日本医療マネジメント学会 第17回九州・山口連合大会

日程表

12月7日(金) 12月8日(土)

プログラム

基調講演12月7日(金) 9:45~10:15 第1会場(2F 大ホール)

「学会活動のなかから、医療現場の課題を考える」

座長

  • 森  照明(社会医療法人 敬和会 大分岡病院 統括院長)

演者

  • 宮﨑 久義(特定非営利活動法人 日本医療マネジメント学会 理事長)

会長講演12月8日(土) 9:00~9:30 第1会場(2F 大ホール)

「急性創傷から慢性創傷までの創傷処理の基本
― いかに創をきれいに治すか ―」

座長

  • 比嘉 利信(独立行政法人国立病院機構 宮崎東病院 名誉院長)

演者

  • 平野 明喜(日本赤十字社長崎原爆病院 院長)

特別講演112月7日(金) 13:00~13:50 第1会場(2F 大ホール)

「エビデンスに基づいた手術部位感染症予防策」

座長

  • 碇  秀樹(社会医療法人財団 白十字会 佐世保中央病院 院長)

演者

  • 八木 哲也(名古屋大学大学院医学系研究科 臨床感染統御学分野 教授)

特別講演212月7日(金) 16:00~16:50 第1会場(2F 大ホール)

「地域医療構想と地域包括ケア」

座長

  • 河部庸次郎(独立行政法人国立病院機構 嬉野医療センター 院長)

演者

  • 松田 晋哉(産業医科大学 医学部 公衆衛生学教室 教授)

特別講演312月8日(土) 11:00~11:50 第1会場(2F 大ホール)

「最近の医療政策について」

座長

  • 谷口 英樹(日本赤十字社長崎原爆病院 副院長)

演者

  • 都宮 啓(厚生労働省 健康局 局長)

教育講演112月7日(金) 14:30~15:30 第2会場(3F 国際会議場)

「近代医学の誕生 ― 近代医学教育と公衆衛生行政の成立 ―」

座長

  • 朝長万左男(日本赤十字社長崎原爆病院 名誉院長)

演者

  • 相川 忠臣(日本赤十字社長崎原爆病院/長崎大学 名誉教授)

教育講演212月8日(土) 13:00~14:00 第2会場(3F 国際会議場)

「赤十字病院の歴史を語る」

座長

  • 平野 明喜(日本赤十字社長崎原爆病院 院長)

演者

  • 富田 博樹(日本赤十字社 医療事業推進本部 本部長)

教育セミナー1
医療安全「原因分析と再発防止~医療事故調査制度の成果と課題~」12月7日(金) 14:00~16:00 第1会場(2F 大ホール)

座長

  • 宮下 光世(独立行政法人国立病院機構 長崎川棚医療センター 院長)

院内事故調査の考え方

演者

  • 矢野  真(日本赤十字社 医療事業推進本部 総括副本部長)

「医療事故調査制度」 開始3年間の成果、発展のための課題

演者

  • 木村 壯介(日本医療安全調査機構 常務理事)

※教育セミナー1「医療安全」は、事前参加登録制です。
受講者には、医療安全に関わる研修(2時間)履修証明書を発行いたします。

受付 日時:12月7日(金) 13:30~14:00
   場所:第1会場(長崎ブリックホール 2F 大ホール)

教育セミナー2
クリティカルパス「今後取り組むべきクリティカルパスの課題」12月8日(土) 9:30~11:30 第2会場(3F 国際会議場)

座長

  • 野村 一俊(朝日野総合病院 病院長)

クリティカルパスを使いこなしていますか?
― 今改めて考える!院内クリティカルパスの問題と課題 ―

演者

  • 勝尾 信一(福井総合病院 副院長)

シンポジウム1
「ペイシェントハラスメントへの取り組み」 12月7日(金) 10:15~11:45 第1会場(2F 大ホール)

座長

  • 増﨑 英明(長崎大学病院 病院長)

