、17:15~18:15の時間帯でポスター発表を行います。
※2 撤去時間後、残っているポスターは大会事務局で処分いたします。

(3)ポスター作成要項

  • ポスターパネルは縦210cm×横90cmのサイズを用意します。
    本文貼付有効範囲は、縦180cm×横90cmです。
    本文と別に、縦20cm×横70cmのタイトル部分(演題名・演者名・所属)をご用意ください。
  • 演題番号は大会事務局で準備いたします。

(4)ポスター貼付方法

  • 運営事務局で用意したピン・画鋲でポスターを貼付してください。テープ・糊は使用できません。

利益相反状態の開示について

第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会で発表するにあたり、筆頭演者および共同演者全員について、利益相反状態の開示をしてください。

口演発表

  • 招待講演、大会長講演、メインシンポジウム、学会ジョイントプログラム、合同シンポジウム、シンポジウム、教育講演、未来研究リーダー、一般演題、日野原賞候補演題、学生セッションの演者は利益相反の有無にかかわらず、発表スライドの2枚目にて、利益相反状態の開示をお願いします。
    ※開示様式1-1または1-2をスライドの2枚目(演題名の次)に表示してください。
  • その他のセッションでも、レクチャー等を行う場合には利益相反状態開示の趣旨に則り、開示を してください。

ポスター発表

  • 利益相反の有無にかかわらず、開示様式1-3をポスター内の任意の位置に表示してください。なお、開示すべき利益相反状態がある場合は、その企業・団体の名称を音読してください。

重要:必ずご確認ください

学会のホームページの倫理審査基準についてhttps://www.primary-care.or.jp/journal/cmt_rinri.htmlをご参照ください。

  • ①研究については、人を対象とする医学系研究はすべて倫理委員会審査を行ったことを発表時に明示してください。
  • ②症例報告・活動報告については、学会誌の承諾確認書https://www.primary-care.or.jp/journal/pdf/accept_confirm.pdfに準じて、患者のプライバシーに配慮し患者カルテ情報や画像使用のインフォームドコンセントを得たこと、あるいは、その発表を施設長から発表許可を得たことをポスターに明示してください。