• フォトギャラリー
  • 日本肝胆膵外科学会クレジットについて
  • 日本肝胆膵外科学会
  • パープルリボン2014in和歌山
運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-19-3
PIAS TOWER 11F
TEL:06-6377-2188
FAX:06-6377-2075
E-mail: jhbps26@c-linkage.co.jp

発表に関するご案内

1.講演発表

1) 発表形式について

  • すべての講演発表(ビデオでの発表含む)はPCプレゼンテーションのみとなります。スライドおよびVHS / S-VHS ビデオテープ用ビデオデッキは使用できませんのでご注意ください。
  • 講演発表用のスライドは、全て英語表記にてご用意ください。
  • PCプレゼンテーションでは、PC本体持込、メディア(USBフラッシュメモリー、CD-R)持込による発表が可能です。
    トラブル回避のため、必ずバックアップメディアをご用意ください。なおMO、FD、ZIP、DVD など他のメディアでは受付できません。
    CD-R書き込みはISO9660フォーマットをご持参ください。パケットライトなど特殊な機能は読めない原因になることがありますのでご注意ください。
  • 発表データのファイル名は「発表日_演題番号_氏名(漢字)」としてください。
    例)0612_シンポジウム1-1_和歌山太郎
  • 発表は演台上のマウスを使用し、演者ご自身で操作していただきます。
【ビデオ発表での注意点】
本学術集会でのビデオ発表については、PCの動画(音声出力可能)を用いての発表に限定させていただきます。会場内ではビデオテープおよびDVDの再生機材は用意しておりませんのでご注意ください。なお、PCの動画を用いてのご発表に関しては、「3)PC本体持込の注意点」および「4)メディア持込の注意点」をご参照ください。

2) PCデータ受付について

  • 下記の通り、PCデータ受付を行ないます。
    日程 受付時間 受付場所
    6月11日(水) 11:00~18:00 和歌山県民文化会館 2階 ホワイエ
    アバローム紀の国 1階 エントランスホール
    6月12日(木) 7:30~16:30
    6月13日(金) 7:30~14:00
  • PCデータ受付にて、ご発表セッション開始30分前までに動作確認を行なってください。
  • 発表データはPCまたはメディア(USBフラッシュメモリー、CD-R)にてお持ちください。MacintoshはPC本体をお持ち込みください。また、Macintoshをお持込みの場合は、MiniDsub15ピン用ディスプレイアダプタをご持参ください。メディアをお持ち込みの場合、オペレーターがデータを受け取り、サーバーへコピーいたします。データは会期終了後、主催者側で責任を持って消去いたします。
  • 朝早いセッションのご発表データは、できるだけ前日までに受付をお済ませください。
  • ご発表データに動画ファイルを添付されている場合は、PC本体持込を推奨いたします。
  • 使用するアプリケーションはPowerPointのみとさせていただきます。

3) PC 本体持込の注意点

  • 当日発表されるデータ(完成版)は、デスクトップ画面上に保存してください。使用するアプリケーションはPowerPointのみとさせていただきます。
  • あらかじめPC本体のパスワード、スクリーンセイバー、省電力設定の解除をしておいてください。
  • PC本体持込の場合にもメディアでのバックアップ用データをご用意ください。
  • PCデータ受付での試写後、発表会場左手前方のPCオペレーター席までPC本体をご持参ください。
  • 発表終了後、PCの引き取りは、同PCオペレーター席にてお願いします。

4) メディア持込の注意点

  • 当日設置される機材のOSは、Windows 7および8です。MacintoshはPC本体持込のみとなりますのでご注意ください。
  • アプリケーションソフトはWindows PowerPoint2003以降に限定させていただきます。持ち込まれるメディアには当日発表されるデータ(完全版)以外のデータを入れないようにしてください。
  • フォントは文字化けを防ぐため下記のフォントに限定して使用してください。
    MSゴシック、MSPゴシック、MS明朝、MSP明朝
    Arial、Arial Black、Arial Narrow、Century、Century Gothic、Times New Roman
  • 動画データは、Windows Media Player11の初期状態に含まれるコーデックで再生可能のものに限定させていただきます。
  • 事前に発表データを作成されたPC 以外の機体で動作確認をおこなってください。

5) 発表について

  • 発表時間を厳守してください。
  • 各セッションにより進行が異なりますので、司会・座長の指示に従ってください。
  • 発表用液晶プロジェクターの解像度は1024×768(XGA)まで対応可能です。
【利益相反について】
発表演題が臨床研究である場合、筆頭演者自身並びに配偶者、同居する1親等の過去1年間における、発表内容に関連する企業や営利を目的とする団体に関わる利益相反状態の申告が必要となります。発表いただく際は、下記のスライドを発表データの最後につけてください。
  • <申告すべき利益相反状態がない場合>
  • <申告すべき利益相反状態がある場合>

