第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)

座長・演者の皆様へ

発表時間

シンポジウム/パネルディスカッション 座長一任
一般演題(口演) 発表5分・質疑3分
一般演題(eポスター) 発表3分・質疑2分

発表時間の終了1分前に警告ランプ(黄ランプ)、終了を赤ランプでお知らせします。
口演発表の次演者は、次演者席へお早めにご着席ください。
プログラムの円滑な進行のため、発表時間は厳守いただきますようお願いいたします。

口演発表について

座長の先生方へ

  • セッション開始時刻の15分前までに次座長席にお着きください。
  • 各セッションの進行は座長に一任いたします。セッション予定の時間内に十分検討ができるよう、お願いいたします。
  • プログラムの円滑な進行のため、担当セッションの時間を厳守いただきますようお願いいたします。

発表者の先生方へ

  • 全ての発表は、PC発表のみといたします。
  • スクリーンは1面映写です。
  • 必ず発表セッションの1時間前(朝一番のセッションの方は、30分前)までにPC受付にて受付を済ませてください。
  • セッション開始時刻の15分前までに次演者席にお越しください。
  • プログラムの円滑な進行のため、時間を厳守いただくようお願いいたします。
  • PCセンターの場所と開設時間は下記のとおりです。
    開設時間 6月22日(木) 7:30~17:00
    6月23日(金) 7:30~17:30
    6月24日(土) 8:00~13:00
    場  所 札幌コンベンションセンター 1F エントランスホール
    • 発表の際は、演題にセットされているキーボードとマウスを使用し、ご自身で操作をお願いいたします。

発表形式

  • PC 本体の持込とデータ(USBメモリースティックまたはCD-R)での受付を行います。
  • 動画のある場合は、ご自身のPC をお持込ください。
  • セッションの進行に影響が出るため、発表者ツールは使用できません。
    ※発表原稿が必要な方は、あらかじめプリントアウトをお持ちください。
データを持ち込まれる方へ
  • 事務局ではOS;Windows 10-PowerPoint 2007/2010/2013/2016をインストールされたPCをご用意します。
  • フォントはOS標準のもののみご用意いたします。
    また、以下のフォントを推奨いたします。
    日本語: MS ゴシック、MSP ゴシック、MS 明朝、MSP 明朝
    英 語: Times New Roman, Arial, Arial Black, Arial Narrow, Century, Century Gothic
    (CD-Rの書き込みはハイブリッド(ISO9660)フォーマットをお使いください。パケットライトなど特殊な機能は読めない原因になりますのでご使用にならないでください。)
  • 発表データをCD-Rにコピーする時には、ファイナライズ(セッションのクローズ・使用したCDのセッションを閉じる)作業を必ず行ってください。
    この作業が行なわれなかった場合、データを作成したPC以外でデータを開くことができなくなり、発表が不可能になります。
    また、CD-Rはご自身のPC以外でも、正常にデータを読み込めるかどうかを確認してください。
  • お持込のメディアには、当日発表されるデータ以外は入れないようにしてください。
  • ファイル名は「演題番号 演者名」としてください。
  • 発表に使用するPCは全てXGA(1024×768)に統一してありますので、ご使用のPCの解像度をXGAに合わせてからレイアウトの確認をしてください。
  • 画面をぎりぎりまで使用すると再現環境の違いにより文字や画像のはみ出し等の原因になることがあります。
  • 必ず事前にご自身でメディアのウイルスチェックを行ってください。
  • 動作確認後、メディアは一旦お返しいたしますが、バックアップ用としてお持ちください。
  • コピーしたデータは、発表終了後消去いたします。
動画を使用される方へ
  • Windows Media Player12(標準コーディック)で動作する形式をご用意ください。
  • 動画の参照ファイルがある場合は全てのデータを同じフォルダに入れてください。
    (動画ファイルはWMV形式を推奨します)
  • 保存したデータはコピーに使用したPCとは別のPCで必ず動作確認を行ってください。
  • バックアップのため、ご自身のPCを必ずお持ちください。
PCを持ち込まれる方へ
  • OSは、Windows(Windows7以降)またはMacintosh(MacOS10以降)の双方に対応します。
  • 試写用モニターにてケーブルの接続を確認してください。
  • 事務局ではD-sub15ピン(ミニ)のケーブルを用意いたします。
  • 一部のPC では変換コネクターが必要な場合がありますので、必ず持参してください。
    ※HDMIやMini Display PortなどD-sub15ピン以外の接続はお受けできません。
  • 各自のPCから外部モニターに正しく出力できることを確認してください。個々のPCやOSにより設定方法が異なりますので、事前にご確認ください。
  • 会場のプロジェクターの解像度はXGA(1024×768)に統一してあります。このサイズより大きいまたは小さい場合、画質の劣化につながりますので、お持ち込みPCの外部出力解像度をXGA(1024×768)に設定してください。
  • スクリーンセーバー、ウイルスチェック、並びに省電力設定(Macintoshの場合はホットコーナーも)はあらかじめ解除しておいてください。解除されておりませんと発表中にスクリーンセーバー等が作動してしまうことがあります。
  • スリープからの復帰時、起動時のパスワードは解除しておいてください。
  • 会場にて電源をご用意しておりますので、PC用電源コードを必ずお持ちください。
  • 発表セッションの15分前までに、各会場前方のPCデスクまでお越しの上、PCをオペレータにお渡しいただき、発表に備えてください。その際、ご自身のPCがプレゼンテーション可能状態であるかどうかご確認ください。
  • 発表後は、会場内PCデスクにて、ご自身のPCをお受け取りください。

