第17回日本言語聴覚学会

  • 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会
  • 株式会社 文光堂
  • 株式会社 日本文化科学社

第17回日本言語聴覚学会 事務局

京都光華女子大学 医療福祉学科
言語聴覚専攻内
〒615-0882
京都市右京区西京極葛野町38

第17回日本言語聴覚学会 運営事務局

第17回日本言語聴覚学会 運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ内
〒604-8162
京都市中京区烏丸通六角下る七観音町634
TEL:075-231-6357
FAX:075-231-6354
E-mail:jaslht2016@c-linkage.co.jp

宿泊・交通案内

宿泊案内

第17回日本言語聴覚学会、宿泊のご予約は下記のボタンからお申し込みください。

第17回日本言語聴覚学会 宿泊案内ページ

交通案内

会場

ロームシアター京都
〒606-8342
京都市左京区岡崎最勝寺町13
http://rohmtheatrekyoto.jp/access/
京都市勧業館みやこめっせ
〒606-8343
京都市左京区岡崎成勝寺町 9-1
http://www.miyakomesse.jp/access/

京都市内主要駅からのアクセス

地図

地下鉄 東西線「東山駅」より徒歩約8分
京都駅 市バス5、100系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
市バス206系統 東山通り・北大路バスターミナル行き「東山二条・岡崎公園口」下車
四条河原町 市バス5系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
市バス32、46系統「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車
市バス31、201、203系統「東山二条・岡崎公園口」下車
三条京阪 市バス5系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車

市バスの行先・時刻表を見る(京都市交通局)

観光案内

観光のご案内

京都・岡崎エリア

会場がある地域は「岡崎エリア」と呼ばれ、寺社仏閣に加え、美術館や図書館、動物園等がある文化交流ゾーンです。散策スポットの一部をご紹介。

■ 平安神宮
平安神宮は平安遷都1100年を記念して、明治28年に遷都のおや神様である第50代桓武天皇をご祭神として創建されました。「日本文化の祖神」として多くの参拝客が訪れます。
また、7代目小川治兵衛らの手による総面積33,000m2 (約10,000坪) の広大な池泉回遊式庭園「平安神宮神苑」も見どころです。
■ 京都市美術館
昭和8年11月、東京都美術館に次ぐ日本で二番目の大規模公立美術館として設立されました。収蔵品の中からテーマを設けて展示する「常設展」や近・現在美術を展示する「特別展」に加え、全国規模の総合公募展「京展」や「日展」、そして外部諸機関との「共催展」等、毎回違った切り口で行われる展示は、コアなファン多し。

■ 細見美術館
財団法人細見美術財団の約1000点に及ぶ日本美術コレクションを中心に、多彩な企画展を開催。収蔵作品は縄文・弥生時代の美術から江戸時代の諸流派の絵画まで、ほぼ全ての時代にまたがる絵画・彫刻・工芸・書の作品を網羅しています。特に江戸時代の絵画は国内外屈指です。

■ 無鄰庵 (むりんあん)
無鄰菴は、明治27年から明治29年にかけて明治・大正の元老である山県有朋が京都に造営した別荘です。
敷地の大半を占める池泉廻遊式庭園は小川治兵衛の手によるもの。洋館の2階では、明治36年4月21日、元老・山県有朋、政友会総裁・伊藤博文、総理大臣・桂太郎、外務大臣・小村寿太郎の4人によって、日露開戦直前のわが国外交方針を決める「無鄰菴会議」が開かれました。
■ 琵琶湖疎水
京都にとって琵琶湖の水を引くことは昔からの夢でした。第1疎水の着工は明治18年。第1トンネルは長さが2,436メートルもあり,完成を危ぶむ人が多く難工事でした。日本で初めて竪坑利用による工法を採用し、れんが、材木も直営で生産し、ほとんど人力だけで工事を進め、5年後の明治23年に完成。
琵琶湖疎水は、①水力発電による電気事業 ②大津-伏見-大阪を結ぶ運河事業 ③防火や精米・紡績等に利用された水力事業の3つの役割が果たされ、人々の生活に欠かせないものとなりました。

その他、岡崎観光スポットはこちらから

京都 岡崎コンシェルジュ

新幹線から見られる世界遺産 ~東寺~
京都には17の寺院・神社・城が世界遺産として登録されています。そのうち、唯一新幹線から見られる世界遺産が「東寺 (とうじ) 」です。
東寺は平安遷都ともに建立された国立の寺院。唐で新しい仏教、密教を学んで帰国した弘法大師空海の手になる国宝の文化財が全国で最も多く残されています。木造建築では日本一の高さを誇る五重塔をはじめ講堂内の21体もの仏像や、ここでしか見られない立体曼陀羅は圧巻の一言です。

京都世界遺産一覧はこちらから

京都の世界遺産

京都観光オフィシャルサイト

京都観光Navi

page top