「モンスターペイシェント」と呼ばずに
「ペイシェントハラスメント」と呼ぶべき理由

演者

  • 福﨑 博孝(弁護士法人 ふくざき法律事務所 代表)

ペイハラへの取り組み ― 医療安全管理者の立場から ―

演者

  • 栗原慎太郎(長崎大学病院 安全管理部 副部長)

大分県における医療コンフリクトマネジメント活動

演者

  • 高宮 典子(社会医療法人 敬和会 大分岡病院 購買物流課 課長)

繰り返される苦情相談~患者相談支援室の対応~

演者

  • 高木 幸枝(九州大学病院 社会福祉士)

シンポジウム2
「医療・福祉の連携 ― いつまでも暮らせる地域を目指して ―」12月8日(土) 9:30~11:00 第1会場(2F 大ホール)

座長

  • 中村 起也(広南病院 神経内科 医療福祉連携士〈4期生〉)
  • 上戸 穂高(医療法人緑風会長崎みどり病院 院長/長崎県医師会 常任理事)

長崎市に於ける在宅医療ネットワークと医療・介護・福祉の連携
~長崎在宅Dr. ネット~

演者

  • 藤井  卓(藤井外科医院 院長/認定NPO 法人長崎在宅Dr. ネット 理事長)

医療・福祉の連携 ― いつまでも暮らせる地域を目指して

演者

  • 井手麻利子(福岡赤十字訪問看護ステーション 管理者(兼)看護副部長)

“私たち”づくりとしての地域における医療・福祉連携
― ささえりあ帯山の実践を通して ―

演者

  • 那須 久史
    (熊本市中央6地域包括支援センター (熊本市高齢者支援センターささえりあ帯山)
    センター長)

気負わない地域まるごとケアの処方箋

演者

  • 永杉 憲弘
    (一般社団法人玉名郡市医師会 連携事業部 係長 (社会福祉士・医療福祉連携士) )

「医療福祉連携講習会」について

演者

  • 大久保一郎(横浜市健康福祉局衛生研究所 所長/筑波大学 名誉教授)

シンポジウム3
「全世代型地域包括ケアを推進するための在宅看護の未来を考える」12月8日(土) 13:00~14:30 第1会場(2F 大ホール)

座長

  • 貞方三枝子(長崎大学病院 看護部長/広報戦略室室長〈副病院長〉)
  • 下屋敷元子(公益社団法人 長崎県看護協会 在宅支援事業部 部長)

地域包括ケアの要となる在宅看護

演者

  • 齋藤 訓子(公益社団法人 日本看護協会 副会長)

地域中核病院における在宅療養の推進活動

演者

  • 大林由美子(山口赤十字病院 看護部長)

地域を支える訪問看護の取り組み

演者

  • 横道 郁代(鹿児島医療生活協同組合 生協訪問看護ステーション・たにやま 所長)

看護基礎教育の現場から感じる訪問看護師増の課題と提案

演者

  • 久佐賀眞理(長崎県立大学看護栄養学部看護学科地域看護領域 教授)

パネルディスカッション「今、カルテを考える」12月7日(金) 13:00~14:30 第2会場(3F 国際会議場)

座長

  • 八坂 貴宏(長崎県上五島病院 院長)

電子カルテの進歩と診療録の変化

演者

  • 松本 武浩(長崎大学医歯薬学総合研究科 医療情報学 准教授)

あじさいネットでの診療所電子カルテの共有

演者

  • 白髭  豊(白髭内科医院 院長/認定NPO 法人 長崎在宅Dr. ネット 事務局長)

医療の質向上と医療介護連携に貢献する診療記録のあり方

演者

  • 廣瀬 弥幸(医療法人陽蘭会 広瀬クリニック 院長・地域連携室長)

地域医療情報ネットワークシステムとオンライン診療システムを用いた遠隔診療

演者

  • 吉嶺 裕之(社会医療法人春回会井上病院 副院長)