6) 発表・討論時間について

セッション名 英語
セッション
略号 発表
時間
質疑
応答
総合
討論
特別
発言
理事長講演 英語 PA 20 - - -
会長講演 英語 MPA 40 - - -
プレナリー 英語
※質疑のみ
日本語
PS 8 5 - -
IHPBA/APHPBA 合同シンポジウム
’Surgical management of colorectal liver metastases’
英語 IAS 20 5 25 -
日韓共同プロジェクト会議 英語 PJ 10 5 - -
特別企画『高度技能専門医の今』   SP - - 20 5
教育セミナー1
(日韓台内視鏡外科シンポジウム)
英語 ES1 15 5 - -
教育セミナー2
『エビデンスに基づいた肝移植の術後管理』
※一部 ES2 - - - -
教育セミナー3
『重症膵炎に対するminimum invasive surgery』
  ES3 20 - 40 -
教育セミナー4
『エビデンスに基づいた肝・胆・膵悪性腫瘍の手術療法』
  ES4 20 10 - -
教育セミナー5(特別講演) 英語 ES5 30 - - -
教育セミナー6
『エビデンスに基づいた肝・胆・膵悪性腫瘍の化学療法』
  ES6 - - - -
教育セミナー7
『肝・胆・膵悪性腫瘍の新規治療法の開発』
※一部 ES7 25 5 - -
教育セミナー8
『定型的肝切除術』
  ES8 25 5 - -
教育セミナー9
『肝門部胆管癌の手術』
  ES9 25 - - -
教育セミナー10
『膵疾患における定型的膵切除術』
※一部 ES10 20 - - -
国際ディベート1
『この症例をどうするか(肝)』
英語 ID1 - - 30 -
国際ディベート2
『この症例をどうするか(胆)』
英語 ID2 - - 30 -
国際ディベート3
『この症例をどうするか(膵)』
英語 ID3 - - 30 -
シンポジウム1(胆)
『進行胆道癌に対する集学的治療』
英語 SY1 15/10 5 - 10
シンポジウム2(膵)
『臨床試験の結果に基づく膵癌に対する治療成績向上への取り組み』
英語 SY2 15/10 5 15 10
シンポジウム3(肝)
『門脈腫瘍栓(VP3,4)に対する予後改善への取り組み』
英語 SY3 15/10 5/3 - 10
ビデオシンポジウム1(肝)
『術前シミュレーションの術中へのフィードバック』
  VS1 6 3 - -
ビデオシンポジウム2(胆)
『血管合併切除を伴う胆道癌手術の工夫』
  VS2 10 - 30 -
ビデオシンポジウム3(膵)
『局所進行膵癌における血管合併切除術の工夫と成績』
  VS3 6 2 - -
ビデオシンポジウム4(肝)
『生体肝移植ドナー肝切除手術における工夫』
  VS4 7 2 15 -
ビデオシンポジウム5(胆)
『絶対に漏れない胆道再建のコツ』
  VS5 6 3 - -
ビデオシンポジウム6(膵)
『術後合併症を減らすための膵切除の工夫』
  VS6 7 3 - -
日本肝胆膵外科学会プロジェクト研究報告 英語 PR 8 4 - -
パネルディスカッション1(肝)
『転移性肝癌の治療方針』
  PD1 7 - 30 10
パネルディスカッション2(胆)
『T2胆嚢癌の治療方針』
  PD2 - - - 10
パネルディスカッション3(膵)
『浸潤性膵管癌の術前治療』
※一部 PD3 7 3 - 10
ワークショップ1
『IPMNの治療成績』
  WS1 8 1 - 10
ワークショップ2
『P-NETの治療戦略』
  WS2 8 4 - 10
ワークショップ3
『肝・膵同時切除術の現況』
  WS3 7 4 - 10
要望セッション(口演)   ORS 5 5 - -
要望セッション(ポスター)   PRS 5 5 - -
ポスターセッション ※一部 P 5 5 - -

7) 次演者席

  • 各会場内左手前方(PCオペレーター席付近)の次演者席に、発表セッション開始15分前までにご着席ください。
  • ご自身の発表終了後も、できるだけセッション終了まで会場内にて待機ください。

2.ポスター発表

1) ポスター貼付・撤去について

  • ポスター受付は設置いたしません。
  • ポスター貼付用ピンと演者リボンは各ポスターパネルに設置しております。
  • ポスター貼付・撤去については、所定の時間内に行っていただきますようお願いいたします。
    撤去時間を過ぎても掲示してあるポスターは事務局にて処分いたします。
演題番号 日程 貼付 発表 撤去
P1~P53 6月11日(水) 11:30~13:00 15:40~16:50 16:50~17:50
P54~P70
PRS1~PRS47
6月12日(木) 8:00~9:30 15:10~16:10 16:10~17:10
P71~P136 6月13日(金) 8:00~9 :30 10:10~11:00 11:00~11:30
P137~P202 12:10~13:10 13:20~14:10 14:10~15:10

2) 発表形式・時間

  • 発表と討論は、座長の指示のもとご自身のポスターの前で行ってください。
  • セッション開始時刻をご確認のうえ、15分前までにはご自身のパネル前にお越しください。
  • 演者リボンは発表時、目につきやすい場所につけてください。
  • 発表時間5分・討論時間5分で進行ください。

3) ポスター作成要領

  • 演題番号は運営事務局にて用意いたします。
  • 右図のパネルの規格に従って、演題タイトル、所属名、発表内容のポスターをご用意ください。
  • ポスターは、全て英語表記にてご用意ください。