The 36th Annual Meeting of the Japanese Liver Transplantation Society

運営事務局
コンベンションリンケージ内
〒102-0075
東京都千代田区三番町2
TEL:03-3263-8688
FAX:03-3263-8693
E-mail:jlts2018@c-linkage.co.jp

第36回日本肝移植研究会

司会・座長・演者へのお知らせ

座長の先生方へ

  • ご担当のセッション開始予定の15分前までに講演会場内右手前方の次座長席にご着席ください。
  • 発表時間、討論時間を厳守し、円滑な運営にご協力をお願い致します。

発表される先生方へ

PC受付 2018年5月25日(金) 8:30 ~ 17:10
2018年5月26日(土) 8:30 ~ 15:30
PC受付場所 伊藤国際学術研究センター B2F ホワイエ

口演発表について

  1. 発表時間の30分前までにB2F ホワイエ「PC受付」へお越しください。プレゼンテーションデータの取り込みおよび試写をお願い致します。なお、PC受付では原則としてプレゼンテーションデータの修正・変更はできませんので、予めご了承ください。発表の15分前になりましたら、会場内の次演者席にお着きください。
  2. PC受付にはWindows 版ノートパソコン(PC)をご用意しております。
  3. 使用可能なプレゼンテーションソフトはMicrosoft社のPowerPointのみです。対応可能なバージョンはWindows版PowerPoint2010以降です。
  4. Windowsの発表データは、USBメモリにてご準備ください。USBメモリは必ずウイルスチェックを行ってください。また、USBメモリに保存したデータが、他のPCでも開ける事を事前にご確認ください。なお、コピーされたデータは学会終了後、主催者側で責任を持って消去致します。
  5. Macintoshをご使用の方は、PC本体をご持参いただきますようお願い致します。
  6. ビデオシンポジウムなどで動画データを使用の場合は、PC本体をお持ち込みください。データでお持ち込みの場合は、Windows Media Plyer12の初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください(動画ファイルWMV形式推奨)。動画ファイルは、全て同一フォルダに入れてください。動画の音声出力はできませんのでご了承ください。
  7. 発表の際は、演台に設置しておりますキーボードとマウスを使用し、演者ご自身で操作をお願い致します。
  8. 特殊なフォントを使用されますと文字が化けたり段落が変わったりする場合があります。使用するフォントは下記のMicrosoft社の標準フォントのみとしてください。
    ※和文:MS ゴシック・MS 明朝・MSP ゴシック・MSP 明朝
    ※英文:Arial・Century・Century Gothic・Times New Roman
  9. 持ち込みPC について
    • パソコン専用のAC アダプターを必ずご持参ください。
    • ディスプレイ外部出力はD-sub15ピンです。それ以外の形状のパソコンは必ず専用接続ケーブルをご持参ください。
      ※HDMIやMini Display PortなどD-sub15ピン以外の接続はお受けできません。
  10. スムーズな進行のために、発表者ツールのご使用はご遠慮ください。発表原稿が必要な方は、あらかじめプリントアウトをお持ちください。
  11. 発表時間
    シンポジウム1 発表12分、質疑3分、総合討論25分
    シンポジウム2 発表10分、質疑2分
    シンポジウム3 発表12分、総合討論18分
    ワークショップ1 発表15分(質疑含む)、総合討論30分
    ワークショップ2 発表10分、質疑2分、総合討論24分
    ワークショップ3 発表10分、質疑2分
    パネルディスカッション1 発表10分、質疑2分、総合討論36分
    パネルディスカッション2 発表10分、質疑2分
    要望演題1 発表8 分、質疑2 分
    要望演題2 発表10分、質疑2分
    要望演題3 発表10分、質疑2分
    一般演題 発表7分、質疑3分
    第20回肝移植病理検討会 発表20分(質疑含む)
    • ※発表の15分前には、次演者席にご着席ください。
    • ※発表時間終了1分前は黄ランプ、終了は赤ランプでお知らせ致します。
    • ※時間厳守でお願い致します。

事後抄録について

演題名、所属、演者名および本文400文字以内の抄録データを、発表当日「PC受付」にご提出ください。日本移植学会雑誌「移植」に掲載する予定です。なお、提出のない場合は事前抄録をもって代用致します。