第37回日本肝移植学会

ご挨拶

 来る平成31年7月25日(木)、26日(金)にメルパルク京都におきまして第37回日本肝移植学会を開催させて頂くこととなりました。平成31年はわが国で生体肝移植が始まってから30年、脳死肝移植が始まってから20年が経過する時期であり、肝移植医療も保険診療として一般医療の中に溶け込みつつありますが、多くのマンパワーを必要とする医療である特殊性は変わっておりません。一人の患者さんの命を救うために医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、臨床工学技士、移植コーデイネーター、メデイカルソーシャルワーカーがチーム医療の一員として日夜奮闘しています。そして、チーム医療の推進と安全管理部門・感染症対策部門の支援により、良好な成績を携えて、肝移植医療は安全な医療に変貌しています。この現状を踏まえて、第37回日本肝移植学会のテーマを【SustainableでAttractiveな肝移植医療】にいたしました。みな様の努力で確立したチーム医療としての肝移植を、患者さん・ご家族と同時に医療者にとってもよりよい環境で行われる医療として次世代に繋ぎ、一人でも多くの患者さんの命を救うための議論の場としたいと考えております。

 京都で皆様とお目にかかれることを楽しみにしております。

第37回日本肝移植学会
当番世話人 上本伸二
京都大学 肝胆膵・移植外科 教授

  • 第6回マイクロサージェリー吻合技術習得セミナー
  • 第55回日本移植学会総会
  • 第46回日本臓器保存生物医学会学術集会
  • 運営事務局
    株式会社コンベンションリンケージ内
    〒604-8162 京都府京都市中京区
    烏丸通六角下ル七観音町634
    TEL: 075-231-6357
    FAX: 075-231-6354
    E-mail: jlts2019@c-linkage.co.jp