eポスター発表について

第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会は従来のパネル貼りの紙ポスターではなく大型モニターを用いたeポスターによる発表を導入いたします。
ご発表データは事前登録が必須です。
事前登録終了後(会期中を含む)は、データの差し替えや修正はできません。
データの登録方法については、第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会のホームページ内「eポスター作成要綱」をご確認ください。

スケジュール

5月29日(月)まで eポスターデータ提出締切り日
6月22日(木) 閲覧  9:00~16:00
発表 16:30~17:55
6月23日(金) 閲覧  9:00~16:00
発表 16:30~17:55
  • eポスター会場に設置した大型モニターは自由に閲覧いただけます。
  • 会期中に限りいつでもeポスターのデータをプログラム・抄録集アプリより閲覧可能です。
  • eポスターを閲覧するためのログインIDおよびパスワードは当日会場内にてご案内いたします。

座長の先生方へ

eポスター座長は、担当セッション開始15分前までにeポスター受付(札幌コンベンションセンター 1F 大ホール入口付近)へお越しください。

発表方法

  • 会期当日にデータの登録をいただく必要はございません。
  • セッション開始予定時刻の10分前までに、eポスター会場の該当モニター(モニター番号1~26)にお越しください。
  • 開始予定時刻となりましたら座長の指示に従って発表を開始してください。
  • モニターでの発表のみとなります。(紙媒体のポスターはございません)
  • ご自身のeポスターデータを表示しながら発表を行っていただきます。
  • 発表画面の拡大・縮小および動画の利用はできません。

データ事前登録期間

  • 下記の期間中に発表データの登録をお願いいたします。
  • 当日の登録はできませんので、期日までの登録をお願いいたします。
  • アプリにeポスターデータを反映させるために、締め切りを厳守してください。
    【データ登録期間】2017年4月21日(金)12:00~5月29日(月)15:00

質疑応答について

  • 質問者は座長の指示に従ってください。
  • 質問を始める前に、所属、名前を述べてください。
  • 時間の都合上、途中で打ち切ることもありますのでご了承ください。

利益相反について

口頭発表およびeポスター発表をされる方は、「日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会における事業活動の利益相反(COI)に関する指針」に基づき、利益相反の申告をお願いします。
筆頭演者は利益相反の有無に関わらず、発表時に開示しなければなりません。
口頭発表スライドの最初に(COIがない場合は「様式2A」、ある場合は「様式2B」)、またポスターの最後に該当するCOIの有無、および有の場合はその状態を開示してください。
「様式1」「様式2A.2B」は以下よりダウンロードいただけます。
http://www.joskas.jp/aboutus/aboutus04.html
利益相反(COI)に関する指針については学会事務局ホームページをご参照ください。

page top