あじさいネットを活用した転院調整 ~ 試行でみえてきた利点と課題 ~

演者

  • 本村 美奈
    (長崎大学病院 総合患者支援部 地域医療連携センター 医療ソーシャルワーカー)

市民公開講座「頭も体も健やかに生きる」12月8日(土) 15:00~16:30 第1会場(2F 大ホール)

座長

  • 木下 郁夫(日本赤十字社長崎原爆病院 副院長)

1 部「認知症になってもよりよい暮らしを過ごすために」

演者

  • 佐藤 克也
    (長崎大学医歯薬学総合研究科 医療科学専攻保健科学分野
    地域リハビリテーション学 (神経内科学専攻) 教授)

座長

  • 谷口 英樹(日本赤十字社長崎原爆病院 副院長)

2部「ロコモティブシンドロームを防いで健康寿命を延ばそう」

演者

  • 佐藤 公治(名古屋第二赤十字病院 院長(整形外科・脊椎脊髄外科))

ランチョンセミナー112月7日(金) 12:00~12:50 第2会場(3F 国際会議場)

「バイオ医薬品の製造技術について」

座長

  • 佐々木 均(長崎大学病院 薬剤部長/教授)

演者

  • 小平 邦彦(中外製薬株式会社 製薬研究部バイオ2G グループマネジャー)

共催:中外製薬株式会社

ランチョンセミナー212月7日(金) 12:00~12:50 第3会場(2F リハーサル室)

「飯塚病院 がんチーム医療への取り組み
~ Immuno Oncology support team:IMOST を中心に~」

座長

  • 福田 正明(長崎原爆病院 呼吸器内科 部長)

演者

  • 海老 規之(飯塚病院 呼吸器腫瘍内科 部長)
  • 三好 康介(飯塚病院 薬剤部)

共催:日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

ランチョンセミナー312月7日(金) 12:00~12:50 第4会場(3F ラウンジ)

「がん治療に必要とされるチーム医療を目指した取り組み
~第3 期がん対策推進基本計画で求められていること~」

座長

  • 谷口 英樹(日本赤十字社長崎原爆病院 副院長 兼 胸部・乳腺・内分泌外科部長)

演者

  • 鹿田 康紀(済生会福岡総合病院 がん治療センター 副センター長 兼 外科部長)

共催:大鵬薬品工業株式会社

ランチョンセミナー412月7日(金) 12:00~12:50 第5会場(3F 会議室1~3)

「長崎大学病院泌尿器科における在宅診療への取り組みについて
 ― その成果と課題 ― 」

座長

  • 鶴﨑 俊文(日本赤十字社長崎原爆病院 泌尿器科 部長)

演者

  • 宮田 康好(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 泌尿器科学 准教授)

共催:武田薬品工業株式会社

ランチョンセミナー512月8日(土) 12:00~12:50 第2会場(3F 国際会議場)

「医療安全に関するトピックス
~高信頼性組織? safety Ⅱ? Diagnostic Error ?
・・・いまだから知っておきたいこと~」

座長

  • 津田  敦(日本赤十字社長崎原爆病院 麻酔科部長)

演者

  • 鮎澤 純子
    (九州大学大学院医学研究院 医療経営・管理学講座 准教授
    九州大学病院 病院長補佐)

共催:ニプロ株式会社

ランチョンセミナー612月8日(土) 12:00~12:50 第3会場(2F リハーサル室)

「DOAC は静脈血栓症治療をどう変えたか?」

座長

  • 芦澤 直人(日本赤十字社長崎原爆病院 循環器内科 部長)

演者

  • 池田 聡司(長崎大学病院 循環器内科 病院准教授)

共催:第一三共株式会社

ランチョンセミナー712月8日(土) 12:00~12:50 第4会場(3F ラウンジ)

「チーム医療による免疫関連有害事象マネジメント」

座長

  • 芦澤 和人(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床腫瘍学分野 教授)

演者

  • 渡邊 裕之(九州大学病院 薬剤部 副薬剤部長)

共催:MSD株式会社